重さ44トンの一枚岩はどこから来たか。犬島精錬所美術館

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録を紹介する「アーカイブ・シリーズ」。第9回は、2008年に公開された「犬島精錬所美術館」を紹介します。

blog20201015_01.jpg
犬島精錬所美術館 撮影:阿野太一

犬島精錬所美術館は岡山県犬島に位置し、1909年に建設され1919年に操業を停止した銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。この美術館は、自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志氏の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典氏の作品、植物の力を利用した水質浄化システムが導入されています。

blog20201015_02.jpg
犬島精錬所美術館 柳幸典「ソーラーロック/ヒーロー乾電池」(2008) 撮影:阿野太一

以下の写真は、美術館の建設時に巨大な一枚岩を館内へ搬入・設置した際の風景です。犬島は古くから良質の花崗岩が産出される島として知られ、大坂城の石垣や鶴岡八幡宮の鳥居などへも犬島の石が使われています。美術館に設置されたこの重さ44トンの一枚岩も、犬島から切り出されたものです。狭いスペースでの巨石の設置は犬島で培われた職人たちの技術と工夫によって実現されました。

blog20201015_03.jpg
建設中の美術館への一枚岩搬入の様子 提供:大本組

この一枚岩は美術館において、熱を蓄える特性により空間の夏の温度上昇を抑えるという建築上の役割をもっています。また、岩の浅い窪みにたたえられた水のゆらめきによって空気の流れを視覚化し、水の反映によって全円の「日蝕の太陽」を現出させるという、作品上の重要な役割も担っています。

blog20201015_04.jpg
犬島の石切り場で美術館に設置される巨大な岩を切り出す際の様子 提供:大本組

製錬所の煙突やカラミ煉瓦だけでなく、犬島に在る様々なものや特性が随所に利用されていることに、「在るものを活かし、無いものを創る」という犬島精錬所美術館のコンセプトが強く現れています。

同じカテゴリの記事

犬島から牡鹿半島、東京へ――<br>日本各地を旅する名和晃平の「新しい生のかたち」

2021.07.22

犬島から牡鹿半島、東京へ――
日本各地を旅する名和晃平の「新しい生のかたち」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
変化し続ける襖絵――千住博「石橋」

2021.07.05

変化し続ける襖絵――千住博「石橋」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
「生と死」の世界を往来する――豊島横尾館

2021.05.27

「生と死」の世界を往来する――豊島横尾館

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
天とつながる空間――安田侃「天秘」

2021.04.16

天とつながる空間――安田侃「天秘」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
本当の豊かさとは何かを考える場所 地中美術館「クロード・モネ室」

2020.10.30

本当の豊かさとは何かを考える場所 地中美術館「クロード・モネ室」

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・…

続きを読む
自然と建築とアートが融合した稀有な場所、ベネッセハウス誕生

2020.10.22

自然と建築とアートが融合した稀有な場所、ベネッセハウス誕生

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一…

続きを読む

カテゴリ検索