ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

自然の中に身を置きながら、新たなくらし方を考える
「犬島 くらしの植物園」

犬島は、歩いて1時間ほどで一周できる小さな島。現在、50人ほどが暮らしています。島に住む人の多くは、家のそばに畑を持って野菜を育てながら生活し、畑に一緒に植えられた花々は路地に彩を与えています。周囲3.6㎞という島のスケールは、人と自然の関係をよりシンプルなものにし、穏やかで美しい日常が流れる中で、ヒューマン・スケール、人が人らしくあることを感じさせます。

犬島では、2010年から、犬島「家プロジェクト」が始まっています。犬島の集落に「日常の中の美しい風景や作品の向こうに広がる身近な自然を感じられるように」との願いを込め、企画展示を目的として、現在集落内には建築家・妹島和世により設計されたギャラリーが5つ点在しています。

lifegarden_1.jpg

その延長上に位置づく新たな試みとして、昨年春より、妹島和世による「犬島ランドスケーププロジェクト」が始動しました。犬島全体をひとつのランドスケープ、建築として考え、島民や各地から訪れた多くの人の手を通じてひとつの環境を作り、自然と社会の関係性を考えながら、ゆっくり滞在できる時間と場所の創出を進めていきます。

犬島の西側に位置する、長く使われていなかったガラスハウスを中心とした約4,500㎡の土地を再生し、犬島の風土や文化に根ざした庭園・植物園として蘇らせる「犬島 くらしの植物園」は、このプロジェクトの1つ目の施設。

lifegarden_2.jpg
提供:妹島和世建築設計事務所

「植物とともにくらす歓び」をテーマに、自然の中に身を置きながら、食べ物からエネルギーに至るまで自給自足的な営みを行う「新しいくらし方」を、犬島のランドスケープにおいて考えていきます。完成された場として公開するのではなく、制作プロセスに多くの来訪者に参加してもらいながら、「くらし方」についてともに考え、長い期間をかけて作り上げていく植物園です。

今後、植物園を中心とした循環システムをつくり、自然エネルギーの力やバイオジオフィルターなどの浄化システムを活用しながら、犬島に息づく「くらし」を活かしたサステナブルな場所として、それらを体感・体験できる場づくりをしていきます。

lifegarden_3_1.jpg

この植物園を、妹島和世とともに共同企画し運営を担うのは、「明るい部屋」。フラワーデザイナー・木咲豊とコミュニティガーデンプランナー・橋詰敦夫によるユニットです。2005年から東京都品川区に店舗を構えて活動されていましたが、今回の「犬島ランドスケーププロジェクト」の始動を機に、犬島に拠点を移し、「犬島 くらしの植物園」の運営をしながら、まさに「新しいくらし方」を日々犬島で模索し実践されています。

lifegarden_4.jpg
「明るい部屋」の木咲豊さん(左)、橋詰敦夫さん(右)。もともと、犬島「家プロジェクト」のI邸のガーデンプランを担当していたことから、今回の犬島移住につながった。

10月8日(土)からスタートした瀬戸内国際芸術祭2016秋会期中、「犬島 くらしの植物園」では、連続的にワークショップを開催しています。

lifegarden_5.jpg
ハーブガーデンをつくるワークショップ
lifegarden_8.jpg
全国で雑草教室を開催する、かわしまようこさんを迎えて行われた、野草を食べるワークショップ

今後開催予定のワークショップの概要は、こちらからご覧ください。また、「犬島 くらしの植物園」の制作プロセスは、明るい部屋のfacebookページでもご覧いただけます。

犬島ではこれまで、2008年に「犬島精錬所美術館」が開館し、2010年からは犬島「家プロジェクト」が展開され、多くの人が島を訪れています。そうした時間の流れの中で、島の中には新たにカフェができたり、移住や中長期滞在をする方が出てきたり、今夏にはパフォーミングアーツの公演が行われるなど、人の流れの変化により、今、犬島にはこれまでにない動きが生まれつつあります。

今後の犬島の展開に、ぜひご期待ください。

ブログ記事ー一覧

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人
寄稿

2020.12.21

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人

人やモノとの出あいには、2種類ある。新鮮な出あいと、懐かしい出あいだ。 今という時代を鮮やかに切り取る現代美術を見る場合、当然のことながら、前者が多い。誰もが、新鮮な出あいを求めて、現代美術を見にゆくといってもいい。 ただ、例外もある。「大地の芸術祭」や「瀬戸内国際芸術祭」といった里山や島々で開催される芸術祭もその一つといえるだろう。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム