草間彌生「南瓜」はいかにして直島のシンボルになったのか

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「ベネッセアートサイト直島 アーカイブ・シリーズ」。第1回は、草間彌生氏による「南瓜」(1994年)を紹介します。

1994年9月15日、Out of Bounds展のオープニングレセプションに訪れた草間彌生氏と「南瓜」(1994年)
1994年9月15日、Out of Bounds展のオープニングレセプションに訪れた草間彌生氏と「南瓜」(1994年)

「南瓜」は1994年に直島で開催された「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展―」で公開されました。上の写真は1994年9月に撮影された、展覧会のオープニングでの一コマです。草間氏と、公開されたばかりの「南瓜」が写されています。

それまでに制作された「南瓜」と直島の「南瓜」が異なるのは、場所の特徴を強く意識してつくられたことです。海に突き出た古い桟橋に設置された「南瓜」は、海の青や木々の緑のなか、黄色に彩色され、一際目をひきます。サイズはそれまでに制作された「南瓜」のなかでも最大級で、初めて野外での展示を意識してつくられました。

公開から25年以上たった今も、黒いドットをまとった黄色い「南瓜」は、独特の存在感で瀬戸内の自然と拮抗し、ここにしかない風景を見せ続けてくれています。

詳しくはベネッセアートサイト直島広報誌 2019年4月号 P16-18で紹介しています。

※画像の無断転載・使用は一切禁止です。

同じカテゴリの記事

作品に息づく犬島の日常―<br>淺井裕介「太古の声を聴くように、昨日の声を聴く」

2021.10.01

作品に息づく犬島の日常―
淺井裕介「太古の声を聴くように、昨日の声を聴く」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
「2,000個の陶器製の歯」が出迎える――<br>大竹伸朗「はいしゃ」追加制作ドキュメント

2021.08.25

「2,000個の陶器製の歯」が出迎える――
大竹伸朗「はいしゃ」追加制作ドキュメント

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
犬島から牡鹿半島、東京へ――<br>日本各地を旅する名和晃平の「新しい生のかたち」

2021.07.22

犬島から牡鹿半島、東京へ――
日本各地を旅する名和晃平の「新しい生のかたち」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
変化し続ける襖絵――千住博「石橋」

2021.07.05

変化し続ける襖絵――千住博「石橋」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
「生と死」の世界を往来する――豊島横尾館

2021.05.27

「生と死」の世界を往来する――豊島横尾館

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
天とつながる空間――安田侃「天秘」

2021.04.16

天とつながる空間――安田侃「天秘」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む

カテゴリ検索