ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。

20201026_c.jpg
ベネッセハウス ビーチ客室からの眺め
昔々、はじめて直島で家プロジェクトというものを体験しその後瀬戸内国際芸術祭で地中美術館を訪れてから、ずっと一度ベネッセハウスに泊まってみたいと思い続けていました。この度一大決心をし、いろんな条件が重なって泊ることが出来たこと、ホテルのすべてが思い描いていた通りだったこと、泊るからには夕日が見たいと天候が悪いことにがっかりしていたのにとてもとても赤い夕日を見ることができた。スタッフ皆、とても素晴らしかったです。

64才になった今年のつい先日まで、コロナ禍の緊張の中で、続けてきた保育士を辞めました。
心身ともにボロボロになり自信のあった体調までくるってしまいそうな時、『モネの睡蓮に会いたい』と思いました。
コロナでなければパリのオランジェリー美術館に行くところですが、そうもいかず、それならば直島に行き、地中美術館とベネッセハウスに泊まる!出発日まではまるで遠足前の小学生のように喜々としてそれは生き生きとした自分がいました。この歳になって、いえ、この歳だからこそどんなことでもいいから自分が生き生き出来ることを、これからも見つけていこうと思っています。とてもとても幸せな時を過ごさせていただき、本当にありがとうございました。
(60代女性)
直島とても素敵なところでした...!新入社員の私にはとても贅沢で、まだ22歳なのにこんなに幸せでいいのかなぁ...などと考えてしまうくらいです...。祖母はホテルからの景色も、海風を感じながらいただく食事も、どれもとても気に入ってくれました!結局、地中美術館にも足を運び...祖母曰く15歳若返ったそうです!

とっても充実した夏休みでした!これがよく生きる...なんですね...。五感で幸せを味わった2日間でした...。
祖母は帰宅してからもうピンピンしていて...!よっぽど嬉しかったのだと思います!ホテルで急遽、杖をお借りしたのですが、そのときもスタッフの皆さんがとても丁寧に対応してくださって感謝しております。
(20代女性)
一生に一度は訪れるべきです。年に一度は訪れたい。

一度瀬戸内にはきちんと来訪したかった想いがあり今回コロナではあるがこんなときだからこそ、その地にちゃんと気持ちよく訪れ、地元の方々への感謝とともに一緒の時間・空間を過ごしたいと思ったのです。
ベネッセ(ハウス)は決して安い金額とは言えない。高い。しかしそれ以上に得るもの、時間、経験になる。ありがとう。感謝。

人生はその名のとおり生きる為に有る。心臓が動いているから生きているのではない。夢と希望と感動こそが生きているということ。
(50代男性)
解説ツアー、とても良かったです。思考の呼び水みたいな感じで。
何が正解で何が間違っているか、いつも間違えないようにと生きようとする中で、すべてが正解ですべて肯定されているような体験。一瞬不安になるけれど慣れてくると快(善)になるようなもののように思われました。
(20代女性)

20201026_b.gif

ベネッセハウスでは、宿泊されたお客様にとって直島での滞在が「ベネッセ=よく生きる」とは何かについて考えてくださることを願っています。

ブログ記事ー一覧

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

2020.10.30

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセアートサイト直島の直島、豊島、犬島の各アート施設を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第11回<br>「地中美術館」よりクロード・モネ室

2020.10.30

アーカイブ・シリーズ 第11回
「地中美術館」よりクロード・モネ室

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。この美術館の構想は、モネの描いた2×6メートルの作品を取得したことをきっかけに始まりました。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

2020.10.29

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第10回<br>安藤忠雄氏の設計による<br>「ベネッセハウス ミュージアム」

2020.10.22

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。記事を読む

豊島美術館 0歳~6歳のための<br>親子鑑賞プログラム レポート

2020.10.21

豊島美術館 0歳~6歳のための
親子鑑賞プログラム レポート

豊島美術館では、開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと一緒にご家族でゆっくりと鑑賞していただく「0歳~6歳のための親子鑑賞プログラム」を2020年10月の毎週土曜日に実施しています。今回のブログでは、プログラム初回の10月3日(土)の様子と、参加されたご家族の感想をお届けいたします。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第9回<br>「犬島精錬所美術館」より

2020.10.15

アーカイブ・シリーズ 第9回
「犬島精錬所美術館」より

「犬島精錬所美術館」は銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志氏の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典氏の作品、植物の力を利用した水質浄化システムが導入されています。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム