直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想をご紹介します。

直島銭湯「I♥湯」は、アーティスト・大竹伸朗が手がけた、実際に入浴できる美術施設です。直島の玄関口、宮浦港近くで銭湯としても一般の方々にご利用いただいています。直島島民の活力源として、また国内外から訪れる来島者と島民の交流の場として愛される美術施設を目指し、島の方々によって運営されています。

blog20210125_01.jpg
大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」2009 (写真:渡邉修)

実際に入浴することができる直島銭湯「I♥湯」。来島者の方はもちろん、島民の方々も利用されています。今回は、入浴されたみなさんにタブレットで記入いただいているアンケートから、直島銭湯「I♥湯」の感想の一部をご紹介します。

blog20210125_02.jpg

ありえん感じ、幻想的
(国内60代)
個性的、楽しい、8回目です!
(国内20代)
うちの近くにもこんな銭湯あったらな
(国内50代)
一番風呂いただきました
女将さんがとってもチャーミングで、内装も素晴らしかったです!なぜ都内にはないのでしょう、、
(国内20代)
本当に素晴らしかったです。直島といったらこれ!とみんなに伝えます!
(国内20代)

blog20210125_03.jpg

こんなに可愛い銭湯は、初めてでした。
また来たいです。
(国内30代)
銭湯がコンセプトの美術館だと思って入ったら本当の銭湯でもあったので思わず冷や汗をかきましたが、いいお湯で洗い流してサッパリしました。
I♡湯
(国内40代)
旅の疲れを取りながらartも楽しめて最高でした!
高松からの船で隣に座ったおばあちゃんが入ってきてビックリ笑
いい思い出になりました。
(国内40代)

blog20210125_05.jpg

フェリーまでの待ち時間、思いがけず楽しい時間と空間でした。
(国内50代)
時間がなかったので、もったいなかった。。直島で一番面白かった
(国内30代)
念願の初直島!そしてl♡湯!最高の気分でお風呂を満喫しました!
(国内40代)
私の町では銭湯がどんどん減っていっていますが、町の社交場として銭湯は絶対に必要です。
(国内50代)

blog20210125_10.jpg

色々な作品があって最高でした。その中でも一番好きなのは、壁にあったタコの絵です。巨大なタコと、原始人みたいな人がいるところは、まるで戦いあってるみたいで、すごく面白かったです。
(国内10代)
この時期あまり湯舟に入らないお風呂生活だったんですが、ここに入ってやっぱり日本人は湯舟に浸かってこそよなって思いました
(国内20代)
入ったら出たくない素敵な銭湯です!
(国内30代)
全身をアートで感じてとても癒された❤
(国内20代)

blog20210125_06.jpg

昔ながらの銭湯という面影を残しながらも、なんだか新しい空間に迷い込んだという雰囲気でとても新鮮でした!
(国内20代)
全国の銭湯を趣味で回っていますが、他にはない素晴らしい銭湯でした。
(国内20代)
アンビエントの流れる湯
天井を観ながら湯舟に浸かると音とのシナジーがリラックスに繋がります。
隠れハートがあるのが良い!
番台さんの愛想も抜群。
(国内40代)

blog20210125_07.jpg

島内を歩き回った汗を流せてスッキリした!
タイルなど見とれて長湯しそうでした
(国内50代)
気分が落ち込んでいる時に入浴しても、ここの銭湯に入れば元気が出ます!
(国内40代)
ユニークな内装とBGMが印象的です。
直島ならでは銭湯だと思いました
(国内50代)
謎な気持ちになれました
非現実感は癒しになるんですね
(国内50代)
全裸でアートを観たのは初めてでした
文字通り、アートを肌で感じましたー!
(国内30代)

blog20210125_08.jpg

アートと生活がちゃんと両立しているのが素晴らしい。
ゆるめのお湯で天井を見ると天国のようでした。
自宅の銭湯跡が、改築されてアートスペースになる計画があるのですが、銭湯としては死んだままです。
このような素晴らしい作品はいつまでも続けて欲しいです。
(国内40代)
驚いた
天窓で室内が明るく居心地が良かったです
東京から来た甲斐がありました
また来ます
(国内50代)
楽しくて幸せな場所。
本当にリラックスして、一日の終わりを迎えられる事ができる。
(海外20代)

blog20210125_09.jpg

直島銭湯「I♥湯」では、現在、新型コロナウイルスによる感染症への対策を行い、元気に開館しております。
皆様のご来館をお待ちしております。

ブログ記事ー一覧

ベネッセハウス お客様の声(2020年12月~2021年1月)

2021.02.25

ベネッセハウス お客様の声(2020年12月~2021年1月)

世界が大きな危機に直面した2020年。直島はいつもより静かな年末年始を迎えました。「benesse=よく生きる」という意味を誰もが考え直す機会となった2020年年末年始のお客様の声をご紹介いたします。記事を読む

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想をご紹介します。

2021.01.25

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想をご紹介します。

実際に入浴することができる直島銭湯「I♥湯」。来島者の方はもちろん、島民の方々も利用されています。今回は、入浴されたみなさんにタブレットで記入いただいているアンケートから、直島銭湯「I♥湯」の感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む