ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

夏会期から新たに公開された、
クリスチャン・ボルタンスキー「ささやきの森」

瀬戸内国際芸術祭2016夏会期がスタートした7月18日、豊島に新たに、クリスチャン・ボルタンスキーによる「ささやきの森」が公開されました。

murmures_1.jpg

豊島・檀山の中腹にあたる森林の中、400個の風鈴が風に揺れ動き、静かな音を奏でるインスタレーション。風鈴の短冊には、これまでに訪れた方の「大切な人」の名前が記されています。風になびく音は魂の神秘性を思わせ、無名の個人を記憶に留め、人間存在の強さや儚さを表現します。鑑賞者は、新たに自分の大切な人の名前を残すことができます。

人間の生と死をテーマに作品をつくり続ける、クリスチャン・ボルタンスキー。人々が生きた証として心臓音を収集するプロジェクトを2008年から展開しており、これまで氏が集めた世界中の人々の心臓音を恒久的に保存し、それらの心臓音を聴くことができる施設として、2010年、豊島の唐櫃浜に「心臓音のアーカイブ」が開館しています。作家は、今回新たに公開する「ささやきの森」を、「心臓音のアーカイブ」と補い合うものと位置付け、豊島に新たな巡礼の地をつくりたいとの思いのもと、本作品を構想しました。作品が設置されている場所は、作家の意向通り、ほとんど手を入れられることなく、元あったままの姿で鑑賞者を迎えます。

公開に先立ち、作品が設置される豊島に住む方々に「大切な人」の名前を残していただこうと、7月2日に島民登録会が行われました。

murmures_2.jpg
家浦、唐櫃、甲生の地区ごとに開催された豊島島民登録会で名前を記す島の方々(写真は唐櫃での登録会の様子)

登録は、ひとりにつき一枚限り。登録できる「大切な人」は一人です。
真っ先にお子さんの顔を浮かべる方、ご夫婦でお名前を書きあう方、ご家族以外のかけがえのない方のお名前をお書きになる方。それぞれに思う、一人の人から別の一人の人に込める、一対一の「思い」があります。登録されるお名前は、生死は問いません。作家の認識としては、「魂としては、生きている人も死んでいる人も変わらない」。生きている期間はわずかでありながらも、亡くなった後、魂はずっと残り続けます。登録されたお名前が刻まれた風鈴の音が、その人の魂の象徴として森の中に響きます。

鑑賞者は、現地で自分の大切な人の名前を登録することができ、後日、名前は書かれた文字のまま短冊(プレート)に刻まれ、作品の一部となって風に揺れ動き始めます。

murmures_3.jpg
登録当日にお持ち帰りいただける登録証

公開初日となる7月18日、来日したクリスチャン・ボルタンスキー本人による、アーティストトークが行われました。作品コンセプトから、作品と自然との関係性や、「巡礼」というキーワードについて、さらには作家が表現を考えるうえでの根本についても触れるトークとなりました。トークの内容は、こちらからご覧いただけます。ぜひあわせてご覧ください。

ブログ記事ー一覧

アーカイブ・シリーズ 第5回 クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

2020.09.17

アーカイブ・シリーズ 第5回 クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」は、「遠く離れた地に、世界中の人の心臓音を聴くことができる『図書館』をつくる」というコンセプトのもと、2010年、豊島・唐櫃地区の唐櫃八幡神社境内にある王子が浜に建設・公開されました。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第4回 李禹煥による自然石を用いた作品制作プロセス

2020.09.10

アーカイブ・シリーズ 第4回 李禹煥による自然石を用いた作品制作プロセス

2010年6月15月、直島・倉浦の谷あいに開館した李禹煥美術館は、作家・李禹煥氏の名を冠した一作家による美術館です。李氏が作品に用いる素材の一つとして自然石が挙げられます。今回の記事では、李禹煥美術館の作品の制作プロセスの一部をご紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第3回 片瀬和夫 「茶のめ」

2020.09.03

アーカイブ・シリーズ 第3回 片瀬和夫 「茶のめ」

片瀬和夫氏の「茶のめ」は、1994年の「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展」で公開されました。禅僧の仙厓の言葉「これ食ふて茶のめ」にヒントを得た作品で、禅問答のようにも、アートへ気楽に向き合うことを促しているようにも取れます。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第2回 大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」

2020.08.26

アーカイブ・シリーズ 第2回 大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」

実際に入浴できるアート施設、直島銭湯「I♥湯」には、大竹氏によって日本各地から集められた様々なオブジェが、建物の内にも外にもコラージュされています。その中でも特に存在感の大きい象のオブジェ「サダコ」にまつわるエピソードを紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第1回 草間彌生「南瓜」

2020.08.19

アーカイブ・シリーズ 第1回 草間彌生「南瓜」

草間彌生氏による「南瓜」は1994年に直島で開催された「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展―」で公開されました。サイズはそれまでに制作された「南瓜」のなかでも最大級で、初めて野外での展示を意識してつくられました。記事を読む

お客様からの感想をご紹介(2020年7月)

2020.08.18

お客様からの感想をご紹介(2020年7月)

ベネッセアートサイト直島の3島の施設が揃って開館してから、約1か月。今年7月に地中美術館と豊島美術館を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介させていただきます。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム