ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

直島コメづくりプロジェクト連載 ―2
これまでの歩み

直島コメづくりプロジェクトは、直島町積浦地区に広がる休耕田・積浦田園を舞台としたアートプロジェクトです。2006年に行われた展覧会「直島スタンダード 2」に関連して企画し、荒れ果てた土地を再び耕し始め、途絶えつつあった直島のコメづくりを復活させました。

町役場や家プロジェクトなどがある本村地区から、つつじ荘やベネッセハウスのある島の南東部へ抜ける県道沿いに、私たちの耕す田んぼはあります。このあたりは、かつて"積浦千軒"と呼ばれ、島の一大穀倉地帯でした。しかし、暮らしの変化や高齢化など様々な要因が重なり、1970年ごろを境に、その多くが耕作放棄地となっていきました。プロジェクトが始まる頃には、大人の背丈をゆうに超える雑草が生い茂り、大きな木まで生えているような土地となっていました。

kome_2_2.jpg
プロジェクト発足当初の積浦田園の様子。荒廃していた田の草を刈る作業からプロジェクトは始まった

「日常を支える生活基盤を『文化』の視点から見直し、芸術活動によって再構築していく」という「直島スタンダード 2」のコンセプトのもと、目の前に広がる耕作放棄地を開墾し、作物を育てることで、私たちの足元を支える土地、大地というものをもう一度考える――。それこそが本質的な創造行為となるのではないかと考え、ベネッセアートサイト直島のプロジェクトとして、福武財団が主催するかたちで、このプロジェクトは始まりました。

しかし、私たちがコメづくりに取り組むその道のりは、出だしから困難の連続。農家でない組織が土地を借りることは当時の法制度では制限されており、何よりも荒れ地を切り開き、作物を栽培管理していくとなるとハードルはなお一層高いものです。土地をお借りした地主さんからは「できんと思うよ」と心配されつつも、2006年は3反の田んぼに苗を植えるところから始まりました。地主さんは、しばらくコメづくりからは離れていたから教えられることがあるだろうかと言いつつも、体が覚えているとノウハウの一つ一つを授けてくださったり、昔使っていた機械も貸していただいたりと、地域の方が見守り支えてくださったことは大変心強いことでした。

ぜひ続けてほしいという地域の皆さんからの後押しもあり、2年目以降も継続してコメづくりに励むことに。次第に耕作面積を拡大し、お米の食味もだんだんと改善していきました。2009年には販売も開始し、島内の飲食店ではこのお米と、それに加えてのちに開墾した畑で採れた野菜の提供も始めました。安定して収穫できるようになった後は、面積拡大による負担の増大や島内流通のやりくりに苦心したり、スタッフの入れ替わりにより技術技能が継承しづらいなど、続けていくことにおいては発足当初とはまた違った苦労があります。しかし、効率とは別のところに価値を見出してきたからこそ、ベネッセアートサイト直島の中の重要な活動として捉え、活動を続けてきた経緯があります。

小出来でもいいから、ずっと続けてほしい――。そう島の人は仰います。積浦の田園は、景観として際立って人をひきつけるようなものではないかもしれないし、平野に整然と区画整理された田んぼのように多くの収穫を生み出すことができるわけでもありません。しかしかつてはたしかに島の穀倉地帯であり、ここに暮らした人たちの生きる場でした。コメが次第に作られなくなり、すっかりいなくなっていたカエルの鳴き声も、田んぼがはじまるとまた聞こえるようになり、初夏には水鳥がやってきて、秋には黄金色の稲穂がたなびきスズメが集まる、そうした季節感が戻ってきました。島の人たちが散歩がてら田んぼを眺め、今年の田んぼはどうだろうかと訊いてくださることは私たちの励みです。人々の日常の関心に入り込んでいくという意味では、この活動は良質なアート作品に勝るとも劣らない可能性を持っているのかもしれません。

直島コメづくりプロジェクトでは、一年を通じてコメづくりの文化を体験するイベント「コメの体験」を年3回開催しており、春に開催する「田植え」、秋の「稲刈り」、そして年末には育てたお米を使って「おもちつき」を直島町民の方々とともに実施しています。

今年も、6月の「田植え」を皮切りに、12年目のコメづくりが始まります。

次回の連載では、この直島コメづくりプロジェクトを通じた、地域社会との関わりの様子について、お伝えします。

ストーリー一覧

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

2019.12.06

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

豊島八百万ラボでは、瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期の間、毎週土曜日に小学生を対象とした夏休み限定のプログラム「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を開催しました。今回の記事では、8月24日(土)に行われたワークショップの様子をお伝えいたします。記事を読む

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

2019.11.07

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

ベネッセハウス パークの開館に合わせて展示された「バラ」(2006)のメンテナンスのために、作家・須田悦弘さんが直島にご来島されました。作家本人によるメンテナンスの他、その前日にはベネッセアートサイト直島スタッフを対象としたトークイベントなど、須田さんが来訪した2日間をご紹介します。記事を読む

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

2019.10.25

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

瀬戸内国際芸術祭2019開幕直前の2019年4月24日、The Naoshima Plan 2019「水」の直島島民に向けたお披露目会が開かれました。開催記念式典では、瀬戸内国際芸術祭 総合プロデューサーの福武總一郎(ベネッセアートサイト直島代表)が集まった直島島民の方々に対して挨拶を述べました。記事を読む

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

2019.10.07

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

瀬戸内国際芸術祭2019開幕初日の4月26日、インドネシアの現代アート界を代表する、国際的に活躍しているアーティストの一人であるヘリ・ドノ氏を迎えてトーク・イベントを福武ハウスの展示スペースにて行いました。イベントに参加した大学生ら15名は、アーティストの話に熱心に耳を傾けました。記事を読む

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が<br>宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

2019.09.28

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が
宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が幕開けした2019年9月28日(土)、1930年代から2000年初頭まで瀬戸内を撮影し続けた写真家・緑川洋一さんについて調査し、展示した≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が宮浦ギャラリー六区にオープンしました。記事を読む

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

2019.09.28

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日よりスタートしました。芸術祭の会場となっている直島、豊島、犬島もたくさんのお客さまが来島されており、直島の宮浦港では、フェリーの乗船の多い時間帯の到着・発着に合わせて横断幕を持ってお客さまのお出迎え・お見送りを行っています。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス