「宮浦ギャラリー六区」、プロジェクト始動。

「宮浦ギャラリー六区」、プロジェクト始動。

直島・宮ノ浦地区にある「宮浦ギャラリー六区」は、人々が交流する中から新しい価値が生み出される「たまり場」となることを目指し、来場者が単に作品を鑑賞するだけでなく、ワークショップやトークなど様々なイベントに参加する場所として、この夏から再始動しました。
その一環として、今年の7月から9月にかけては、「アーティスト in 六区」を開催しました。この企画では、瀬戸内国際芸術祭2016でのプロジェクトの実現を見据え、アーティストを招聘。直島に約10日間滞在いただき、来年のプロジェクトのためのリサーチとともに、滞在期間の後半に、島民や島を訪れた方々と、滞在中に得たリサーチの成果やアイデアを共有し、交流するイベントを行っていただきました。

現代社会と、それぞれの方法で向き合う3人のアーティスト

今回招聘したアーティストは、丹羽良徳さん(1982年生まれ)、飯山由貴さん(1988年生まれ)、片山真理さん(1987年生まれ)の3名です。
7月22日から31日にかけて滞在したのは丹羽良徳さんです。丹羽さんは、「共産主義」や「貨幣価値」「物や土地の所有権」を巡る人や組織に対して、"ある行為"を試み、その一部始終を記録し、編集し、映像に収める作品を制作しています。
第2弾の飯山由貴さんの滞在は、8月27日から9月3日。飯山さんは、ネットオークションで落札したスクラップブック(新聞や雑誌の切り抜きが張られた冊子)を収集し、そこから見えて来た歴史的事象や個人の思いを、現代社会の状況や作家自身の思いと重ねあわせながら、インスタレーションを制作しています。
9月24日から10月3日にかけて滞在したのは、片山真理さん。片山さんは、先天的な脛骨欠損のため9歳で両足を切断して以来、義足で生活されています。以後、自らが装飾した義足を使用したセルフポートレートなど、自身と自身を取り巻く世界との関わりを作品化しているほか、近年では、音楽、講演、執筆など、活動の幅を広げています。

"新しい何か"が生まれる場所に

関心の対象、表現の手法が全く異なる三人のアーティストによるプロジェクトの本格的実現は、瀬戸内国際芸術祭2016。既に今年7月から9月にかけての滞在でも、アーティストが披露するアイデアの片鱗に、島民や島を訪れる方々、スタッフが応えフラットに関わり合う様子が見受けられました。宮浦ギャラリー六区は、その目指す姿である"人々が交流する中から新しい価値が生まれるたまり場"へと第一歩を踏み出しつつあります。

三者三様のスタイルで展開された彼らの滞在の様子は、今後、詳しくレポートしていきます。

同じカテゴリの記事

ベネッセハウス お客様の声(2020年12月~2021年1月)

2021.02.25

ベネッセハウス お客様の声(2020年12月~2021年1月)

世界が大きな危機に直面した2020年。直島はいつもより静かな年末年始を迎えました。「benes…

続きを読む
直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想をご紹介します。

2021.01.25

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想をご紹介します。

実際に入浴することができる直島銭湯「I♥湯」。来島者の方はもちろん、島民の方々も利用されていま…

続きを読む
島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関…

続きを読む
ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではな…

続きを読む
李禹煥美術館 アーティストトーク――他者との対話

2020.12.11

李禹煥美術館 アーティストトーク――他者との対話

新しい価値観の枠組みに転換しつつある現在において、世界各地で活躍する李氏は世界といかに向き合っ…

続きを読む
ベネッセハウス お客様の声(2020年10月)

2020.11.27

ベネッセハウス お客様の声(2020年10月)

秋も深まり、ゆっくりとアート鑑賞をしていただくのに適した季節となりました。 ベネッセハウスでは…

続きを読む

カテゴリ検索