アートと暮らす島々へ。

ある日、島の桟橋に
大きなかぼちゃがあらわれた。

どこにもあるような桟橋が、
どこにもない風景に生まれ変わった。

遠い街から、遠い国から
たくさんの人々が訪れるようになり、
島の風景も大きく変わり・・・

ここは、世界にも類のない
アートと島の物語が生まれる場所。
あなた自身の目で、心で、
物語のつづきをご覧ください。

島での過ごしかた

アートを巡る

浜辺や桟橋、小高い丘から、町の中心まで。
島のさまざまな場所にアートや美術館が点在し、
ここでしか得られない特別な体験を提供しています。

島時間をたのしむ

朝の光とともに目覚め、心ゆくまでアートや自然、
島民や自分と対話し、眠りにつく。美術館だけじゃない、
島の魅力を体感いただくための宿泊施設をご紹介します。

島々の最新レポート

小沢剛 後編「負の歴史を新たな議論へ、負の環境をポジティブなフィールドへ」

小沢剛 前編「アートは現代社会を生きることにどう関われるのか?」

椹木野衣 特別連載
「瀬戸内国際芸術祭2022が『開く』意味」

子どもたちが住み続けたい、働きたいと思える島へ

寄稿「瀬戸内国際芸術祭を伝える~こえび隊がつなぐ、島と来島者~」甘利彩子

一覧へ