ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

アーカイブ・シリーズ 第3回 片瀬和夫 「茶のめ」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録を振り返る「アーカイブ・シリーズ」。第3回は、片瀬和夫氏による「茶のめ」(1987/1994年)を紹介します。

作品設置時の様子
作品設置時の様子

「茶のめ」は、1994年の「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展」で公開されました。禅僧の仙厓の言葉「これ食ふて茶のめ」にヒントを得た作品で、禅問答のようにも、アートへ気楽に向き合うことを促しているようにも取れます。ベネッセハウス下の桟橋(現在は使用中止)から来島した方が最初に出合う作品でもあり、訪れた人へお茶をすすめるという側面もありました。

作品の設置場所として意識されたのは、180度の海が拡がり桟橋を見下ろすことができるというロケーションだけではありません。作品の土台の対角線が桟橋と平行になるように、また土台の一辺が安藤忠雄氏設計の建築の一辺の延長線と一致するように、周囲の建築物との関係まで併せて、片瀬氏によって決められました。

片瀬氏による「作品ポジション指示図」
片瀬氏による「作品ポジション指示図」

現在もベネッセアートサイト直島の活動における重要なキーワードとなっている「自然」と「建築」と「アート」の関係を強く意識して制作されたこの作品は、展覧会期中に、その後も継続して設置することに決まりました。桟橋が滅多に使用されなくなった今では、来島して最初にこの作品に出合うという方は少なくなりましたが、25年以上も変わらず訪れる人々へお茶をすすめ迎え入れています。

海を臨む場所に設置されている作品(撮影:村上宏治)
海を臨む場所に設置されている作品(撮影:村上宏治)

「茶のめ」については、ベネッセアートサイト直島広報誌 2019年4月号(P16~18)でも紹介しています。ぜひご覧ください。

ブログ記事ー一覧

アーカイブ・シリーズ 第5回 クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

2020.09.17

アーカイブ・シリーズ 第5回 クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」は、「遠く離れた地に、世界中の人の心臓音を聴くことができる『図書館』をつくる」というコンセプトのもと、2010年、豊島・唐櫃地区の唐櫃八幡神社境内にある王子が浜に建設・公開されました。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第4回 李禹煥による自然石を用いた作品制作プロセス

2020.09.10

アーカイブ・シリーズ 第4回 李禹煥による自然石を用いた作品制作プロセス

2010年6月15月、直島・倉浦の谷あいに開館した李禹煥美術館は、作家・李禹煥氏の名を冠した一作家による美術館です。李氏が作品に用いる素材の一つとして自然石が挙げられます。今回の記事では、李禹煥美術館の作品の制作プロセスの一部をご紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第3回 片瀬和夫 「茶のめ」

2020.09.03

アーカイブ・シリーズ 第3回 片瀬和夫 「茶のめ」

片瀬和夫氏の「茶のめ」は、1994年の「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展」で公開されました。禅僧の仙厓の言葉「これ食ふて茶のめ」にヒントを得た作品で、禅問答のようにも、アートへ気楽に向き合うことを促しているようにも取れます。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第2回 大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」

2020.08.26

アーカイブ・シリーズ 第2回 大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」

実際に入浴できるアート施設、直島銭湯「I♥湯」には、大竹氏によって日本各地から集められた様々なオブジェが、建物の内にも外にもコラージュされています。その中でも特に存在感の大きい象のオブジェ「サダコ」にまつわるエピソードを紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第1回 草間彌生「南瓜」

2020.08.19

アーカイブ・シリーズ 第1回 草間彌生「南瓜」

草間彌生氏による「南瓜」は1994年に直島で開催された「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展―」で公開されました。サイズはそれまでに制作された「南瓜」のなかでも最大級で、初めて野外での展示を意識してつくられました。記事を読む

お客様からの感想をご紹介(2020年7月)

2020.08.18

お客様からの感想をご紹介(2020年7月)

ベネッセアートサイト直島の3島の施設が揃って開館してから、約1か月。今年7月に地中美術館と豊島美術館を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介させていただきます。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム