ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

アーカイブ・シリーズ 第2回 大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録を振り返る「アーカイブ・シリーズ」。第2回は、2009年7月にオープンした大竹伸朗氏の「直島銭湯『I♥湯(アイラヴユ)』」にまつわるエピソードを紹介します。

archive20200826_01.JPG
浴室にある象のオブジェは、直島の上空をクレーンで移動して設置された

実際に入浴できるアート施設、直島銭湯「I♥湯」には、大竹氏によって日本各地から集められた様々なオブジェが、建物の内にも外にもコラージュされています。上の写真は、中でも特に存在感の大きい象のオブジェが銭湯に設置された時の様子です。

この象は元々、北海道・定山渓の秘宝館に展示されていたもので、定山渓の「定」の字をとって「定子(サダコ)」と呼ばれています。直島銭湯のプロジェクトが始まる10年以上も前、大竹氏は北海道を旅した際にサダコと出合い、生きているような象の姿に当時から惹かれていました。プロジェクトの進行中に秘宝館閉館の知らせがあり、サダコと再会した大竹氏は直島銭湯へ置くことを決めます。配置については、入口など様々な案が検討された結果、男湯からも女湯からも見える浴室中央の隔壁の上に定まりました。2009年6月、サダコはクレーンに吊るされ空高く浮かび、銭湯の天井部を通って現在の位置へ降り立ちました。

archive20200826_02.JPG

入浴できるアート作品として、島民の活力源となり、国内外からの来島者と島民とが交流できる場にしたい、そのためには島民や来島者が銭湯に親しみをもてるような、誰にでも分かりやすいものが必要である――象のサダコが設置された背景にはそんな大竹氏の想いがありました。子供にも分かりやすく親みやすい象のサダコの存在が、直島銭湯「I♥湯」で生まれ育まれる様々な交流につながっているのです。

archive20200826_03.JPG
直島銭湯「I♥︎湯」内観(写真:井上嘉和)

直島銭湯「I♥︎湯」については、ベネッセアートサイト直島広報誌 2018年10月号でも特集しています。ぜひご覧ください。

ブログ記事ー一覧

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想ご紹介します。

2021.01.25

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想ご紹介します。

実際に入浴することができる直島銭湯「I♥湯」。来島者の方はもちろん、島民の方々も利用されています。今回は、入浴されたみなさんにタブレットで記入いただいているアンケートから、直島銭湯「I♥湯」の感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム