ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

直島コメづくりプロジェクト

直島コメづくりプロジェクトは、直島町積浦地区に広がる休耕田・積浦田園を舞台としたアートプロジェクトです。2006年に行われた展覧会「直島スタンダード 2」に関連して企画し、荒れ果てた土地を再び耕し始め、途絶えつつあった直島のコメづくりを復活させました。お米を収穫するだけでなく、知識や感覚を学び、実作業を通して暮らしや生き方を考え、島の文化を見つめなおす――。そのようなきっかけの場となることを目指しています。直島コメづくりプロジェクトでは、一年を通じてコメづくりの文化を体験するイベント「コメの体験」を年3回開催しており、春に開催する「田植え」、秋の「稲刈り」、そして年末には育てたお米を使って「おもちつき」を実施しています。

直島の積浦地区は、昔は山手の奥まで田んぼが広がっていましたが、近代化が進むにつれ、次第に休耕田が増えていき、コメづくりによる共同作業の場もなくなっていきました。「コメの体験」では、田んぼの土や苗の感触を全身で味わいながら、コメづくりを知る世代から若者や子供たちへと、コメづくりの文化を伝え、人と自然との繋がりを感じ、積浦でのコメづくりについて考えていきます。年3回の「コメの体験」にすべて参加された方には、「コメの体験」で育てた直島米を差し上げています。

kome_1.jpg

直島コメづくりプロジェクト 2018 開催概要

今年も、6月に「田植え」、10月に「稲刈り」、12月に「おもちつき」を実施します。
一般の方のご参加も可能です。なお、いずれも事前申込みをお願いしておりますので、下記申込みフォームよりお申込みをお願いします。ご参加、お待ちしております。

第1回コメの体験「田植え」

開催概要
開催日時:2018年6月24日(日)10:00~13:00 ※荒天の場合は6月30日(土)に延期
会場:直島町積浦地区 坪の奥の田んぼ(直島町営バス「天皇下」下車 徒歩5分)
参加費:300円(保険代として) ※15歳以下無料
定員:100名
主催:公益財団法人 福武財団
協力:直島町農業委員会、積浦フラワーグループ
申込締切:6月17日(日)

※こちらのイベントは終了しました。

第2回コメの体験「稲刈り」

2018年10月

第3回コメの体験「おもちつき」

2018年12月

※年3回のコメの体験すべてに参加された方には、コメの体験で育てた直島米を差し上げます。

●お問い合わせ先
福武財団(087-892-3754/10:00~17:00 ※地中美術館 休館日除く)

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス
直島・地中美術館は予約制(オンラインチケット制)に移行しました。ご購入はこちら