寄稿文

椹木野衣 特別連載<br>第3回「内省という体験を導き出す光」

椹木野衣 特別連載
第3回「内省という体験を導き出す光」


これまでの2回の連載を通じて、私はアートと呼ばれるものにとってもっとも意義ある体...

続きを読む
クリスチャン・ボルタンスキー氏追悼メッセージ:<br>三木あき子

クリスチャン・ボルタンスキー氏追悼メッセージ:
三木あき子


クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」(写真:久家靖秀) クリスチャ...

続きを読む
クリスチャン・ボルタンスキー氏追悼メッセージ:<br>北川フラム

クリスチャン・ボルタンスキー氏追悼メッセージ:
北川フラム


クリスチャン・ボルタンスキー「ささやきの森」(撮影:市川靖史) 7月14日の夜半...

続きを読む
クリスチャン・ボルタンスキー氏追悼メッセージ:<br>福武 總一郎

クリスチャン・ボルタンスキー氏追悼メッセージ:
福武 總一郎


クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」(写真:久家靖秀) クリスチャ...

続きを読む
椹木野衣 特別連載<br>第2回「自然によって濾過されたアートの体験」

椹木野衣 特別連載
第2回「自然によって濾過されたアートの体験」


前回は、ベネッセアートサイト直島がそう名付けられる以前から備えていた性質のうちの...

続きを読む
寄稿「直島で『自分だけの答え』をつくるアート鑑賞体験をしてみませんか」末永幸歩

寄稿「直島で『自分だけの答え』をつくるアート鑑賞体験をしてみませんか」末永幸歩


「アートについてこんなに語れる自分に驚いた」。美術館でのアート鑑賞ツアー中に、参...

続きを読む
椹木野衣 特別連載<br>第1回「美術作品が主役でない初めてのミュージアム」

椹木野衣 特別連載
第1回「美術作品が主役でない初めてのミュージアム」


私が直島へ最初に足を運んだのは、1992年に「ベネッセハウス/直島コンテンポラリ...

続きを読む
寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄


直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と…

続きを読む
寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人


「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため…

続きを読む
寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介


じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほ…

続きを読む
寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人


人やモノとの出あいには、2種類ある。新鮮な出あいと、懐かしい出あいだ。 今という時代を鮮やかに…

続きを読む
寄稿「安藤建築で杉本作品を堪能する、<br>世界で唯一の宿泊体験。」石田 潤

寄稿「安藤建築で杉本作品を堪能する、
世界で唯一の宿泊体験。」石田 潤


自然光が差し込む朝と深淵な闇に包まれる夜では、空間そして作品ともに全く異なる顔を見せ、特にしん…

続きを読む
寄稿「『来し方行く末』を考える」青野尚子

寄稿「『来し方行く末』を考える」青野尚子


アートというと「コンセプトは」とか、「美術史の中での位置づけは」といったことを考えてしまうけれ…

続きを読む
寄稿「消費されない島」中村剛士

寄稿「消費されない島」中村剛士


直島が物語を生むアートの島となったのは1990年代からのことです。それまでは銅製錬所主体の島で…

続きを読む

カテゴリ検索