ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

夏会期から新たに公開された、
クリスチャン・ボルタンスキー「ささやきの森」

瀬戸内国際芸術祭2016夏会期がスタートした7月18日、豊島に新たに、クリスチャン・ボルタンスキーによる「ささやきの森」が公開されました。

murmures_1.jpg

豊島・檀山の中腹にあたる森林の中、400個の風鈴が風に揺れ動き、静かな音を奏でるインスタレーション。風鈴の短冊には、これまでに訪れた方の「大切な人」の名前が記されています。風になびく音は魂の神秘性を思わせ、無名の個人を記憶に留め、人間存在の強さや儚さを表現します。鑑賞者は、新たに自分の大切な人の名前を残すことができます。

人間の生と死をテーマに作品をつくり続ける、クリスチャン・ボルタンスキー。人々が生きた証として心臓音を収集するプロジェクトを2008年から展開しており、これまで氏が集めた世界中の人々の心臓音を恒久的に保存し、それらの心臓音を聴くことができる施設として、2010年、豊島の唐櫃浜に「心臓音のアーカイブ」が開館しています。作家は、今回新たに公開する「ささやきの森」を、「心臓音のアーカイブ」と補い合うものと位置付け、豊島に新たな巡礼の地をつくりたいとの思いのもと、本作品を構想しました。作品が設置されている場所は、作家の意向通り、ほとんど手を入れられることなく、元あったままの姿で鑑賞者を迎えます。

公開に先立ち、作品が設置される豊島に住む方々に「大切な人」の名前を残していただこうと、7月2日に島民登録会が行われました。

murmures_2.jpg
家浦、唐櫃、甲生の地区ごとに開催された豊島島民登録会で名前を記す島の方々(写真は唐櫃での登録会の様子)

登録は、ひとりにつき一枚限り。登録できる「大切な人」は一人です。
真っ先にお子さんの顔を浮かべる方、ご夫婦でお名前を書きあう方、ご家族以外のかけがえのない方のお名前をお書きになる方。それぞれに思う、一人の人から別の一人の人に込める、一対一の「思い」があります。登録されるお名前は、生死は問いません。作家の認識としては、「魂としては、生きている人も死んでいる人も変わらない」。生きている期間はわずかでありながらも、亡くなった後、魂はずっと残り続けます。登録されたお名前が刻まれた風鈴の音が、その人の魂の象徴として森の中に響きます。

鑑賞者は、現地で自分の大切な人の名前を登録することができ、後日、名前は書かれた文字のまま短冊(プレート)に刻まれ、作品の一部となって風に揺れ動き始めます。

murmures_3.jpg
登録当日にお持ち帰りいただける登録証

公開初日となる7月18日、来日したクリスチャン・ボルタンスキー本人による、アーティストトークが行われました。作品コンセプトから、作品と自然との関係性や、「巡礼」というキーワードについて、さらには作家が表現を考えるうえでの根本についても触れるトークとなりました。トークの内容は、こちらからご覧いただけます。ぜひあわせてご覧ください。

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの<br>―

2017.03.03

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの
―"分からなさ"を受け入れるということ―

2010年に直島の倉浦に開館した李禹煥美術館。李氏自身の言葉を通して改めて美術館での体験を掘り下げるべく、今年1月、直島にてアーティストトークを開催しました。記事を読む

マイケル・ガヴァン氏(LACMA CEO、ウォリス・アーネンバーグ・ディレクター)による講演会を開催しました。

2017.02.15

マイケル・ガヴァン氏(LACMA CEO、ウォリス・アーネンバーグ・ディレクター)による講演会を開催しました。

ベネッセアートサイト直島で作品を公開している作家、ウォルター・デ・マリアやジェームズ・タレルらの活動に詳しいマイケル・ガヴァン氏を迎え、昨秋、直島にて講演会を開催しました。記事を読む

直島ホールが、Wallpaper* Design Awards 2017にてBest new public building部門最高賞を受賞

2017.02.10

直島ホールが、Wallpaper* Design Awards 2017にてBest new public building部門最高賞を受賞

建築家・三分一博志の設計により、2015年11月に直島・本村地区に竣工した直島ホールが、雑誌・Wallpaper*主催のDesign Awards 2017、Best new public building部門にて最高賞を受賞されました。記事を読む

モネ モーニング・トーク<br>―朝陽で見つめる『睡蓮』と画家の愛したスイーツ―

2016.12.22

モネ モーニング・トーク
―朝陽で見つめる『睡蓮』と画家の愛したスイーツ―

地中美術館に作品を展示している作家の一人、クロード・モネは、ガーデニングに興味を持ち、畑で野菜を育てたり様々な料理に関心を寄せるなど、食に対しての意識も高かったと言われています。印象派を中心にアートを食という切り口から紹介されているキュレーターの林綾野氏をお迎えし、年明け2017年2月12日(日)に、地中美術館のクロード・モネ室にて実際に鑑賞しながらモネの生涯や制作活動についてのお話を伺うアートと食の鑑賞ツアーを開催します。記事を読む

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

2016.12.20

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号の特集は、2016年10月8日に豊島・硯地区に開館した「豊島シーウォールハウス」で展示されているアンリ・サラ作品について取り上げます。記事を読む

犬島「家プロジェクト」I邸 「Self-loop」<br>オラファー・エリアソン インタビュー

2016.12.14

犬島「家プロジェクト」I邸 「Self-loop」
オラファー・エリアソン インタビュー

瀬戸内国際芸術祭2016秋会期を機に、2016年9月から犬島「家プロジェクト」I邸にて公開されている、オラファー・エリアソンよる「Self-loop」。 作品の設置に合わせて犬島を訪れたオラファー・エリアソンに、犬島を訪れる鑑賞者への思い、自身の作品を通して触れた犬島についてお話を伺いました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス