2021年4月24日(土) 小豆島・福田のものがたりを影絵で上演!
福田うみやまこばなし上演

福田うみやまこばなし

福武ハウスでは、これからもより多くの人に福田の色鮮やかな記憶をものがたりで届け、地域の魅力を伝え続けていく取り組みとして、地域の様々なエピソードをもとに作り上げた影絵「福田うみやまこばなし」を上演します。

制作にあたり、影絵師の川村亘平斎氏と福田の親子14名が福田地区のお年寄りにインタビューを行い、口伝、噂話、人々の記憶を辿り、町中に聴こえていたノミを叩く「石工の音」や、浜に干されていた「いりこ」、目の見えない人が訪れた「メノウの洞窟」など、かつて集落にあった鮮やかなエピソードを集めました。

豊かな自然に囲まれながら、土地とものがたりの魅力に直接触れ、ぜひ影絵をご覧いただけたらと思います。

【イベント詳細】
影絵タイトル:福田うみやまこばなし
日時:2021年4月24日(土)18:00-19:00(17:30開場)
会場:福武ハウス [〒761-4402 香川県小豆郡小豆島町福田 甲718-1]
影絵制作:川村亘平斎(影絵師・音楽家)
音楽:石田多朗(作曲家・プロデューサー)、オオルタイチ(音楽家)
定員:100名 ※事前予約制
鑑賞料金:無料
主催:公益財団法人 福武財団

※4月23日~25日の期間、福武ハウス アジアギャラリーを開館します。詳細は福武ハウス ウェブサイトをご覧ください。

※新型コロナウィルスの感染防止対策のため、室内の換気、手指の消毒、検温、マスク着用等のお願いをしています。ご協力ください。またイベントの内容が変更・延期になる場合があります。予めご了承ください。

福田うみやまこばなしについては、下記ブログ記事でもご紹介しています。
コロナ禍における福武ハウスの挑戦――地域でアートプロジェクトを続けることの可能性
小豆島の小さな集落の記憶、福田のものがたりを「影絵」で届けたい

出演者プロフィール

川村 亘平斎
Photo:熊谷直子

川村 亘平斎【影絵師・音楽家】

1980年、東京生まれ。インドネシア共和国・バリ島に2年間滞在し、影絵人形芝居【ワヤン・クリット】と伝統打楽器【ガムラン】を学ぶ。世界各国で影絵と音楽のパフォーマンスを発表。日本各地でフィールドワークやワークショップを行い、土地に残る物語を影絵作品として再生させる活動が高く評価されている。絵本【おそなえきのみ】(`18)、シネマ歌舞伎「The DOGGY's LOOK」影絵演出(`19) NHK Eテレ「こころの時代」影絵演出('20)ほか、切り絵イラストやCMへの楽曲提供など幅広く活動している。ガムランを使った音楽ユニット【滞空時間】主宰。平成28年度第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞。
https://www.kawamurakoheysai.com/

石田多朗【作曲家・プロデューサー】

石田多朗【作曲家・プロデューサー】

東京藝術大学音楽学部在学中より森美術館、ポンピドゥーセンター、伊東豊雄建築ミュージアム、東京都美術館での展覧会、またユニクロをはじめとした企業広告等、環境や映像のための音楽を制作。2016年、日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』の音楽を担当。2017年よりNHK福島復興プロジェクト『はるか』にて音楽監督を担当。2017年東京都庭園美術館「ブラジル先住民族の椅子展」にて楽琵琶のための「あそび」 を発表。2019年株式会社Drifterを設立。2020年よりアーティスト活動を開始。2021年オオルタイチとの雅楽企画『どんぶらこ』を開始し、春には初のオリジナル作品『ドリフターズ』を発表予定。
https://www.taroishida.com/

オオルタイチ
Photo:佐伯慎亮

オオルタイチ【音楽家】

1979年奈良県三宅町に生まれる。『漂流する内的民俗』をキーワードに1999年よりオオルタイチとして活動を開始。 電子音と非言語の歌が融合した音楽を展開する。Tyrannosaurus Rex, Puzzle Punks, Aphex Twin等に影響を受けながら、当初は即興演奏を軸に楽曲制作を行っていたが、 90'ダンスホールレゲエとの出会いによりトラック制作を本格的に開始。かねてから衝動的な即興表現として用いられていた声の要素はパトワ語の響きに触発され、さらに歌のようなものへと変化を遂げ、現在のスタイルへと発展した。
国内に留まらず海外での活動も精力的に行う。2012年Japan Society(ニューヨーク)での単独イベント開催、2017年The Broad(ロサンゼルス)で開催された"Summer Happening"への出演をはじめヨーロッパ、アメリカ、韓国、香港、台湾な ど各地のイベントから招聘を受けツアーや公演を行う。2014年にはUSレーベルMATADOR傘下より2ndアルバム『Drifting my folklore』がライセンスリリースされた。
ソロ名義の他、バンド"ウリチパン郡"やYTAMOとの"ゆうき"などでも活動。2019年より水曜日のカンパネラのフロントマン・コムアイとのユニット"YAKUSHIMA TREASURE"が本格的に始動。また2020年NHK総合で放映されたアニメ「映像研には手を出すな!」では劇伴音楽を担当するなど活動は多岐にわたる。
http://okimirecords.com/

お問い合わせ:
福武ハウス 0879-62-9301(担当:神谷・李)