ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

© Sambuichi Architects

© Sambuichi Architects

瀬戸内国際芸術祭2019開幕直前の2019年4月24日、The Naoshima Plan 2019「水」の直島島民に向けたお披露目会が開かれました。開催記念式典では、瀬戸内国際芸術祭 総合プロデューサーの福武總一郎(ベネッセアートサイト直島代表)が集まった直島島民の方々に対して挨拶を述べました。

「直島にはたくさんのアート作品があります。でも、けしてアートが主役ではない。直島の主役はあくまで、島民のみなさんなのです。この場所は、都会や海外から来た人に対して、主役であるみなさんが直島なり瀬戸内海のすばらしさを語っていただく場として使っていただくのが一番良いだろうと考えました。島をまわっていろんなアートを見ていただいて、その最後にここに着く。そこで直島の主役のみなさんが登場して、都会のストレス、緊張、競争の中にいる方々に『本当にあなたは幸せですか?』と率直に問いかけられたらいい。そういう光景ができれば、直島がまた世界にない場所になるんじゃないかと思います」

瀬戸内国際芸術祭 総合プロデューサーの福武總一郎(ベネッセアートサイト直島代表)
瀬戸内国際芸術祭 総合プロデューサーの福武總一郎(ベネッセアートサイト直島代表)

開催記念式典では、The Naoshima Plan 2019「水」の運営を行う直島島民のスタッフである西康比古さんと濱中紀子さんもご挨拶されました。

西康比古さんは「スタッフと言ってもご覧の通り高齢者ぞろい。ただ、高齢者ゆえに、この島に小さい時から馴染んで住んでおります。風、井戸、太陽、そして建物の形、すべて自分で経験したものばかりです。ここに住んできた経験を活かして、できるだけたくさんの人に直島の良さをお話できたらと思います」と意気込みを語りました。

The Naoshima Plan 2019「水」運営スタッフの西康比古さん
The Naoshima Plan 2019「水」運営スタッフの西康比古さん

同じく運営スタッフの濱中紀子さんは「これまで直島で本当に心豊かに暮らしてきましたし、これからも暮らしていきたいと思います。そういう思いを込めて、おばちゃんパワーと、おじちゃんパワーで、心豊かなおもてなしをしていきたいと思います」と笑顔を見せました。

The Naoshima Plan 2019「水」運営スタッフの濱中紀子さん
The Naoshima Plan 2019「水」運営スタッフの濱中紀子さん

「先人がつくりあげた素晴らしい町割りと建築を誇りに思ってほしい」

お披露目会で建築家の三分一博志氏は、The Naoshima Plan 2019「水」に込めた思いを直島島民に向けて改めて語りました。そして、三分一氏は、風や水といった「動く素材」を集落で最大限に活用し、自然に寄り添った暮らしを続けてきた直島の生活の素晴らしさを、直島島民の言葉で来訪者に伝えてほしいと話しています。

「私は2011年から直島の集落に入ってリサーチを続けてきています。調べれば調べるほど、直島という島の魅力に気が付くようになりました。最初は私も直島のイメージは現代アートや現代建築でしたが、実際に島に入ってみると人々の暮らしこそが魅力の場所だということが分かります。The Naoshima Plan 2019「水」では集落の人々が大切にリレーしてきた水や風の豊かさを伝えたいと思いますし、自然と寄り添いながら先人たちがつくりあげたこの素晴らしい町割りと建築を、直島島民のみなさまにも誇りに思っていただきたいです。『直島の主役はアートではなく、島民のみなさんだ』と福武さんもおっしゃいましたが、直島の家や街並みがいかに素晴らしいかということを、ぜひ島民のみなさまの言葉で、ここを訪れる世界中の人たちに伝えていただきたいと思います」

島民に向けて直島の町割りについて説明する三分一氏
島民に向けて直島の町割りについて説明する三分一氏

The Naoshima Plan 2019「水」は、瀬戸内国際芸術祭2019の会期の間、開館しています。ぜひこの場所を訪れ、直島に伝わる人々の暮らしの魅力を体験してみてください。

<The Naoshima Plan 2019「水」>
開館日:瀬戸内国際芸術祭2019会期中(秋会期は11月4日まで)
開館時間: 10:00~16:30
休館日: 月曜日(祝日の場合は翌日休館)
鑑賞料金:無料

ブログ記事ー一覧

アーカイブ・シリーズ 第10回<br>安藤忠雄氏の設計による<br>「ベネッセハウス ミュージアム」

2020.10.22

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。記事を読む

豊島美術館 0歳~6歳のための<br>親子鑑賞プログラム レポート

2020.10.21

豊島美術館 0歳~6歳のための
親子鑑賞プログラム レポート

豊島美術館では、開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと一緒にご家族でゆっくりと鑑賞していただく「0歳~6歳のための親子鑑賞プログラム」を2020年10月の毎週土曜日に実施しています。今回のブログでは、プログラム初回の10月3日(土)の様子と、参加されたご家族の感想をお届けいたします。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第9回<br>「犬島精錬所美術館」より

2020.10.15

アーカイブ・シリーズ 第9回
「犬島精錬所美術館」より

「犬島精錬所美術館」は銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志氏の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典氏の作品、植物の力を利用した水質浄化システムが導入されています。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第8回<br>宮島達男「角屋」

2020.10.09

アーカイブ・シリーズ 第8回
宮島達男「角屋」"Sea of Time '98 "

「角屋」は直島・本村地区で、家プロジェクトの第一弾として公開されました。200年ほど前に建てられた家屋を、漆喰仕上げ、焼き板、本瓦を使った姿に修復し、空間そのものを作品化しています。「角屋」に展示されている宮島氏の3作品のうち"Sea of Time '98 "では、直島の方々が制作に参加しています。記事を読む

お客様からの感想をご紹介します(2020年8月)

2020.10.05

お客様からの感想をご紹介します(2020年8月)

今年8月にベネッセアートサイト直島の各アート施設を訪れたお客様や鑑賞ツアーに参加されたお客様、ベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第7回<br>ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

2020.10.02

アーカイブ・シリーズ 第7回
ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

ベネッセハウスのパーク棟前方に広がる芝生の上に設置されている、360度の風景を映し込む円形の作品がダン・グラハムによる「平面によって2分割された円筒」です。海外アーティストによるものとしては初めて直島での展示のために制作された作品で、1996年に公開されました。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム