ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。焼杉の古い家屋が並ぶ本村の町並では窓辺に吊るされた干し柿が、かわいらしく風に揺れています。アート散策とともに島の冬の生活、人々の営みを感じた後は、ベネッセハウスでゆっくりとくつろいで、透き通った瀬戸内の海を眺めながら、レストランでフレンチを味わう。そんな過ごし方をお気に召していただけているのか、ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。

blog20201224_001.jpg
「1日目の夕食の時に、建築の美しさ、芸術の深さ、自然の偉大さに満たされながら食事を味わい、お酒を頂き、ウェイターの方に親切にして頂き心身も魂も完全に満たされたと思ったとき、世界中の人がこうならいいのにと強く思ったのでした。こんな天の国のような経験がいつも誰にでも与えられれば良いのにと一瞬にして思ったのでした。涙が出ました。平和は叶わないのでしょうか。一人一人私がよく生きることで、コツコツと平和に向かいたいです。」
(年代不明・女性)
「人生初めての一人旅でした。どこに行こうか悩んでいたのですが、ずっと泊まってみたいと思っていたベネッセハウスに行くことにしました。予約の際、なかなか予定が決まらず、予約・キャンセルを何度も繰り返してしまい申し訳ありませんでした。一人旅は不安でしたが本当に来てよかったです! 大げさではなくここに泊まるのが夢でしたので、部屋に入って係の人が出られて一人になった瞬間、ちょっと泣きました。それくらい感動でした。建物の素晴らしさはもちろん、スタッフの方々一人一人がとても素晴らしかったです。お料理も本当に美味しかったです。素晴らしい思い出をありがとうございました。また来たいと思います。」
(40代・女性)
「スタッフの皆様の親身なご対応に感激致しております。私が家プロジェクト等のチケットのありかを失念し、バスがやってくる時間の迫る中、あせる私に最後までお付き合い頂いた女性スタッフのSさん、ありがとうございました。今回の旅で一番大切なものを気づかせてくれました。一生忘れません。人との関係。アートはきっかけなだけで、出会った人との交流が一番素晴らしい出来事でした。『よく生きる』とは、みずから行動しないと出来ないことで、自分が飛び込まないと得られない、与えられるものではないと気づきました。」
(50代・男性)
blog20201224_002.jpg
「若い男性スタッフが夕食の時にワインについて丁寧に説明してくださりワイン好きの夫はとても喜んでおりました。ワインはとても美味しかったそうです。私は病を持った高齢者で時に本当に生き続けることが嫌になります。この度、美しい自然、美味しい食事、楽しい作品、何よりも親切に対応してくださる職員の方のおかげで、心からリフレッシュ出来ました。感謝しております。」
(60代・女性)
「今回の旅で、アートと島の人々の暮らし(一面的ではありますが)、触れることが出来たこと、そしてそれが醸し出す何とも言えない雰囲気に身も心も浸すことが出来た幸せ。最高の時間でした。スタッフの皆さん、それぞれが気持ちよく接してくださいました。ありがとう。是非再訪したいと思います!! 日常の生活の中での糧となるもの(ヒント)を見つけられたような非日常の時間でした。これからはこれを活かした日常の中でもそれらを見つけていければと思います。」
(60代・男性)
blog20201224_003.jpg
「抜けるような青空を見て、また自然と調和したそれ自身が美術品のような建物を目にして、美しいもの、景色を美しいと感じられること自体が「生きている」実感に繋がり、豊かな時間になった。先月祖母が亡くなり、生きること・死ぬことに特に実感を強くしていたが、今回の旅で「豊かな時間をしっかり過ごすこと」が人生において重要であると感じた。またホテルスタッフの非常に良い表情にも心動かされた。宿泊者に丁寧に頭を下げるバスのお迎え・お見送りのスタッフ。どの方も心のこもった「お辞儀」だった。日ごろの自分たちにとっても真似したくなる美しさだった。「よく生きる」ことを体現していると感じた。」
(30代・男性)
「初めて瀬戸内の島々に来ましたが、海と島(山)と自然がとてもよかったです。スタッフの皆様にはいろいろお世話になりました。このコロナ禍の中、開けて頂いて感謝しております。各所で季節ごとの違いについて説明を受けました。また時期を変えて訪れたいと思います。年齢を重ね流されるように過ごす毎日が続いている状態。アート作品も分かりやすい絵画等ばかり見ていて、特に現代アートは判りにくいと食わず嫌いなところがあった。今回ここに来てみて、実際に作品や建物などに触れることでここはこういうところがポイントだったのだとかの見方を変えることが出来た。少し好奇心を取り戻せたような気がします。」
(50代・男性)
「景観に圧倒されました。どの景色を切り取っても絵になり、ほっとしたりぞうっとしたり。人生大切にしたくなりました。フロントの石崎さん、豊島に行きたい私の時間や行動を踏まえて出発時間のアドバイスをして頂いたり、ご自分のお気に入りのお店を教えて頂いたり、とにかく笑顔素敵です。ありがとうございました。人生初めての一人旅、緊張もほぐれ最高なものになりました。レストランの関亦さん。一人フレンチとっても緊張しましたが、とっても気さくで聞いたことには答え以上にいろいろ情報をくださり素敵な時間をありがとうございました。レストランのKさん、穏やかな物腰なのに凛としてらして...。私なりのなりたい女性の雰囲気を見つけられました。ありがとうございます。また来ます。ごめんなさい、言葉に上手くできませんが、ただ40年生きてきて感じたことのない感覚を沢山もらえたことに感動しています。」
(40代・女性)
「私事ですが、会社内異動で心がしんどくなってしまい休職中に訪れました。しばらく家で何もできませんでしたが、何度も訪れた直島に行こう、行って直島に包み込んでもらおうと思って急に決めた旅でしたが、静かで気候もよくて大好きなアートに癒されました。今回Go Toもあり普段は泊まれなかったベネッセハウスに宿泊出来て本当に良かったです。よく生きるとは、自分であること、自分を損なわず自分をあきらめず自分を信じ自分を大切にすることだと10回目くらいの直島で思うことが出来ました。訪れるたびにいつも思っていましたがね!! 帰ると魔法が溶けたようになってしまうのですが...。今回のことは私の人生の中でも一生心の中に残る素敵な旅となりました。他に沢山行ってみたいところはあるけど、直島は私を私にさせてくれる再生の場所です。まだまだこれからよく生きるために直島に何度も訪れようと思います。ありがとうございました。コロナ禍でも嫌な顔ひとつせず(あたりまえかもしれませんが)とてもいい思いをさせていただきました。」
(30代・女性)
「友人がコロナの影響で関西からこちらに来ることができなくなりキャンセルをしようか迷っていたのですが、一人でもリラックス出来て素敵な旅になりました。すべてがアートに囲まれていて忙しい日常から解放されリラックスできました。ベネッセアートミュージアムツアーがとても印象的です。アートに触れ、普段では感じることのないことを感じることが出来ました。改めて今生きていることへの感謝を実感できました。年に一度は訪れたい島、宿泊の場でした。また日常に戻ってもこの気持ちを大切にします。」
(20代・女性)

ブログ記事ー一覧

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想をご紹介します。

2021.01.25

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想をご紹介します。

実際に入浴することができる直島銭湯「I♥湯」。来島者の方はもちろん、島民の方々も利用されています。今回は、入浴されたみなさんにタブレットで記入いただいているアンケートから、直島銭湯「I♥湯」の感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む