ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

夏会期から新たに公開された、
クリスチャン・ボルタンスキー「ささやきの森」

瀬戸内国際芸術祭2016夏会期がスタートした7月18日、豊島に新たに、クリスチャン・ボルタンスキーによる「ささやきの森」が公開されました。

murmures_1.jpg

豊島・檀山の中腹にあたる森林の中、400個の風鈴が風に揺れ動き、静かな音を奏でるインスタレーション。風鈴の短冊には、これまでに訪れた方の「大切な人」の名前が記されています。風になびく音は魂の神秘性を思わせ、無名の個人を記憶に留め、人間存在の強さや儚さを表現します。鑑賞者は、新たに自分の大切な人の名前を残すことができます。

人間の生と死をテーマに作品をつくり続ける、クリスチャン・ボルタンスキー。人々が生きた証として心臓音を収集するプロジェクトを2008年から展開しており、これまで氏が集めた世界中の人々の心臓音を恒久的に保存し、それらの心臓音を聴くことができる施設として、2010年、豊島の唐櫃浜に「心臓音のアーカイブ」が開館しています。作家は、今回新たに公開する「ささやきの森」を、「心臓音のアーカイブ」と補い合うものと位置付け、豊島に新たな巡礼の地をつくりたいとの思いのもと、本作品を構想しました。作品が設置されている場所は、作家の意向通り、ほとんど手を入れられることなく、元あったままの姿で鑑賞者を迎えます。

公開に先立ち、作品が設置される豊島に住む方々に「大切な人」の名前を残していただこうと、7月2日に島民登録会が行われました。

murmures_2.jpg
家浦、唐櫃、甲生の地区ごとに開催された豊島島民登録会で名前を記す島の方々(写真は唐櫃での登録会の様子)

登録は、ひとりにつき一枚限り。登録できる「大切な人」は一人です。
真っ先にお子さんの顔を浮かべる方、ご夫婦でお名前を書きあう方、ご家族以外のかけがえのない方のお名前をお書きになる方。それぞれに思う、一人の人から別の一人の人に込める、一対一の「思い」があります。登録されるお名前は、生死は問いません。作家の認識としては、「魂としては、生きている人も死んでいる人も変わらない」。生きている期間はわずかでありながらも、亡くなった後、魂はずっと残り続けます。登録されたお名前が刻まれた風鈴の音が、その人の魂の象徴として森の中に響きます。

鑑賞者は、現地で自分の大切な人の名前を登録することができ、後日、名前は書かれた文字のまま短冊(プレート)に刻まれ、作品の一部となって風に揺れ動き始めます。

murmures_3.jpg
登録当日にお持ち帰りいただける登録証

公開初日となる7月18日、来日したクリスチャン・ボルタンスキー本人による、アーティストトークが行われました。作品コンセプトから、作品と自然との関係性や、「巡礼」というキーワードについて、さらには作家が表現を考えるうえでの根本についても触れるトークとなりました。トークの内容は、こちらからご覧いただけます。ぜひあわせてご覧ください。

ストーリー一覧

The Naoshima Plan 2019 「水」を運営した直島町民のみなさんにお話をうかがいました

2020.06.19

The Naoshima Plan 2019 「水」を運営した直島町民のみなさんにお話をうかがいました

瀬戸内国際芸術祭2019の期間中、直島の本村地区にて三分一博志さんによる展覧会、The Naoshima Plan 2019 「水」が開催されました。直島の皆さんにとってどのような展覧会となったのでしょうか。今回の記事では、直島町民の西忠彦さんと佐々木紀子さんにThe Naoshima Plan 2019 「水」展を振り返っていただきました。記事を読む

アート施設休館中の清掃活動

2020.05.08

アート施設休館中の清掃活動

ベネッセアートサイト直島では、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年4月10日(金)からベネッセハウスを含めた全アート施設を臨時休館とさせていただいています。施設の再開の際に来島者のみなさまをよりきれいな状態でお迎えできるよう、この休館期間を利用して、美術館やホテルのスタッフが島民の方々と一緒に地域清掃を行っています。記事を読む

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

2020.03.11

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

豊島八百万ラボでの最初の作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」は2016年3月の公開から約4年間に渡り展示されてきましたが、2020年2月11日(火)をもって公開を終了しました。同日、豊島の甲生集会所にて、スプツニ子!さんと作品のキュレーションを務めた長谷川祐子さんを迎えたトークイベントが行われました。今回の記事では、当日のイベントの模様をお伝えします。記事を読む

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

2020.02.07

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

ベネッセアートサイト直島のWebサイトでは、2019年10月から11月の間、豊島八百万ラボを訪れて体験した「縁」に関するエピソードを募集しました。恋愛に限らず豊島での人との出会いなどさまざまなエピソードが国内外のみなさまから寄せられた中、特に印象深い内容だったのが、ニックネームtaaさんから投稿いただいたエピソードです。記事を読む

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

2020.02.04

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

ベネッセハウスの客室には美術作品が展示されており、宿泊者は非常に間近で、自分のペースで作品と向き合うことができます。またいくつかの客室には、アーティストがその部屋のために現地で制作した作品があります。記事を読む

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

2019.12.30

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

瀬戸内国際芸術祭の会期限定で営業する福田アジア食堂を運営しているのは、小豆島町・福田地区のおかあさんたちを中心としたメンバーです。今回の記事では、厨房スタッフの方と、食材の調達を担当する松本実さんに、地元の福田アジア食堂の運営に携わる思いを語っていただきました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス
教育プログラム