ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2016年1月号を発行しました。

nn_201601cover.PNG

2016年1月号では、瀬戸内国際芸術祭2016開幕に合わせ、3月20日に発表する大竹伸朗の最新作について特集しました。"豊島・家浦岡にあるメリヤス編みの針工場跡に、愛媛県宇和島の造船所にある船型を置く――"。そのシンプルな行為には、様々な事柄が重層的に折り重なっています。場所やものの履歴を辿ってみると、そこには海の歴史、日本経済の変遷、それに加えて、人それぞれの人生が横たわっていることも分かってきました。完成された作品を真っ新な気持ちで鑑賞することも一つの楽しみ方ですが、今回はあえてこの作品の背景に触れていただき、豊島での鑑賞体験を深めていただければと思います。

連載「島の人」でお話を伺ったのは、直島の西岡幸子さんです。「NAOSHIMA STANDARD 2」展(2006~7年)の関連企画として始まった「直島コメづくりプロジェクト」を、立ち上げ当初から今日まで支えてくださっています。子どもの頃からコメづくりが身近にある西岡さん。ご実家でも、嫁ぎ先でも、日々の生活に並走するようにこの行為は存在していたようです。今回のインタビューでは「西岡さんにとってのコメづくりとは?」と投げかけるところから始まり、結果的に、彼女の半生の中にしっかり存在するコメづくりを辿るようなお話となりました。

福武財団が資金助成を行う活動団体のコラム「OPINION――地域を考える」。今回は、ENVISI代表・吉川由美さんです。吉川さんは、宮城県南三陸町で東日本大震災前から多彩なアートプロジェクトを展開されています。震災前の2010年、南三陸町で"生きる"博覧会を開催された吉川さんは、その経緯から、震災直後は復旧活動や物資提供に協力されていました。震災前からある地域の課題、被災後に新たに浮かび上がった地域の課題。震災から5年目を迎える今、考えていることをご寄稿いただきました。

誌面は、電子版で公開中です。

ブログ記事ー一覧

アーカイブ・シリーズ 第5回 クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

2020.09.17

アーカイブ・シリーズ 第5回 クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」

クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」は、「遠く離れた地に、世界中の人の心臓音を聴くことができる『図書館』をつくる」というコンセプトのもと、2010年、豊島・唐櫃地区の唐櫃八幡神社境内にある王子が浜に建設・公開されました。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第4回 李禹煥による自然石を用いた作品制作プロセス

2020.09.10

アーカイブ・シリーズ 第4回 李禹煥による自然石を用いた作品制作プロセス

2010年6月15月、直島・倉浦の谷あいに開館した李禹煥美術館は、作家・李禹煥氏の名を冠した一作家による美術館です。李氏が作品に用いる素材の一つとして自然石が挙げられます。今回の記事では、李禹煥美術館の作品の制作プロセスの一部をご紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第3回 片瀬和夫 「茶のめ」

2020.09.03

アーカイブ・シリーズ 第3回 片瀬和夫 「茶のめ」

片瀬和夫氏の「茶のめ」は、1994年の「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展」で公開されました。禅僧の仙厓の言葉「これ食ふて茶のめ」にヒントを得た作品で、禅問答のようにも、アートへ気楽に向き合うことを促しているようにも取れます。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第2回 大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」

2020.08.26

アーカイブ・シリーズ 第2回 大竹伸朗 直島銭湯「I♥湯」

実際に入浴できるアート施設、直島銭湯「I♥湯」には、大竹氏によって日本各地から集められた様々なオブジェが、建物の内にも外にもコラージュされています。その中でも特に存在感の大きい象のオブジェ「サダコ」にまつわるエピソードを紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第1回 草間彌生「南瓜」

2020.08.19

アーカイブ・シリーズ 第1回 草間彌生「南瓜」

草間彌生氏による「南瓜」は1994年に直島で開催された「Open Air '94 "Out of Bounds" ―海景の中の現代美術展―」で公開されました。サイズはそれまでに制作された「南瓜」のなかでも最大級で、初めて野外での展示を意識してつくられました。記事を読む

お客様からの感想をご紹介(2020年7月)

2020.08.18

お客様からの感想をご紹介(2020年7月)

ベネッセアートサイト直島の3島の施設が揃って開館してから、約1か月。今年7月に地中美術館と豊島美術館を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介させていただきます。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム