ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

自然の中に身を置きながら、新たなくらし方を考える
「犬島 くらしの植物園」

犬島は、歩いて1時間ほどで一周できる小さな島。現在、50人ほどが暮らしています。島に住む人の多くは、家のそばに畑を持って野菜を育てながら生活し、畑に一緒に植えられた花々は路地に彩を与えています。周囲3.6㎞という島のスケールは、人と自然の関係をよりシンプルなものにし、穏やかで美しい日常が流れる中で、ヒューマン・スケール、人が人らしくあることを感じさせます。

犬島では、2010年から、犬島「家プロジェクト」が始まっています。犬島の集落に「日常の中の美しい風景や作品の向こうに広がる身近な自然を感じられるように」との願いを込め、企画展示を目的として、現在集落内には建築家・妹島和世により設計されたギャラリーが5つ点在しています。

lifegarden_1.jpg

その延長上に位置づく新たな試みとして、昨年春より、妹島和世による「犬島ランドスケーププロジェクト」が始動しました。犬島全体をひとつのランドスケープ、建築として考え、島民や各地から訪れた多くの人の手を通じてひとつの環境を作り、自然と社会の関係性を考えながら、ゆっくり滞在できる時間と場所の創出を進めていきます。

犬島の西側に位置する、長く使われていなかったガラスハウスを中心とした約4,500㎡の土地を再生し、犬島の風土や文化に根ざした庭園・植物園として蘇らせる「犬島 くらしの植物園」は、このプロジェクトの1つ目の施設。

lifegarden_2.jpg
提供:妹島和世建築設計事務所

「植物とともにくらす歓び」をテーマに、自然の中に身を置きながら、食べ物からエネルギーに至るまで自給自足的な営みを行う「新しいくらし方」を、犬島のランドスケープにおいて考えていきます。完成された場として公開するのではなく、制作プロセスに多くの来訪者に参加してもらいながら、「くらし方」についてともに考え、長い期間をかけて作り上げていく植物園です。

今後、植物園を中心とした循環システムをつくり、自然エネルギーの力やバイオジオフィルターなどの浄化システムを活用しながら、犬島に息づく「くらし」を活かしたサステナブルな場所として、それらを体感・体験できる場づくりをしていきます。

lifegarden_3_1.jpg

この植物園を、妹島和世とともに共同企画し運営を担うのは、「明るい部屋」。フラワーデザイナー・木咲豊とコミュニティガーデンプランナー・橋詰敦夫によるユニットです。2005年から東京都品川区に店舗を構えて活動されていましたが、今回の「犬島ランドスケーププロジェクト」の始動を機に、犬島に拠点を移し、「犬島 くらしの植物園」の運営をしながら、まさに「新しいくらし方」を日々犬島で模索し実践されています。

lifegarden_4.jpg
「明るい部屋」の木咲豊さん(左)、橋詰敦夫さん(右)。もともと、犬島「家プロジェクト」のI邸のガーデンプランを担当していたことから、今回の犬島移住につながった。

10月8日(土)からスタートした瀬戸内国際芸術祭2016秋会期中、「犬島 くらしの植物園」では、連続的にワークショップを開催しています。

lifegarden_5.jpg
ハーブガーデンをつくるワークショップ
lifegarden_8.jpg
全国で雑草教室を開催する、かわしまようこさんを迎えて行われた、野草を食べるワークショップ

今後開催予定のワークショップの概要は、こちらからご覧ください。また、「犬島 くらしの植物園」の制作プロセスは、明るい部屋のfacebookページでもご覧いただけます。

犬島ではこれまで、2008年に「犬島精錬所美術館」が開館し、2010年からは犬島「家プロジェクト」が展開され、多くの人が島を訪れています。そうした時間の流れの中で、島の中には新たにカフェができたり、移住や中長期滞在をする方が出てきたり、今夏にはパフォーミングアーツの公演が行われるなど、人の流れの変化により、今、犬島にはこれまでにない動きが生まれつつあります。

今後の犬島の展開に、ぜひご期待ください。

ストーリー一覧

アート施設休館中の清掃活動

2020.05.08

アート施設休館中の清掃活動

ベネッセアートサイト直島では、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年4月10日(金)からベネッセハウスを含めた全アート施設を臨時休館とさせていただいています。施設の再開の際に来島者のみなさまをよりきれいな状態でお迎えできるよう、この休館期間を利用して、美術館やホテルのスタッフが島民の方々と一緒に地域清掃を行っています。記事を読む

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

2020.03.11

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

豊島八百万ラボでの最初の作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」は2016年3月の公開から約4年間に渡り展示されてきましたが、2020年2月11日(火)をもって公開を終了しました。同日、豊島の甲生集会所にて、スプツニ子!さんと作品のキュレーションを務めた長谷川祐子さんを迎えたトークイベントが行われました。今回の記事では、当日のイベントの模様をお伝えします。記事を読む

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

2020.02.07

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

ベネッセアートサイト直島のWebサイトでは、2019年10月から11月の間、豊島八百万ラボを訪れて体験した「縁」に関するエピソードを募集しました。恋愛に限らず豊島での人との出会いなどさまざまなエピソードが国内外のみなさまから寄せられた中、特に印象深い内容だったのが、ニックネームtaaさんから投稿いただいたエピソードです。記事を読む

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

2020.02.04

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

ベネッセハウスの客室には美術作品が展示されており、宿泊者は非常に間近で、自分のペースで作品と向き合うことができます。またいくつかの客室には、アーティストがその部屋のために現地で制作した作品があります。記事を読む

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

2019.12.30

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

瀬戸内国際芸術祭の会期限定で営業する福田アジア食堂を運営しているのは、小豆島町・福田地区のおかあさんたちを中心としたメンバーです。今回の記事では、厨房スタッフの方と、食材の調達を担当する松本実さんに、地元の福田アジア食堂の運営に携わる思いを語っていただきました。記事を読む

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

2019.12.06

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

豊島八百万ラボでは、瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期の間、毎週土曜日に小学生を対象とした夏休み限定のプログラム「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を開催しました。今回の記事では、8月24日(土)に行われたワークショップの様子をお伝えいたします。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス
教育プログラム