ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

直島建築+The Naoshima Plan

kenchikuten_main.jpg

「地域に活きる建築」の在り方を見つめ直す

瀬戸内海に浮かぶ直島では、石井和紘、安藤忠雄、SANAA、三分一博志、藤本壮介、といった国内外で活躍してきた建築家の作品が、島の風景と調和し、世界中から注目を集めています。

人口約3,100人、周囲約16kmという小さな島にもかかわらず、1970年以降、現在に至るまで日本内外で活躍してきた建築家によって約20の建築が手がけられてきました。

瀬戸内国際芸術祭2016では、施主や建築家たちが建築を通して直島の各時代に描いてきた"未来"を見つめなおす「直島建築」、三分一博志によって直島に新たに誕生した2つの建築の根底にあるプランをひもとく「The Naoshima Plan」、2つの展覧会を通して直島建築の成り立ちを紹介します。

なお、本展覧会開催に際し、ギャラリートークガイドツアーシンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

直島建築 ― NAOSHIMA BLUEPRINT

naoshimakenchiku_main.jpg

直島の各時代の建築を通して見えてくるのは、離島というハンデを跳ね返して自立しようとする町づくり構想、島の子供たちの未来を第一に考えた教育への思い、美しい瀬戸内海とそこから社会へと向けるまなざし、島の風土と向き合う営みのかたち。それらを具現化してきた人たちの意志とその軌跡です。タイトルの「BLUEPRINT」とは、建築を作る過程で用いられる設計図の複写「青図」であると同時に、未来の構想を意味する「青写真」も意味します。本展では、長年にわたって直島で描かれてきた「未来」を、建築を通して見つめ直します。

主催:公益財団法人 福武財団
展示監修:槻橋修
制作協力:神戸大学槻橋研究室/友渕貴之/ティーハウス建築設計事務所
後援:直島町


The Naoshima Plan ― 三分一博志

Naoshima Hall.jpg

2015年、三分一博志により、「直島ホール」と個人住宅「直島の家-またべえ-」が誕生しました。この2つの建築には、同じコンセプト「The Naoshima Plan」が根底にあります。三分一は設計にあたって本村の集落に通い、周辺の風や水・太陽の動きを2年半かけて調査しました。そこから見えてきたものは、中世から脈々と受け継がれている、自然に寄り添った本村のまちなみと暮らしの在り方でした。本展では、こうした島の価値が再認識され、次世代に継承・展開されていくことを目指し、「The Naoshima Plan」を紹介します。

主催:公益財団法人 福武財団/直島町
展示監修:三分一博志建築設計事務所/千代章一郎
制作協力:広島大学千代章一郎研究室
協力:TOTOギャラリー・間
協賛:セントラル硝子株式会社/広島西部木材振興協同組合


―開催概要―

開催期間:
2016年3月20日 ~ 4月17日(瀬戸内国際芸術祭2016 春会期)
2016年7月18日 ~ 9月4日(瀬戸内国際芸術祭2016 夏会期)
※瀬戸内国際芸術祭2016会期外も、ゴールデンウィーク(4/29~5/5)は開館。ただし瀬戸内国際芸術祭2016「作品鑑賞パスポート」は使用できません。

開館時間:
10:00~16:00

休館日:
月曜日
※ただし、祝日の場合開館、翌日休館

鑑賞料:
直島建築 ― NAOSHIMA BLUEPRINT | 300円(15歳以下無料)※瀬戸内国際芸術祭2016「作品鑑賞パスポート」で鑑賞できます。
The Naoshima Plan ― 三分一博志 | 無料

会場:
直島建築 ― NAOSHIMA BLUEPRINT | 旧青木衣料品店(直島町本村757)
The Naoshima Plan ― 三分一博志 | 直島ホール(直島町本村696-1)

kenchikutenmap.jpg※直島島内地図はこちらをご覧ください。


お問い合わせ先:
瀬戸内国際芸術祭総合インフォメーションセンター(電話:087-813-2244)

[ 直島建築 + The Naoshima Plan ]
ギャラリートーク

瀬戸内国際芸術祭2016の参加企画として開催する「直島建築+The Naoshima Plan」展を展覧会の企画担当者がご案内いたします。

日程:
瀬戸内国際芸術祭2016夏会期(7/18-9/4)毎週土曜日
※ただし、2016年8月20日(土)は除く

時間:

13:00~14:00

場所:
旧青木衣料品店(「直島建築-NAOSHIMA BLUEPRINT」展会場)
直島ホール(「The Naoshima Plan-三分一博志」展会場)
※集合場所は、旧青木衣料品店(「直島建築-NAOSHIMA BLUEPRINT」展会場)ですのでこちらに13:00にお集まりください。
※直島島内のアクセスについてはこちら、直島町営バス時刻表はこちらをご参照ください。

参加費:
無料
※ただし、「直島建築」の鑑賞料300円は別途必要

申込み:
不要(直接集合場所までお越しください)

お問い合わせ先:
公益財団法人 福武財団(電話:087-892-2550 / 平日9:00-18:00)


[ 直島建築 + The Naoshima Plan ]
直島建築ツアー

「直島建築+The Naoshima Plan」展開催に際し、関連企画として、展覧会にてご紹介している建築群を実際にご覧いただくガイドツアーを開催します。直島小学校、直島町役場をはじめとした石井和紘による建築のほか、2015年に新たに竣工した三分一博志による「直島ホール」など、直島に活きる建築を直島町役場職員がご案内します。普段は入ることのできない直島小学校や直島町役場の内部をお見せするとともに、その建築を育んできた土地の歴史もあわせてご紹介します。

ガイドツアーは完全予約制です。下記ご確認のうえ、事前にお申込みをお願いします。

ツアー先:
直島小学校、直島町役場(設計:石井 和紘)/ 直島ホール、またべえ(設計:三分一博志)

※幼児学園、保育園、中学校、体育館(設計:石井 和紘)は外観のみ

催行日:
2016年7月23日(土)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年7月30日(土)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年8月6日(土)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年8月13日(土)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年8月27日(土)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年9月3日(土)定員に達し、申込み受付を終了しました

時間:
9:15~11:15(2時間程度)
※9:10より受付開始

集合・受付場所:
直島町営バス「幼児学園前」バス停前
※直島島内のアクセスについてはこちら、直島町営バス時刻表はこちらをご参照ください。
※ツアー終了後の解散場所は、直島町営バス「農協前」バス停付近になります。

参加費:
500円

定員:
各回10名(先着順)

留意事項:
・完全予約制です。事前に下記の申込みフォームよりお申し込みください。申込みは、各日前日17時までとさせていただきます。なお、定員に達し次第締め切ります。
・約2時間に渡るツアー中の移動は、すべて徒歩移動です。
・展覧会「直島建築」の鑑賞料は上記には含まれません。

主催:
直島町/公益財団法人 福武財団/瀬戸内国際芸術祭実行委員会

お問い合わせ先:
公益財団法人 福武財団(電話:087-892-2550 / 平日9:00-18:00)


[ 直島建築 + The Naoshima Plan ]
ベネッセハウスツアー

「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、ホテルと美術館が一体となった施設としてオープンしたベネッセハウス。ベネッセアートサイト直島の原点ともいえる、1992年にオープンした「ミュージアム」、通常は宿泊者しかご覧いただけない95年にオープンした「オーバル」を、ベネッセアートサイト直島のこれまでの歩みを紹介しながらご案内いたします。

ガイドツアーは完全予約制です。下記ご確認のうえ、事前にお申込みをお願いします。

ツアー先:
ベネッセハウス ミュージアム、オーバル (設計:安藤 忠雄)

催行日:
2016年7月24日(日)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年7月31日(日)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年8月7日(日)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年8月14日(日)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年8月21日(日)定員に達し、申込み受付を終了しました
2016年9月4日(日)定員に達し、申込み受付を終了しました

時間:
13:00~14:30(1時間半程度)
※12:45より受付開始

集合・受付場所:
直島・ベネッセハウス ミュージアム入口前
※直島島内のアクセスについてはこちらをご参照ください。なお、ベネッセアートサイト直島場内シャトルバスは、芸術祭会期中は特に混雑が予想されますので、お早めにご移動いただきますようお願いします。
※ツアー終了後の解散場所は、ベネッセハウス桟橋付近になります。

参加費:500円
※ただし、ベネッセハウス ミュージアム鑑賞料1,030円は別途必要

定員:
各回10名(先着順)

留意事項:
・完全予約制です。事前に下記の申込みフォームよりお申し込みください。申込みは、各日前日17時までとさせていただきます。なお、定員に達し次第締め切ります。
・約1時間半に渡るツアー中の移動は、すべて徒歩移動です。
・展覧会「直島建築」およびベネッセハウス ミュージアムの鑑賞料は上記には含まれません。

主催:
株式会社ベネッセホールディングス/株式会社 直島文化村/公益財団法人 福武財団/瀬戸内国際芸術祭実行委員会

お問い合わせ先:
公益財団法人 福武財団(電話:087-892-2550 / 平日9:00-18:00)


[ 直島建築 + The Naoshima Plan ]
直島建築シンポジウム

社会の中で、建築はどのような意味やメッセージを持つことができるのか。未来に向けて、建築はどのような役割を担うことができるのか――。各時代に社会と向き合い、未来を見つめながら作られてきた直島の建築をきっかけに、現代社会における建築の在り方を掘り下げます。

日程:
2016年8月20日(土)13:00~16:30

13:00-15:00 [第1部] 建築と社会の未来へ スピーカー:浅田彰、五十嵐太郎 モデレーター:槻橋修
15:20-16:30 [第2部] 風、水、太陽の建築 スピーカー:三分一博志

会場:
直島ホール(設計:三分一博志)
※直島島内のアクセスについてはこちら、直島町営バス時刻表はこちらをご参照ください。

参加費:
無料
※当日受付にて、瀬戸内国際芸術祭2016作品鑑賞パスポート、もしくは「直島建築 ― NAOSHIMA BLUEPRINT」展鑑賞チケットの半券をご提示ください。(このシンポジウムは、基本的に「直島建築+The Naoshima Plan」を鑑賞された方が対象となります)

申込方法:
下記申込みフォームより、お申し込みください。

定員:

200名
※下記申込みフォームからの事前申し込みは8/19(金)17時で締め切りましたが、お席に余裕がありますので、当日会場にお越しいただければ受付させていただきます。ぜひご来場ください。


主催:
公益財団法人 福武財団/瀬戸内国際芸術祭実行委員会

お問い合わせ先:
公益財団法人 福武財団(電話:087-892-2550 / 平日9:00-18:00)

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス