ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2016年4月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2016年4月号の特集は、直島町とベネッセアートサイト直島を建築の歴史から振り返る「直島建築クロニクル――人とまちの〈これから〉を形にしていく」です。

nn201604_cover.PNG

直島では、三宅親連町長(故人)が掲げた「自立する町づくり」という考え方を軸に、1970年代以降、国内外で活躍する建築家による約20点の建築がつくられてきました。その建築にたずさわった方々、現在、日常生活の中でそれらの建築に触れられている人々の声を交えて、年表形式で追っていきます。この数年の直島の建築の動きとしては、2015年12月に完成した新しい町民会館「直島ホール」、そして直島の町制60周年の記念に整備された「桜の迷宮」です。それぞれにたずさわった建築家の三分一博志さん、安藤忠雄さん、そして直島町 濵中満町長よりメッセージを込めたテキストをお寄せいただきました。

瀬戸内国際芸術祭2016の春・夏会期において、直島では2つの企画展を開催しています
一つは施主や建築家が「建築」を通して描いていた直島の"未来"について再考する「直島建築―NAOSHIMA BRUEPRINT」。もう一つは三分一博志によって直島に新たに誕生した「直島ホール」と個人住宅「直島の家――またべえ」のコンセプトを紹介する「The Naoshima Plan―三分一博志」です。次の展示期間は夏会期となりますが(※ただし会期外のGW連休4/29-5/5は開館)、ぜひその前の予習として、お読みいただけると嬉しいです。

連載「島の人」では、犬島の次田智惠子さんにお話を伺いました。犬島精錬所美術館の「サンギャラリー」を出たところで、彼女は来館者に様々なお話をされています。彼女が生まれたとき、既に閉鎖されていた銅製錬所。そこの跡地で遊んだことなどを交えながら、開館時から8年近くもお話を続けていらっしゃいます。なぜ、彼女が犬島を語り続けるのか。その理由に触れるインタビューとなりました。

誌面は、電子版で公開中です。

ストーリー一覧

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

2019.09.02

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、島のお母さんたちのコミュニティ「かめだや」の岩永さんと矢麦さんが、豊島を巡る人に向けて島で採れたフルーツや、島のフルーツを使ったジェラート、ジャムなどの販売を行っています。記事を読む

パフォーマンスイベント「デジャヴ―生きている遺産」が開催されました

2019.08.20

パフォーマンスイベント「デジャヴ―生きている遺産」が開催されました

2019年7月21日(日)、パフォーマンスイベント「デジャヴ―生きている遺産」が小豆島・福田地区の福武ハウスにて開催されました。会場では香港、台湾、インドネシア、タイのアーティストが固有の文化背景を投影したパフォーマンスを繰り広げ、約300名の来場者が集まり賑やかなイベントとなりました。記事を読む

犬島「家プロジェクト」C邸 新作の<br>島内お披露目会が行われました

2019.07.30

犬島「家プロジェクト」C邸 新作の
島内お披露目会が行われました

2019年7月18日(木)、犬島「家プロジェクト」C邸の新作の島内お披露目会が開催され、完成したばかりの作品「無題(C邸の花)」について、アーティスト・半田真規氏が犬島島民に向けて紹介しました。記事を読む

「豊島シーウォールハウス」新展示公開と<br>2019年11月4日のフィナーレに寄せて

2019.07.23

「豊島シーウォールハウス」新展示公開と
2019年11月4日のフィナーレに寄せて

今回のストーリーでは2019年11月4日をもってフィナーレを迎え、閉館する豊島シーウォールハウスについて、その初期展示を振り返るとともに、2019年春に行われた展示替えについてご紹介します。記事を読む

李禹煥美術館 新作「無限門」の<br>直島町民お披露目会が開催されました

2019.07.19

李禹煥美術館 新作「無限門」の
直島町民お披露目会が開催されました

アーティスト・李禹煥氏による彫刻作品「無限門」(2019年)の一般公開に先立ち、直島町民向けのお披露目会が2019年7月17日(水)に李禹煥美術館の広場エリアにて開催されました。記事を読む

直島に受け継がれる豊かさ、美しさを今に伝える<br>The Naoshima Plan 2019「水」<br>三分一 博志

2019.07.19

直島に受け継がれる豊かさ、美しさを今に伝える
The Naoshima Plan 2019「水」
三分一 博志

直島の本村集落の中心に建つ、築約200年の旧家。古くは郵便局として島民に親しまれてきたこの建物は、瀬戸内国際芸術祭2019の期間中、来島者と島民との憩いの場となっています。建物の改築を手がけた建築家・三分一博志氏は、「The Naoshima Plan」を2011年から展開してきました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス