ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

作品の一般公開を前に、豊島島民内覧会を開催しました。

3月20日の瀬戸内国際芸術祭2016春会期開幕にあわせて、豊島には、豊島八百万ラボ(豊島・甲生地区)、針工場(豊島・家浦地区)が開館します。3月16日、一般公開に先がけて、豊島島民内覧会を開催しました。

アーティスト・スプツニ子!が構想する、先端科学とアートのコラボレーションによって、新たな神話を生み出そうとする施設「豊島八百万ラボ」。内覧会の前には竣工式が行われ、小豆島・土庄八幡神社の森宮司により祝詞が奏上されました。

lab_preview_1.jpg

午後1時半から行われた内覧会。お昼を過ぎたころから続々と島の方々が集まり始めます。

lab_preview_2.jpg

内覧会には、スプツニ子!さん、建築を手がけた成瀬・猪熊建築設計事務所の成瀬友梨さん、猪熊純さんも出席。冒頭ではそれぞれが、「豊島八百万ラボ」完成にあたっての気持ちなどを含めてお話しいただきました。

lab_preview_3.jpg
アーティストのスプツニ子!さん
lab_preview_4.jpg
建築家の猪熊純さん(左)・成瀬友梨さん(右)

スプツニ子!さんは、作品の構想から完成まで約2年近く、沢山の応援とご協力をいただいた豊島の方たちを前に、まずは御礼の言葉を述べられました。「豊島にも、日本人だけじゃなくて、海外からも色んな方が来られます。世界中に色んな縁が広がることを願って作っています」と、この場所から様々な縁が生まれていくことに期待を寄せました。猪熊さんは、「古い古民家を改修しているものの、アート施設なので、設計施工の段階から、なるべく豊島にある僕らが美しいと思ったものを散りばめた建物にできたら――と思いました」と挨拶。鳥居や絵馬掛けの桟からも檀山に抜ける景色を味わえるつくりにしていること、そして建物の部材には特殊なものを用いず、豊島で頻繁に用いられているものを選んだことを説明。

挨拶のあと、集まってくださった島民の皆さんと映像作品を鑑賞。映像にご出演いただいた3名の島民の方々も一緒に鑑賞くださいました。

lab_preview_5.jpg

作品鑑賞後、島民の方々も絵馬に願い事を記入。

lab_preview_6.jpg

lab_preview_7.jpg

豊島八百万ラボができる甲生地区で民泊を営まれている植松さん。「豊島が(甲生が)世界の人々に愛されます様に」を願いを込められました。

同時刻に、家浦地区でも、大竹伸朗作品「針工場」の島民内覧会を実施。この作品の核となった船型は、昨年末に豊島島民の方々の手によって、旧メリヤス針製造工場跡であるこの場所に運び込まれたものです

nf_preview_1.jpg

船型の運搬に関わってくださった方々も多数内覧にお越しくださいました。
中には、工場が稼働していた当時の様子をお話しくださる方も。

nf_preview_2.jpg

nf_preview_3.jpg

nf_preview_4.jpg

「何に見える?」そう聞くと、子供たちは素直に感想をノートに書いていき、それにつられるように、感想を書き留めてくださる方もいらっしゃいました。

豊島に間もなく開館する、豊島八百万ラボ、そして針工場
島の方々への披露を無事に終え、いよいよ3月20日から一般公開となります。

撮影協力:宮脇慎太郎

ブログ記事ー一覧

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人
寄稿

2020.12.21

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人

人やモノとの出あいには、2種類ある。新鮮な出あいと、懐かしい出あいだ。 今という時代を鮮やかに切り取る現代美術を見る場合、当然のことながら、前者が多い。誰もが、新鮮な出あいを求めて、現代美術を見にゆくといってもいい。 ただ、例外もある。「大地の芸術祭」や「瀬戸内国際芸術祭」といった里山や島々で開催される芸術祭もその一つといえるだろう。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム