ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション
「宮浦ギャラリー六区」、プロジェクト始動。

「宮浦ギャラリー六区」、プロジェクト始動。

直島・宮ノ浦地区にある「宮浦ギャラリー六区」は、人々が交流する中から新しい価値が生み出される「たまり場」となることを目指し、来場者が単に作品を鑑賞するだけでなく、ワークショップやトークなど様々なイベントに参加する場所として、この夏から再始動しました。
その一環として、今年の7月から9月にかけては、「アーティスト in 六区」を開催しました。この企画では、瀬戸内国際芸術祭2016でのプロジェクトの実現を見据え、アーティストを招聘。直島に約10日間滞在いただき、来年のプロジェクトのためのリサーチとともに、滞在期間の後半に、島民や島を訪れた方々と、滞在中に得たリサーチの成果やアイデアを共有し、交流するイベントを行っていただきました。

現代社会と、それぞれの方法で向き合う3人のアーティスト

今回招聘したアーティストは、丹羽良徳さん(1982年生まれ)、飯山由貴さん(1988年生まれ)、片山真理さん(1987年生まれ)の3名です。
7月22日から31日にかけて滞在したのは丹羽良徳さんです。丹羽さんは、「共産主義」や「貨幣価値」「物や土地の所有権」を巡る人や組織に対して、"ある行為"を試み、その一部始終を記録し、編集し、映像に収める作品を制作しています。
第2弾の飯山由貴さんの滞在は、8月27日から9月3日。飯山さんは、ネットオークションで落札したスクラップブック(新聞や雑誌の切り抜きが張られた冊子)を収集し、そこから見えて来た歴史的事象や個人の思いを、現代社会の状況や作家自身の思いと重ねあわせながら、インスタレーションを制作しています。
9月24日から10月3日にかけて滞在したのは、片山真理さん。片山さんは、先天的な脛骨欠損のため9歳で両足を切断して以来、義足で生活されています。以後、自らが装飾した義足を使用したセルフポートレートなど、自身と自身を取り巻く世界との関わりを作品化しているほか、近年では、音楽、講演、執筆など、活動の幅を広げています。

"新しい何か"が生まれる場所に

関心の対象、表現の手法が全く異なる三人のアーティストによるプロジェクトの本格的実現は、瀬戸内国際芸術祭2016。既に今年7月から9月にかけての滞在でも、アーティストが披露するアイデアの片鱗に、島民や島を訪れる方々、スタッフが応えフラットに関わり合う様子が見受けられました。宮浦ギャラリー六区は、その目指す姿である"人々が交流する中から新しい価値が生まれるたまり場"へと第一歩を踏み出しつつあります。

三者三様のスタイルで展開された彼らの滞在の様子は、今後、詳しくレポートしていきます。

ストーリー一覧

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

2019.09.02

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、島のお母さんたちのコミュニティ「かめだや」の岩永さんと矢麦さんが、豊島を巡る人に向けて島で採れたフルーツや、島のフルーツを使ったジェラート、ジャムなどの販売を行っています。記事を読む

パフォーマンスイベント「デジャヴ―生きている遺産」が開催されました

2019.08.20

パフォーマンスイベント「デジャヴ―生きている遺産」が開催されました

2019年7月21日(日)、パフォーマンスイベント「デジャヴ―生きている遺産」が小豆島・福田地区の福武ハウスにて開催されました。会場では香港、台湾、インドネシア、タイのアーティストが固有の文化背景を投影したパフォーマンスを繰り広げ、約300名の来場者が集まり賑やかなイベントとなりました。記事を読む

犬島「家プロジェクト」C邸 新作の<br>島内お披露目会が行われました

2019.07.30

犬島「家プロジェクト」C邸 新作の
島内お披露目会が行われました

2019年7月18日(木)、犬島「家プロジェクト」C邸の新作の島内お披露目会が開催され、完成したばかりの作品「無題(C邸の花)」について、アーティスト・半田真規氏が犬島島民に向けて紹介しました。記事を読む

「豊島シーウォールハウス」新展示公開と<br>2019年11月4日のフィナーレに寄せて

2019.07.23

「豊島シーウォールハウス」新展示公開と
2019年11月4日のフィナーレに寄せて

今回のストーリーでは2019年11月4日をもってフィナーレを迎え、閉館する豊島シーウォールハウスについて、その初期展示を振り返るとともに、2019年春に行われた展示替えについてご紹介します。記事を読む

李禹煥美術館 新作「無限門」の<br>直島町民お披露目会が開催されました

2019.07.19

李禹煥美術館 新作「無限門」の
直島町民お披露目会が開催されました

アーティスト・李禹煥氏による彫刻作品「無限門」(2019年)の一般公開に先立ち、直島町民向けのお披露目会が2019年7月17日(水)に李禹煥美術館の広場エリアにて開催されました。記事を読む

直島に受け継がれる豊かさ、美しさを今に伝える<br>The Naoshima Plan 2019「水」<br>三分一 博志

2019.07.19

直島に受け継がれる豊かさ、美しさを今に伝える
The Naoshima Plan 2019「水」
三分一 博志

直島の本村集落の中心に建つ、築約200年の旧家。古くは郵便局として島民に親しまれてきたこの建物は、瀬戸内国際芸術祭2019の期間中、来島者と島民との憩いの場となっています。建物の改築を手がけた建築家・三分一博志氏は、「The Naoshima Plan」を2011年から展開してきました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス