ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2015年10月号発行しました。

ベネッセアートサイト直島の広報誌「NAOSHIMA NOTE」では、直島、豊島、犬島の3島での活動を年4回お届けしています。アート・建築をはじめとした活動や、そこで起こる地域の変化を、「感じる、考える、行動する」の三部で構成しています。今回は最新号の誌面内容をご紹介します。

nn1610.JPG

最新号2015年10月号では「ベネッセアートサイト直島の、夜」を特集しています。日没後から深夜まで、べネッセアートサイト直島を体験していただきたい――という企画です。秋分の日を境に、日没時刻が刻々と早くなる10月、11月。自然光の下で鑑賞する島々のアート施設のほとんどが、夕方30分から1時間早くクローズします。これからは夜の時間が長くなり、たしかに太陽の光の下で作品を鑑賞する時間は短くなりますが、日没後も様々な楽しみ方があります。特集では「1. 歩く。」「2. アートを見る。」「3. 語り合う。」「4. 眠る。」「5. 他の島を楽しむ。」と5つのトピックスで、島のナイトライフをご紹介。月明かりが眩しい夜の散歩道、その道中目にする高松側の夜景、アート施設のプログラム、バーやラウンジ、そして就寝。今回ご紹介する夜のアクティビティを一晩で味わい尽くすのはなかなか難しいかもしれません。ぜひ、何度でも訪れていただきたいと思います。

連載「島の人」では、豊島で山本果樹園を経営する山本彰治さんにお話を伺いました。豊島ミカンの生産に"執念を燃やしていた"山本さんですが、土庄町議長を務められたり、その後は唐櫃の棚田景観整備、豊島美術館開館にもご尽力いただきました。そんな山本さんの半生と、今ご自身が考える豊島についてのお話です。

一方、福武財団は、日本全国のまちづくりなどの地域活動地域に資金助成を行っています。「OPINION――地域を考える」では、瀬戸内を離れ、日本全国の地域に目を向けるきっかけとなることを願い、福武財団助成先の方にコラムを寄稿いただいています。今回は静岡県・浜松市の認定NPO法人 クリエイティブサポートレッツの理事長、久保田翠さんにご寄稿いただきました。

誌面は電子版で公開中です。

ブログ記事ー一覧

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

2020.10.30

ベネッセアートサイト直島 お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセアートサイト直島の直島、豊島、犬島の各アート施設を訪れたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第11回<br>「地中美術館」よりクロード・モネ室

2020.10.30

アーカイブ・シリーズ 第11回
「地中美術館」よりクロード・モネ室

地中美術館は瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設され、館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。この美術館の構想は、モネの描いた2×6メートルの作品を取得したことをきっかけに始まりました。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

2020.10.29

ベネッセハウス お客様の声(2020年9月)

9月にベネッセハウスに宿泊されたお客様からアンケートでいただいたご感想の一部を紹介します。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第10回<br>安藤忠雄氏の設計による<br>「ベネッセハウス ミュージアム」

2020.10.22

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。記事を読む

豊島美術館 0歳~6歳のための<br>親子鑑賞プログラム レポート

2020.10.21

豊島美術館 0歳~6歳のための
親子鑑賞プログラム レポート

豊島美術館では、開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと一緒にご家族でゆっくりと鑑賞していただく「0歳~6歳のための親子鑑賞プログラム」を2020年10月の毎週土曜日に実施しています。今回のブログでは、プログラム初回の10月3日(土)の様子と、参加されたご家族の感想をお届けいたします。記事を読む

アーカイブ・シリーズ 第9回<br>「犬島精錬所美術館」より

2020.10.15

アーカイブ・シリーズ 第9回
「犬島精錬所美術館」より

「犬島精錬所美術館」は銅の製錬所の遺構を保存・再生してつくられた美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志氏の建築と、日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典氏の作品、植物の力を利用した水質浄化システムが導入されています。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム