ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

スプツニ子!による「豊島八百万ラボ」とは?

瀬戸内国際芸術祭2016の春会期が始まる3月20日、スプツニ子!による「豊島八百万(やおよろず)ラボ」が恒久施設として豊島に誕生します。

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの助教で、現代社会における問題を直接的に反映させた作品を制作しているアーティスト・スプツニ子!。ここのところ、私たちもiPS細胞や、ゲノム編集という言葉を耳にするようになりましたが、彼女はMITに通うようになってからバイオテクノロジーが急速に発展していることを見聞きし、これまで神話の世界のことだと思われていたような新しい生き物や現象が、現実化されようとしていると強く感じたといいます。歴史的には神話に疑問を投げかけることもあった科学が、これからは神話を生み出していくこともあるのではないか――。

一方で、あらゆるものに神が宿ると考え、多様な神の存在に寛容な八百万(やおよろず)の文化においては、科学の発展が神話のような世界を生み出すことについて、一神教の価値観をもととする西洋哲学と違う視点で議論が出来るのではないか、というアーティストの想いもあります。"新たな神話を創造する"ということを切り口に、科学やテクノロジーによって現実化されるかもしれない世界をアートとして提示し、未来の私達の在り方を問いかける場所として「豊島八百万ラボ」は構想されました。

lab_main_0307.jpg
「豊島八百万ラボ」模型(提供:成瀬・猪熊建築設計事務所)

このコンセプトにもとづく作品が、今後定期的に企画展示されていきますが、まず今回はスプツニ子!自身がこけら落としとして新作を展示します。タイトルは「運命の赤い糸をつむぐ蚕 - たまきの恋」。好きな人にその気持ちを伝えることができない不器用な理系女子の主人公が、自ら研究する遺伝子組み換え蚕によって「運命の赤い糸」をつくりだそうとする映像作品を中心に、インスタレーションが展開されます。

作品の制作は3月20日のオープンに向けて佳境を迎えつつあります。1月には、雪の残る東京郊外で映像作品の撮影が行われました。クライマックスとなるシーンに協力してもらうためにスプツニ子!自身がtwitterで多くのエキストラの参加を呼びかけ、寒い中にもかかわらず、100人もの方が集合。作品が展示される豊島からも3人の方をお招きし、ご出演いただきました。多くの方が一斉に走っている理由は?作品の完成をご期待ください。

lab_satsuei.jpg

一方で、今回の作品制作と並行してスプツニ子!が共同研究を行っていた、農業生物資源研究所からも嬉しいニュースが。人が恋におちる成分とも言われているオキシトシンと、赤く光る珊瑚の遺伝子を導入した蚕から「運命の赤い糸」が誕生したとのこと。アーティストの妄想と最先端の生物工学によって、神話の世界が少しだけ現実になったと言えるのかもしれません。

twitter.jpg

現代の複雑な問題に対し、多くの方に伝わりやすい手法でポップに表現するスプツニ子!。その活動の根本には、資本主義や政治的なプロセスの中で、議論が熟さないまま物事が決められていく社会に対しての大きな疑問が存在しています。

豊かな自然に恵まれた島の小さな集落で産声をあげる、「豊島八百万ラボ」。彼女の思考を体現するかのように、急速に変化する社会において私たちが未来をどうデザインしていくのか、問いを発し続ける場となることでしょう。

ブログ記事ー一覧

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人
寄稿

2020.12.21

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人

人やモノとの出あいには、2種類ある。新鮮な出あいと、懐かしい出あいだ。 今という時代を鮮やかに切り取る現代美術を見る場合、当然のことながら、前者が多い。誰もが、新鮮な出あいを求めて、現代美術を見にゆくといってもいい。 ただ、例外もある。「大地の芸術祭」や「瀬戸内国際芸術祭」といった里山や島々で開催される芸術祭もその一つといえるだろう。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム