ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

夏会期から新たに公開された、
クリスチャン・ボルタンスキー「ささやきの森」

瀬戸内国際芸術祭2016夏会期がスタートした7月18日、豊島に新たに、クリスチャン・ボルタンスキーによる「ささやきの森」が公開されました。

murmures_1.jpg

豊島・檀山の中腹にあたる森林の中、400個の風鈴が風に揺れ動き、静かな音を奏でるインスタレーション。風鈴の短冊には、これまでに訪れた方の「大切な人」の名前が記されています。風になびく音は魂の神秘性を思わせ、無名の個人を記憶に留め、人間存在の強さや儚さを表現します。鑑賞者は、新たに自分の大切な人の名前を残すことができます。

人間の生と死をテーマに作品をつくり続ける、クリスチャン・ボルタンスキー。人々が生きた証として心臓音を収集するプロジェクトを2008年から展開しており、これまで氏が集めた世界中の人々の心臓音を恒久的に保存し、それらの心臓音を聴くことができる施設として、2010年、豊島の唐櫃浜に「心臓音のアーカイブ」が開館しています。作家は、今回新たに公開する「ささやきの森」を、「心臓音のアーカイブ」と補い合うものと位置付け、豊島に新たな巡礼の地をつくりたいとの思いのもと、本作品を構想しました。作品が設置されている場所は、作家の意向通り、ほとんど手を入れられることなく、元あったままの姿で鑑賞者を迎えます。

公開に先立ち、作品が設置される豊島に住む方々に「大切な人」の名前を残していただこうと、7月2日に島民登録会が行われました。

murmures_2.jpg
家浦、唐櫃、甲生の地区ごとに開催された豊島島民登録会で名前を記す島の方々(写真は唐櫃での登録会の様子)

登録は、ひとりにつき一枚限り。登録できる「大切な人」は一人です。
真っ先にお子さんの顔を浮かべる方、ご夫婦でお名前を書きあう方、ご家族以外のかけがえのない方のお名前をお書きになる方。それぞれに思う、一人の人から別の一人の人に込める、一対一の「思い」があります。登録されるお名前は、生死は問いません。作家の認識としては、「魂としては、生きている人も死んでいる人も変わらない」。生きている期間はわずかでありながらも、亡くなった後、魂はずっと残り続けます。登録されたお名前が刻まれた風鈴の音が、その人の魂の象徴として森の中に響きます。

鑑賞者は、現地で自分の大切な人の名前を登録することができ、後日、名前は書かれた文字のまま短冊(プレート)に刻まれ、作品の一部となって風に揺れ動き始めます。

murmures_3.jpg
登録当日にお持ち帰りいただける登録証

公開初日となる7月18日、来日したクリスチャン・ボルタンスキー本人による、アーティストトークが行われました。作品コンセプトから、作品と自然との関係性や、「巡礼」というキーワードについて、さらには作家が表現を考えるうえでの根本についても触れるトークとなりました。トークの内容は、こちらからご覧いただけます。ぜひあわせてご覧ください。

ブログ記事ー一覧

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

2020.10.30

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセアートサイト直島の直島、豊島、犬島の各アート施設を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第11回<br>「地中美術館」よりクロード・モネ室

2020.10.30

アーカイブ・シリーズ 第11回
「地中美術館」よりクロード・モネ室

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。この美術館の構想は、モネの描いた2×6メートルの作品を取得したことをきっかけに始まりました。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

2020.10.29

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第10回<br>安藤忠雄氏の設計による<br>「ベネッセハウス ミュージアム」

2020.10.22

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。記事を読む

豊島美術館 0歳~6歳のための<br>親子鑑賞プログラム レポート

2020.10.21

豊島美術館 0歳~6歳のための
親子鑑賞プログラム レポート

豊島美術館では、開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと一緒にご家族でゆっくりと鑑賞していただく「0歳~6歳のための親子鑑賞プログラム」を2020年10月の毎週土曜日に実施しています。今回のブログでは、プログラム初回の10月3日(土)の様子と、参加されたご家族の感想をお届けいたします。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第9回<br>「犬島精錬所美術館」より

2020.10.15

アーカイブ・シリーズ 第9回
「犬島精錬所美術館」より

「犬島精錬所美術館」は銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志氏の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典氏の作品、植物の力を利用した水質浄化システムが導入されています。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム