ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

豊島八百万ラボでは、瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期の間、毎週土曜日に小学生を対象とした夏休み限定のプログラム「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を開催しました。

ワークショップは、豊島八百万ラボで公開されているスプツニ子!の映像作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」にちなんで、豊島八百万ラボ周辺に生育する植物の葉や種を使いカイコのまゆの草木染めを行うというもの。参加した児童たちは身近な植物からカイコのまゆがどんな色に染まるのか予想を立て、観察を行いました。今回の記事では、8月24日(土)に行われたワークショップの様子をお伝えいたします。

photo20191205_01.JPG

この日は豊島島外から訪れた親子3組、計9名がワークショップに参加されました。初めに、参加者は豊島八百万ラボの敷地内にある植物の中から色を取り出してみたいものを選んで採集します。コナラやヤツデ、赤じその葉など、敷地内の気になる植物をたくさん見つけて集めてきた児童たち。真っ白なカイコのまゆは、果たしてどんな色に染まるのでしょうか。児童たちは植物をしっかり観察し、染まる色を予想してワークシートに記入します。

photo20191205_02.JPG

いよいよ実験のはじまりです。集めた植物を小さくちぎり、袋に詰めます。そしてお湯の入ったガラス瓶に浸し、10分間湯煎します。すると、透明だった水に少しずつ色が付き始めました。みょうばんで媒染したカイコのまゆをガラス瓶の中に加え、さらに煮つめていきます。まゆが予想どおりの色に染まっているか、児童たちは期待した表情で見守っていました。

photo20191205_03.JPG

10分後、ガラス瓶に入れたまゆを取り出します。紫色をした赤じその染液に浸したまゆが緑色に染まっていることが分かると、児童たちだけでなく保護者たちからも「え~!」と驚きの歓声が上がりました。不思議なものを目の当たりにすると、大人も子どもも好奇心で目がキラキラと輝きます。

photo20191205_04.JPG

染液から取り出してみるとまゆはまた違った色合いを見せます。まゆを手に取り、色の違いをよく見てみたり、香りを調べてみたり、児童たちはまゆの変化を熱心に観察していました。予想との違いや観察して気づいたことは、ひとつひとつワークシートに書き出していきます。

photo20191205_05.JPG

実験の合間には、豊島八百万ラボで飼育しているカイコの生態についてもスタッフから説明がありました。カイコの幼虫がまゆの中でサナギへと成長するというお話に児童たちは興味津々。映像作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」にも出てくる遺伝子組換えカイコの説明は小学生には難しかったかもしれませんが、保護者たちはスプツニ子!の作品が単なるフィクションではなく最先端の生物工学に基づいていることを知り、一様に驚いた表情をしていました。

カイコのまゆの草木ぞめワークショップを通して、児童たちだけでなく保護者たちにとっても、豊島八百万ラボや映像作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」を少し身近に感じてもらえるきっかけになったようです。児童たちは、自分で選んだ植物で草木染めしたカイコのまゆを大事そうに手に持って豊島八百万ラボを後にしました。今回のワークショップが、参加者にとって夏の楽しい思い出のひとつになったことでしょう。

ブログ記事ー一覧

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人
寄稿

2020.12.21

寄稿「二つの出あい、島々で」大西 若人

人やモノとの出あいには、2種類ある。新鮮な出あいと、懐かしい出あいだ。 今という時代を鮮やかに切り取る現代美術を見る場合、当然のことながら、前者が多い。誰もが、新鮮な出あいを求めて、現代美術を見にゆくといってもいい。 ただ、例外もある。「大地の芸術祭」や「瀬戸内国際芸術祭」といった里山や島々で開催される芸術祭もその一つといえるだろう。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム