ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

「文化大混浴 直島のためのプロジェクト」再公開

ベネッセハウスの作品の一つ「文化大混浴 直島のためのプロジェクト」は、ベネッセアートサイト直島が1995年、ヴェネツィアにおいてに授与をスタートした「ベネッセ賞」の第一回受賞者である、蔡國強による作品です。

蔡國強による、「入浴」という体験を伴うこの作品は、公開後、ベネッセハウス宿泊者や旅行客らが実際に湯に浸かり、文化や年代を越えた交流をする作品として親しまれてきました。一時期、入浴体験を中止していましたが、2020年の春から再開いたしました。

今回は、この度再始動した入浴体験プログラム、および屋外作品としての新たなしつらえ、および更衣小屋の改修とその内部での展示についてご紹介します。

blog20200804_01.jpg

「文化大混浴 直島のためのプロジェクト」(以下、文化大混浴)はニューヨークのクイーンズ美術館で展示された「文化大混浴 20世紀のためのプロジェクト」が元となっており、直島のこの場所に合わせて制作された作品です。20世紀という時代を背景とした、現代化とテクノロジーの進歩、伝統的な文化と自然の混沌とした状態がジェットバスや太湖石などにより表現され、ここに展示されることにより、よりスケールの大きな作品として完成しました。作品設置から20年ほどが経った今でも、基本的には展示の内容は変わらず、漢方薬を用いたお湯に浸かるという作法も変わらず継承されています。2018年からスタートした文化大混浴再始動への取り組みにおいて、屋外作品として、入浴をされないお客様にも鑑賞をしていただける形を目指し、一つの工夫として更衣小屋を改修するとともに、写真展示などを行いました。

blog20200804_02.jpg

更衣小屋は林の中に佇む中国式の瓦置きと杉板よる小さな小屋で、入浴体験者が水着に着替える際に使う屋外の更衣室です。この場所での展示について、文化大混浴のアート担当者に聞きました。

「この度の文化大混浴の再始動にあたり、更衣小屋についても、当初は元の姿への復元が予定されていました。しかし、作家とともに考えた末、お客様に、より深い入浴体験をしていただけるような工夫として、更衣小屋に文化大混浴設置時に実際に使われた『龍脈図』と呼ばれる気の流れを示した図を施し、その気の流れに配慮しながら決められた石の設置や、蔡さんが実際に作業している様子ご覧いただける記録写真を展示しました」

blog20200804_03.jpg

更衣小屋の内では、赤い線で力強く描かれた気の流れや、制作過程を追った写真の数々から、作品制作に込められた思いや、熱量を感じることができます。

「この入浴体験では、ただ、屋外にあるお風呂に入るような感覚ではなく、様々な文化との対話を表す作品の中で、気の流れを感じながら、ゆっくりと自省の時間を持っていただけたらと思います。しかし、日常から離れて気持ちをリセットするのは、現代社会のスピードの中で生きる私たちにとって、容易なことではありません。そのため、お客様にしっかりと体験への準備をしていただける場を作ろうと作家とともに考えました」

更衣小屋の小さな窓からは、切り取られた瀬戸内海の風景が見えます。一度内から外を見ることにより、自然を捉える視座が定まり、入浴体験への期待感が高まっていきます。

ベネッセハウス宿泊者限定の入浴体験では、一日1組限りのプライベートな時間をお楽しみいただけます。20世紀から21世紀の時代の転機に制作された文化大混浴は、20年余の時を経て、内省の場としても鑑賞者を迎えます。ぜひ、文化大混浴での鑑賞体験をもとに、今の時代や文化、「生きる」ことについて思索を深めていただけたらと願っています。

ブログ記事ー一覧

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

2020.10.30

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセアートサイト直島の直島、豊島、犬島の各アート施設を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第11回<br>「地中美術館」よりクロード・モネ室

2020.10.30

アーカイブ・シリーズ 第11回
「地中美術館」よりクロード・モネ室

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。この美術館の構想は、モネの描いた2×6メートルの作品を取得したことをきっかけに始まりました。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

2020.10.29

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第10回<br>安藤忠雄氏の設計による<br>「ベネッセハウス ミュージアム」

2020.10.22

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。記事を読む

豊島美術館 0歳~6歳のための<br>親子鑑賞プログラム レポート

2020.10.21

豊島美術館 0歳~6歳のための
親子鑑賞プログラム レポート

豊島美術館では、開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと一緒にご家族でゆっくりと鑑賞していただく「0歳~6歳のための親子鑑賞プログラム」を2020年10月の毎週土曜日に実施しています。今回のブログでは、プログラム初回の10月3日(土)の様子と、参加されたご家族の感想をお届けいたします。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第9回<br>「犬島精錬所美術館」より

2020.10.15

アーカイブ・シリーズ 第9回
「犬島精錬所美術館」より

「犬島精錬所美術館」は銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志氏の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典氏の作品、植物の力を利用した水質浄化システムが導入されています。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム