ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

直島ホールが、Wallpaper* Design Awards 2017にてBest new public building部門最高賞を受賞

建築家・三分一博志の設計により、2015年11月に直島・本村地区に竣工した、直島ホール(直島町民会館 / 所有:直島町)。この度、雑誌・Wallpaper*が主催するDesign Awards 2017のBest new public building部門にて最高賞を受賞されました。国内の公共建築では初の受賞となります。
http://www.wallpaper.com/design-awards/2017#184987
http://www.wallpaper.com/design/artist-designer-ramdane-touhami-wallpaper-design-awards-judges-profile#185293

naoshimahall_1.jpg
直島ホール 所有者:直島町 設計:三分一博志建築設計事務所 / 撮影:小川重雄

直島ホールは、ホール、集会所、庭園から成る、直島町の多目的施設です。「環境の島」と呼ばれるにふさわしく、自然の風の力を使用してホール内の空気を循環させています。

三分一氏はこれまで、犬島精錬所美術館の建築にも見られるように、土地の環境特性を読み取り、それを活かした建築の設計を続けてきました。今回の直島でのプロジェクトにおいても、約2年半に渡って直島・本村地区に通い、事前リサーチを行っています。集落全体の地形や、そこに吹く風の流れ、ため池からかつての棚田、水路、入掘、井戸に流れる水脈等を徹底して調査する中で、中世から脈々と受け継がれている、自然に寄り添った本村のまちなみと暮らしの在り方が見えてきたといいます。

naoshimahall_2.jpg
空から見た本村集落の様子(中央に見える建物が直島ホール)/ 写真:Sambuichi Architects

直島の本村地域は南から北に向かって扇状地形をしており、集落は碁盤目状に区画されています。調査の中で見えてきたのは、各民家が南北の続き間や縁側をそなえ、南から吹く風に沿ったつくりになっていたこと。そして、扇の中心に棚田やため池があったことから、夏場は水面の涼しい空気が南風にのって集落に運ばれ、家の座敷を抜けて北の庭へと流れ、さらに隣家へとリレーされていっているということでした。

集落のつくりそのものから垣間見える先人達のメッセージを紐解き、実験を重ねながら、建築がどのような形態を持てば、その場所の自然のエネルギーを活かし、かつ人工的なエネルギーを使わない建物とすることができるかという点について深く検討されています。直島ホールの屋根は入母屋造りになっており、本村を流れる風はその屋根を通して建築内部の空気循環に活かされ、直島に風が吹いている限りはホール内の空気が巡る仕組みです。また、集会所棟においては、利用価値の薄らいでいる井戸水の温度に着目し、夏場は屋根に散水して建物のクーリングができるよう計画されており、かつてこの集落の生活を支えた井戸水の価値を再認識させる試みとしても期待されています。竣工から1年あまりが経過し、直島町民のスポーツ・レクリエーションや、直島の伝統文化として受け継がれている「直島女文楽」等の活動拠点にもなり、地域に親しまれる場所となり始めました。三分一氏は、2015年8月に同じ直島・本村地区において、やはり本村の風の道を意識した個人住宅「直島の家 - またべえ」の改修・増築の設計を行っており、現存集落が備えてきた古の知恵や地域特性を生かしたこれらの建築の在り方を総称し、「The Naoshima Plan」として提言しています。

直島では、1970年代から現在に至るまで、石井和紘、安藤忠雄、SANAA、三分一博志、藤本壮介、といった国内外で活躍してきた建築家の作品が、島の風景と調和しながら存在しています(詳しくはNAOSHIMA NOTE 2016年4月号にてご覧ください)。昨年の瀬戸内国際芸術祭会期中には、「直島建築 + The Naoshima Plan」と題し、これまでの直島建築の成り立ちを企画展にて紹介。8月に直島ホールで行われた直島建築シンポジウムでは、ゲストスピーカーに批評家の浅田彰氏、建築史家の五十嵐太郎氏を迎え、これまでの戦後建築史の中での相対的な位置づけを振り返りながら、より大きな視点で現在の直島建築を見つめなおすセッションが行われました。

naoshimahall_3.jpg
昨年8月の直島建築シンポジウムの様子(右上:浅田彰氏、左下:五十嵐太郎氏、右下:三分一博志氏)

島の価値を再認識することで、島の人々が自ら考え、利用し、新たな価値を生み出していく場所として、直島・本村地区に新たに誕生した直島ホール。それは、直島町の町民会館でありながら、「在るものを活かし、無いものを創る」という考え方のもと、アートや建築を通して自然と人間の関係を問い直してきた、ベネッセアートサイト直島のメッセージに呼応する存在であるといえます。

なお、直島ホールは、2017年4月14日に発表された2017年日本建築学会賞にて、作品賞をあわせて受賞しています。(2017年4月25日追記)

※直島ホールは、直島町の町民会館であるため、内部は一般公開されていません。外観は一般の方にもご覧いただけます。直島ホールについての詳細は、直島町の公式ウェブサイトにてご覧ください。

ブログ記事ー一覧

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人
寄稿

2020.12.21

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人

人やモノとの出あいには、2種類ある。新鮮な出あいと、懐かしい出あいだ。 今という時代を鮮やかに切り取る現代美術を見る場合、当然のことながら、前者が多い。誰もが、新鮮な出あいを求めて、現代美術を見にゆくといってもいい。 ただ、例外もある。「大地の芸術祭」や「瀬戸内国際芸術祭」といった里山や島々で開催される芸術祭もその一つといえるだろう。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム