ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセアートサイト直島の直島、豊島、犬島の各アート施設を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。

地中美術館

chichu_w840.jpg
地中美術館(写真:藤塚光政)
初めて伺いましたが、アート作品、空間、豊かな自然によって最大の良さを発揮されていて圧巻でした。自然や島を大切にされていることが伝わってきて、これこそまさに自然との共存であると感じます。必ずまた行きます!ありがとうございました。
(30代女性)
人生の中で、モネの作品とあんなふうに向き合えるとは思っておりませんでした。
(40代女性)
再訪したいとは願っていたのですが、2011年の震災後、やっと今回来ることができました。
設備メンテナンスが素晴らしく、10年近く前に訪れていた時よりも美しい美術館になっていたように感じ感激しました。また、ウォルター・デ・マリアの作品の部屋にいらしたスタッフの方に小さな質問をした時の会話も良い思い出です。スタッフさんの作品への愛が感じられました。
(60代女性)
10年以上前に訪れて以来の再訪でした。作品群は変わらないも、蔦の絡まり具合、観る側の状態も変わり、新鮮に発見しながら、拝見しました。コロナ禍で変化が求められる状況ですが、変わらず、変わり続けて、この先も繋がって頂きたいです。
今回は、Walter De Mariaの作品鑑賞中にあの音に遭遇し、幸運でした。
(50代女性)
ちょうど正午にウォルター・デ・マリアの部屋を訪れたら、金の柱に日があたり輝いてました。時間と天気による変化を楽しむという意味がよくわかりました
(50代男性)

地中美術館 キッズ向け鑑賞プログラム「ひみつをさがそう」

photo02.JPG
今回初めての地中美術館でした。家族みんなで楽しむことができて、本当に嬉しかったです。アートや建築物に興味がない家族も、また違った目線で展示物を楽しんでいて、家族で作品についていろいろと語り合うことができ、貴重な経験ができました。また、子供がひみつを探すという取り組みも、積極的に作品を見るきっかけになったようでした。スタッフの方に、天候によって光の入り方や音の響き方が変わる話を伺って、雨の時に行ってみたいなと思いました。楽しい体験と思い出をありがとうございました。また家族で訪れたいです。
(40代女性)
子供の為のイベント「ひみつをさがそう」はとても良いイベントだと感じました。親として最初は、答えのない秘密を探すという内容が理解出来ませんでした。しかし子供は、どんどんとたくさんの小さな気付きをしてくれました。大人の概念に囚われない、子供の自発的な発想を引き出す素敵なイベントだと思いました。
(30代男性)

李禹煥美術館

展示を少し長めの時間見ていると、横にいたスタッフが丁寧に説明してくれて楽しく話せました。また、瞑想の間の部屋にスタッフはいないのも非常に良かったです。おかげで自由にアートと向き合うことができる大変良い時間を過ごすことができました。
(20代女性)
問いかけのカードをお借りしたのですが、いろいろ気付きがあって楽しかったです。同行者とのコミュニケーションも増えました。
(40代女性)
このような大きな存在感のある作品とスペースが共存して成り立ち、成立して存在していることに幸福を感じる。
(50代女性)
これまで李禹煥氏の作品を知らなかったので、あらたな知見を得て作品を愉しみました。美術館全体(敷地、建物も含め)がまさに李禹煥氏の作品だったことに感動しました。
(70代女性)

家プロジェクト

各施設でスタッフの方が説明書きにないストーリーなど教えて下さるのがとても良かった。あえて説明パネル等を置かず、人が伝える、という方法がこのプロジェクトに合っていると思った。
(女性30代)
時間を気にしない旅行で、今回家プロジェクトのガイドツアーに参加しましたが、作品の説明が有ることで、一気に作品に対する理解が深まりよい機会でした。
(女性20代)
子連れの時の回り方(子供があきないような)を教えて下さり、会話も楽しめました。コロナで何かと大変な時期ですが、0、3才児連れにはこれくらいの人の少なさの方がゆっくり回れ良かったです。(子供も色々触ったりするので)
(女性30代)

豊島美術館

photo03.jpg
豊島美術館(写真:鈴木研一)
過ごした時間は、今の私にはとても必要なものでした。あの空間を大切にしてもらえたら嬉しいです。
(40代女性)
四季折々の豊島美術館を訪れたいです。とても幻想的な空間で言葉にならない感動を覚えました。
(30代女性)
ゆったりと時を刻む空間、忘れられない心地よさ。本当に最高でした。
再訪します。
(20代女性)
想像を遥かに越えた素敵な美術館でした
先月、金沢の21世紀美術館で内藤さんの展示を、谷口金沢建築館で西沢さん(SANAA)の展示を拝見していたので、さらに感動しました
風と光を感じられ、美しい曲線と白の世界、静と動、心がすーっと浄化されるような気持ちになりました

朝一の入場、その後島内をひとまわりし、帰りの船までの間時間があったので美術館の再入場を希望
スタッフのかたに「再入場ありがとうございます」と言っていただきとても気持ちよく拝見することができました

本当に素敵な美術館でした
真っ白な空間を維持されるのは大変なことだろうとお察しします
ぜひまた訪れたいと思います
ありがとうございました
(50代女性)
圧巻でした。
風を目で感じることのできる表現は心の安らぎに大いに影響することを改めて教わりました。
(20代男性)

心臓音のアーカイブ

海の音、山の音、景色が相まってとてもいい空間!!
(20代)
生きている心臓の音ってこんなにも力強いのだと初めて知れた
(20代)
空間が素晴らしい。心臓の音と共に電球の光が灯る度生命のいぶきを感じました。
(30代)

豊島横尾館

風景と建物と絵が融合していて、見ごたえがありました。
(30代)
絵はよく分からないけど見入ってしまいました。絵と建物全体の世界観を見入ってしましました。スタッフが丁寧で親切でした。
(20代)
外観から気になっていたのですが、内部も独自の空間が広がっていました。
(20代)
異世界にきたような感じでした。
(10代)

犬島精錬所美術館、犬島「家プロジェクト」

photo05.jpg
犬島「家プロジェクト」I邸 オラファー・エリアソン「Self-loop」(写真:市川靖史)
遺産と美術の島とアートの絶秒なバランスがいい
(40代女性)
違和感がなく、あっさりしていてよかった。現代アートに説明は必要とあまり思っていないため。歴史がないので感じ方は自由。
(40代女性)
島のいろんなところが素敵で素朴でアートでした。いるだけで癒される
(40代女性)
家プロジェクトがダイナミックなアートで見応えがあった。季節やお天気の違う頃にまた訪れたい
(60代女性)

夏が過ぎ去り、瀬戸内の自然はすっかり秋めいています。ベネッセアートサイト直島の各アート施設を訪れ、季節によってさまざまな表情を見せるアートや建築を体感いただけると幸いです。

ブログ記事ー一覧

ベネッセハウス お客様の声(2020年10月)

2020.11.27

ベネッセハウス お客様の声(2020年10月)

秋も深まり、ゆっくりとアート鑑賞をしていただくのに適した季節となりました。 ベネッセハウスでは美術館鑑賞チケット付き宿泊プランや、秋の味覚を使ったお食事付きの宿泊プランが大変ご好評をいただいています。今回は、2020年10月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

2020.10.30

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセアートサイト直島の直島、豊島、犬島の各アート施設を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第11回<br>「地中美術館」よりクロード・モネ室

2020.10.30

アーカイブ・シリーズ 第11回
「地中美術館」よりクロード・モネ室

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。この美術館の構想は、モネの描いた2×6メートルの作品を取得したことをきっかけに始まりました。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

2020.10.29

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第10回<br>安藤忠雄氏の設計による<br>「ベネッセハウス ミュージアム」

2020.10.22

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。記事を読む

豊島美術館 0歳~6歳のための<br>親子鑑賞プログラム レポート

2020.10.21

豊島美術館 0歳~6歳のための
親子鑑賞プログラム レポート

豊島美術館では、開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと一緒にご家族でゆっくりと鑑賞していただく「0歳~6歳のための親子鑑賞プログラム」を2020年10月の毎週土曜日に実施しています。今回のブログでは、プログラム初回の10月3日(土)の様子と、参加されたご家族の感想をお届けいたします。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム