ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

アーカイブ・シリーズ 第8回
宮島達男「角屋」"Sea of Time '98 "

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録を振り返る「アーカイブ・シリーズ」。第8回は、1998年に公開され、2018年に20周年を迎えた、宮島達男氏による家プロジェクト「角屋」 "Sea of Time '98 "について紹介します。

blog20201009_01.jpg
1998年2月、"Sea of Time '98 " 制作中の宮島氏 撮影:上野則宏

「角屋」は直島・本村地区で、家プロジェクトの第一弾として公開されました。200年ほど前に建てられた家屋を、漆喰仕上げ、焼き板、本瓦を使った姿に修復し、空間そのものを作品化しています。「角屋」に展示されている宮島氏の3作品のうち"Sea of Time '98 "では、直島の方々が制作に参加しています。

本作品には、125個のLED製のデジタルカウンターが使用されており、ほの暗い日本家屋内に設置されたプールの中にランダムに配置されています。それぞれのデジタルカウンターは、1から9までの数字を順に表示しますが、宮島氏はカウントするスピード(時を刻む速さ)を島民に委ねました。スピードを決める「タイムセッティング会」が1998年2月に開かれ、直島の5歳から95歳までの島民125名が参加し、思い思いのスピードに設定しました。

カウンターはあらかじめ宮島氏が作成した配置図に基づいて設置され、1998年3月に作品が公開されました。参加した島民からは後に、「『角屋』は私に元気を与えてくれたと思います」、「私にとって『角屋』は、この作品が生きる限り、自分も生きてやろうかと希望の湧く場所」といった声を聞くようになり、「角屋」はベネッセアートサイト直島の活動において、現代アートが地域や島民の生活に介在する契機になった作品といえます。

blog20201009_02.jpg
(左)デジタルカウンターの配置を検討する宮島 撮影:上野則宏
(中央)1998年2月15日に実施された「タイムセッティング会」 撮影:上野則宏
(右)デジタルカウンター 撮影:上野則宏

2018年には公開から20年を迎え、あらためて1998年のタイムセッティングに参加された125名の方々に集まっていただき、2018年における「時の速さ」を作品に吹き込んでいただく「タイムセッティング2018〜継承〜」を企画・実施しました。1998年の参加者125名全員の所在を調べ、ご本人や、故人となられたことが分かった場合には血縁者の方々に、20年ぶりの「タイムセッティング会」を予定していることをお伝えしました。

会には、20年前と同様にご本人が参加される場合もあれば、子供や孫などの身近な方に機会を譲られた方、新規の公募枠に選ばれた、直島に転入した若い世代の方など、多様な層が参加しました。参加者の一人である堀口容子さんは「参加できたことが自分の誇りとなっています。もし、私が亡くなっても、そこでずっと生き続けるという思いが、子や孫、ひ孫に伝わっていけばいいなと思っています」と語られています。

blog20201009_03.jpg
(左)2019年2月8日に行われたトークイベント
(右3点)「タイムセッティング2018~継承~」の参加者。左から堀口容子さん、福島真希さん、中根清孝さん

今回のタイムセッティングが実施されるなか、「次のタイムセッティングの際には...」という声も聞こえてきました。これから先の20年後も作品が存在し続けるというイメージがそれぞれの心のうちにあるということかもしれません。

「角屋」は「タイムセッティング2018〜継承〜」という試みを通して、一つの場所に在り続け、時間というものを作品のうちに取り込みながら、コミュニティの中で生き続けようとしています。

blog20201009_04.jpg
宮島達男 家プロジェクト「角屋」"Sea of Time '98" 撮影:鈴木研一

「タイムセッティング2018〜継承〜」についてはベネッセアートサイト直島広報誌 2019年7月号 P2-15でもご紹介しています。

ブログ記事ー一覧

アーカイブ・シリーズ 第10回<br>安藤忠雄氏の設計による<br>「ベネッセハウス ミュージアム」

2020.10.22

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。記事を読む

豊島美術館 0歳~6歳のための<br>親子鑑賞プログラム レポート

2020.10.21

豊島美術館 0歳~6歳のための
親子鑑賞プログラム レポート

豊島美術館では、開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと一緒にご家族でゆっくりと鑑賞していただく「0歳~6歳のための親子鑑賞プログラム」を2020年10月の毎週土曜日に実施しています。今回のブログでは、プログラム初回の10月3日(土)の様子と、参加されたご家族の感想をお届けいたします。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第9回<br>「犬島精錬所美術館」より

2020.10.15

アーカイブ・シリーズ 第9回
「犬島精錬所美術館」より

「犬島精錬所美術館」は銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志氏の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典氏の作品、植物の力を利用した水質浄化システムが導入されています。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第8回<br>宮島達男「角屋」

2020.10.09

アーカイブ・シリーズ 第8回
宮島達男「角屋」"Sea of Time '98 "

「角屋」は直島・本村地区で、家プロジェクトの第一弾として公開されました。200年ほど前に建てられた家屋を、漆喰仕上げ、焼き板、本瓦を使った姿に修復し、空間そのものを作品化しています。「角屋」に展示されている宮島氏の3作品のうち"Sea of Time '98 "では、直島の方々が制作に参加しています。記事を読む

お客様からの感想をご紹介します(2020年8月)

2020.10.05

お客様からの感想をご紹介します(2020年8月)

今年8月にベネッセアートサイト直島の各アート施設を訪れたお客様や鑑賞ツアーに参加されたお客様、ベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第7回<br>ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

2020.10.02

アーカイブ・シリーズ 第7回
ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

ベネッセハウスのパーク棟前方に広がる芝生の上に設置されている、360度の風景を映し込む円形の作品がダン・グラハムによる「平面によって2分割された円筒」です。海外アーティストによるものとしては初めて直島での展示のために制作された作品で、1996年に公開されました。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム