草間彌生「南瓜」はいかにして直島のシンボルになったのか

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「ベネッセアートサイト直島 アーカイブ・シリーズ」。第1回は、草間彌生氏による「南瓜」(1994年)を紹介します。

1994年9月15日、Out of Bounds展のオープニングレセプションに訪れた草間彌生氏と「南瓜」(1994年)
1994年9月15日、Out of Bounds展のオープニングレセプションに訪れた草間彌生氏と「南瓜」(1994年)

「南瓜」は1994年に直島で開催された「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展―」で公開されました。上の写真は1994年9月に撮影された、展覧会のオープニングでの一コマです。草間氏と、公開されたばかりの「南瓜」が写されています。

それまでに制作された「南瓜」と直島の「南瓜」が異なるのは、場所の特徴を強く意識してつくられたことです。海に突き出た古い桟橋に設置された「南瓜」は、海の青や木々の緑のなか、黄色に彩色され、一際目をひきます。サイズはそれまでに制作された「南瓜」のなかでも最大級で、初めて野外での展示を意識してつくられました。

公開から25年以上たった今も、黒いドットをまとった黄色い「南瓜」は、独特の存在感で瀬戸内の自然と拮抗し、ここにしかない風景を見せ続けてくれています。

詳しくはベネッセアートサイト直島広報誌 2019年4月号 P16-18で紹介しています。

※画像の無断転載・使用は一切禁止です。

同じカテゴリの記事

天とつながる空間――安田侃「天秘」

2021.04.16

天とつながる空間――安田侃「天秘」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカ...

続きを読む
本当の豊かさとは何かを考える場所 地中美術館「クロード・モネ室」

2020.10.30

本当の豊かさとは何かを考える場所 地中美術館「クロード・モネ室」

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・…

続きを読む
自然と建築とアートが融合した稀有な場所、ベネッセハウス誕生

2020.10.22

自然と建築とアートが融合した稀有な場所、ベネッセハウス誕生

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一…

続きを読む
重さ44トンの一枚岩はどこから来たか。犬島精錬所美術館

2020.10.15

重さ44トンの一枚岩はどこから来たか。犬島精錬所美術館

「犬島精錬所美術館」は銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。「在るものを活かし…

続きを読む
島民と作り上げるアート――宮島達男「角屋」

2020.10.09

島民と作り上げるアート――宮島達男「角屋」"Sea of Time '98 "

「角屋」は直島・本村地区で、家プロジェクトの第一弾として公開されました。200年ほど前に建てら…

続きを読む
変わりゆく風景、変わらない作品。ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

2020.10.02

変わりゆく風景、変わらない作品。ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

ベネッセハウスのパーク棟前方に広がる芝生の上に設置されている、360度の風景を映し込む円形の作…

続きを読む

カテゴリ検索