ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2016年4月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2016年4月号の特集は、直島町とベネッセアートサイト直島を建築の歴史から振り返る「直島建築クロニクル――人とまちの〈これから〉を形にしていく」です。

nn201604_cover.PNG

直島では、三宅親連町長(故人)が掲げた「自立する町づくり」という考え方を軸に、1970年代以降、国内外で活躍する建築家による約20点の建築がつくられてきました。その建築にたずさわった方々、現在、日常生活の中でそれらの建築に触れられている人々の声を交えて、年表形式で追っていきます。この数年の直島の建築の動きとしては、2015年12月に完成した新しい町民会館「直島ホール」、そして直島の町制60周年の記念に整備された「桜の迷宮」です。それぞれにたずさわった建築家の三分一博志さん、安藤忠雄さん、そして直島町 濵中満町長よりメッセージを込めたテキストをお寄せいただきました。

瀬戸内国際芸術祭2016の春・夏会期において、直島では2つの企画展を開催しています
一つは施主や建築家が「建築」を通して描いていた直島の"未来"について再考する「直島建築―NAOSHIMA BRUEPRINT」。もう一つは三分一博志によって直島に新たに誕生した「直島ホール」と個人住宅「直島の家――またべえ」のコンセプトを紹介する「The Naoshima Plan―三分一博志」です。次の展示期間は夏会期となりますが(※ただし会期外のGW連休4/29-5/5は開館)、ぜひその前の予習として、お読みいただけると嬉しいです。

連載「島の人」では、犬島の次田智惠子さんにお話を伺いました。犬島精錬所美術館の「サンギャラリー」を出たところで、彼女は来館者に様々なお話をされています。彼女が生まれたとき、既に閉鎖されていた銅製錬所。そこの跡地で遊んだことなどを交えながら、開館時から8年近くもお話を続けていらっしゃいます。なぜ、彼女が犬島を語り続けるのか。その理由に触れるインタビューとなりました。

誌面は、電子版で公開中です。

ストーリー一覧

The Naoshima Plan 2019 「水」を運営した直島町民のみなさんにお話をうかがいました

2020.06.19

The Naoshima Plan 2019 「水」を運営した直島町民のみなさんにお話をうかがいました

瀬戸内国際芸術祭2019の期間中、直島の本村地区にて三分一博志さんによる展覧会、The Naoshima Plan 2019 「水」が開催されました。直島の皆さんにとってどのような展覧会となったのでしょうか。今回の記事では、直島町民の西忠彦さんと佐々木紀子さんにThe Naoshima Plan 2019 「水」展を振り返っていただきました。記事を読む

アート施設休館中の清掃活動

2020.05.08

アート施設休館中の清掃活動

ベネッセアートサイト直島では、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年4月10日(金)からベネッセハウスを含めた全アート施設を臨時休館とさせていただいています。施設の再開の際に来島者のみなさまをよりきれいな状態でお迎えできるよう、この休館期間を利用して、美術館やホテルのスタッフが島民の方々と一緒に地域清掃を行っています。記事を読む

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

2020.03.11

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

豊島八百万ラボでの最初の作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」は2016年3月の公開から約4年間に渡り展示されてきましたが、2020年2月11日(火)をもって公開を終了しました。同日、豊島の甲生集会所にて、スプツニ子!さんと作品のキュレーションを務めた長谷川祐子さんを迎えたトークイベントが行われました。今回の記事では、当日のイベントの模様をお伝えします。記事を読む

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

2020.02.07

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

ベネッセアートサイト直島のWebサイトでは、2019年10月から11月の間、豊島八百万ラボを訪れて体験した「縁」に関するエピソードを募集しました。恋愛に限らず豊島での人との出会いなどさまざまなエピソードが国内外のみなさまから寄せられた中、特に印象深い内容だったのが、ニックネームtaaさんから投稿いただいたエピソードです。記事を読む

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

2020.02.04

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

ベネッセハウスの客室には美術作品が展示されており、宿泊者は非常に間近で、自分のペースで作品と向き合うことができます。またいくつかの客室には、アーティストがその部屋のために現地で制作した作品があります。記事を読む

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

2019.12.30

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

瀬戸内国際芸術祭の会期限定で営業する福田アジア食堂を運営しているのは、小豆島町・福田地区のおかあさんたちを中心としたメンバーです。今回の記事では、厨房スタッフの方と、食材の調達を担当する松本実さんに、地元の福田アジア食堂の運営に携わる思いを語っていただきました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス
教育プログラム