天とつながる空間――安田侃「天秘」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカイブより」。今回は、安田侃氏による「天秘」(1997年)を紹介します。

安田侃「天秘」
安田侃「天秘」1997年 撮影:山本糾

「天秘」は1997年、ベネッセハウス ミュージアムの地下1階のテラスに設置されました。この場所は9メートル四方の立方体のような空間で、壁三面がコンクリートで囲まれ、天井がなく、上部は空に向かって開放されています。安田侃氏は、この場所を空と垂直につながった空間としてとらえ、「石そのものを見せるのではなく、その上の空間を感じさせ、天とつながるものにする」と考えました。

ベネッセハウス ミュージアムにて作品を設置する安田侃さん
1997年2月21日、ベネッセハウス ミュージアムにて作品を設置する安田侃さん(中央)。撮影:山本糾

安田氏は手のひらが何かを受け止めるような形の作品をつくりました。設置時には作品がクレーンで吊り上げられ、設置場所の上方から徐々に下ろしていき、安田氏の指示のもと、微妙な位置や向きが調整されました。

撮影:山本糾
撮影:山本糾

ここを訪れた方には、二つのまるい大理石に触ったり、寝転んだりしながら、頭上の空を見上げて、空間に降り注ぐ日光や空気を感じていただければと思います。

詳しくはベネッセアートサイト直島 広報誌 2019年1月号 P16-18で紹介しています。

(写真左)撮影:山本糾、(写真右)撮影:藤塚光政
(写真左)撮影:山本糾、(写真右)撮影:藤塚光政

同じカテゴリの記事

作品に息づく犬島の日常―<br>淺井裕介「太古の声を聴くように、昨日の声を聴く」

2021.10.01

作品に息づく犬島の日常―
淺井裕介「太古の声を聴くように、昨日の声を聴く」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
「2,000個の陶器製の歯」が出迎える――<br>大竹伸朗「はいしゃ」追加制作ドキュメント

2021.08.25

「2,000個の陶器製の歯」が出迎える――
大竹伸朗「はいしゃ」追加制作ドキュメント

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
犬島から牡鹿半島、東京へ――<br>日本各地を旅する名和晃平の「新しい生のかたち」

2021.07.22

犬島から牡鹿半島、東京へ――
日本各地を旅する名和晃平の「新しい生のかたち」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
変化し続ける襖絵――千住博「石橋」

2021.07.05

変化し続ける襖絵――千住博「石橋」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
「生と死」の世界を往来する――豊島横尾館

2021.05.27

「生と死」の世界を往来する――豊島横尾館

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
本当の豊かさとは何かを考える場所 地中美術館「クロード・モネ室」

2020.10.30

本当の豊かさとは何かを考える場所 地中美術館「クロード・モネ室」

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・…

続きを読む

カテゴリ検索