ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が
宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

ptoto20190928_01.JPG

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が幕開けした2019年9月28日(土)、1930年代から2000年初頭まで瀬戸内を撮影し続けた写真家・緑川洋一さんについて調査し、展示した≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が宮浦ギャラリー六区にオープンしました。当日行われたお披露目会には、プロジェクトを監修したアーティストの下道基行さんをはじめ、直島町の小林眞一町長、緑川洋一さんのご長女の西瑞子さん、宮浦自治会の宮原三郎副会長が出席し、テープカットセレモニーで資料館の開館を祝いました。

お披露目会で小林町長は、「緑川さんは長きにわたり、瀬戸内海のみならず人々の生活にも光を当てて記録された写真家です。本当に貴重な展示であり、瀬戸内の歴史がうかがえる素晴らしい場所になった思います」とあいさつを述べられました。また、西瑞子さんは「父はずっと直島を愛していました。私も子どもの頃よくここへ海水浴に連れてきてもらいました。いろいろ直島の貴重な作品が残っていると思います」と語っています。

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫の館長である下道基行さんは、「郷土資料館のような、図書館のような、公民館のような、ふらっと立ち寄って本を読んだり瀬戸内の歴史を知ることができる場所になれば良いなと思って作りました」と、資料館の構想を語りました。

ptoto20190928_02.JPG

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫は瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期(9月28日~11月4日)の間、開館しています(月曜日休館、詳しくは開館カレンダーをご参照ください)。ぜひこの機会に資料館に足を運び、瀬戸内海の風景の美しさや厳しい環境下で生きる人々の逞しさを写真や作品集などの書籍、撮影機材などから味わってみてはいかがでしょうか。

ブログ記事ー一覧

アーカイブ・シリーズ 第8回<br>宮島達男「角屋」

2020.10.09

アーカイブ・シリーズ 第8回
宮島達男「角屋」"Sea of Time '98 "

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録を振り返る「アーカイブ・シ...記事を読む

お客様からの感想をご紹介します(2020年8月)

2020.10.05

お客様からの感想をご紹介します(2020年8月)

今年8月にベネッセアートサイト直島の各アート施設を訪れたお客様や鑑賞ツアーに参加されたお客様、ベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第7回<br>ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

2020.10.02

アーカイブ・シリーズ 第7回
ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

ベネッセハウスのパーク棟前方に広がる芝生の上に設置されている、360度の風景を映し込む円形の作品がダン・グラハムによる「平面によって2分割された円筒」です。海外アーティストによるものとしては初めて直島での展示のために制作された作品で、1996年に公開されました。記事を読む

「今、瀬戸内から宇沢弘文<br>~自然・アートから考える社会的共通資本~」レポート

2020.09.29

「今、瀬戸内から宇沢弘文
~自然・アートから考える社会的共通資本~」レポート

オンラインフォーラム「今、瀬戸内から宇沢弘文~自然・アートから考える社会的共通資本~」が、2020年7月19日に宇沢国際学館主催でベネッセアートサイト直島にて開催されました。今回の記事では、このフォーラムのサマリーと当日の映像を掲載します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第6回<br>杉本博司「護王神社」

2020.09.25

アーカイブ・シリーズ 第6回
杉本博司「護王神社」"Appropriate Proportion"

「護王神社」は家プロジェクトの一つとして、2002年に公開されました。直島・本村地区の氏神が祀られている同神社の改築にあわせて、本殿と拝殿、また拝殿の地下の石室がアーティスト・杉本博司によって設計されています。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第5回<br>クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

2020.09.17

アーカイブ・シリーズ 第5回
クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」は、「遠く離れた地に、世界中の人の心臓音を聴くことができる『図書館』をつくる」というコンセプトのもと、2010年、豊島・唐櫃地区の唐櫃八幡神社境内にある王子が浜に建設・公開されました。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム