アートと暮らす島々へ。

ある日、島の桟橋に
大きなかぼちゃがあらわれた。

どこにもあるような桟橋が、
どこにもない風景に生まれ変わった。

遠い街から、遠い国から
たくさんの人々が訪れるようになり、
島の風景も大きく変わり・・・

ここは、世界にも類のない
アートと島の物語が生まれる場所。
あなた自身の目で、心で、
物語のつづきをご覧ください。

島での過ごしかた

アートを巡る

浜辺や桟橋、小高い丘から、町の中心まで。
島のさまざまな場所にアートや美術館が点在し、
ここでしか得られない特別な体験を提供しています。

島時間をたのしむ

朝の光とともに目覚め、心ゆくまでアートや自然、
島民や自分と対話し、眠りにつく。美術館だけじゃない、
島の魅力を体感いただくための宿泊施設をご紹介します。

島々の最新レポート

椹木野衣 特別連載
第5回「生きるためのアートの力」

17枚の絵で表現された犬島の自然と人々の暮らし
――「Yellow Flower Dream」

杉本博司はなぜ「護王神社」に石室をつくったのか?

寄稿「『旅する茶室』を追いかけて」山本憲資

“究極のコラージュ作品”
「針工場」の船型が逆さまに置かれた理由とは?

一覧へ