ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション
「宮浦ギャラリー六区」、プロジェクト始動。

「宮浦ギャラリー六区」、プロジェクト始動。

直島・宮ノ浦地区にある「宮浦ギャラリー六区」は、人々が交流する中から新しい価値が生み出される「たまり場」となることを目指し、来場者が単に作品を鑑賞するだけでなく、ワークショップやトークなど様々なイベントに参加する場所として、この夏から再始動しました。
その一環として、今年の7月から9月にかけては、「アーティスト in 六区」を開催しました。この企画では、瀬戸内国際芸術祭2016でのプロジェクトの実現を見据え、アーティストを招聘。直島に約10日間滞在いただき、来年のプロジェクトのためのリサーチとともに、滞在期間の後半に、島民や島を訪れた方々と、滞在中に得たリサーチの成果やアイデアを共有し、交流するイベントを行っていただきました。

現代社会と、それぞれの方法で向き合う3人のアーティスト

今回招聘したアーティストは、丹羽良徳さん(1982年生まれ)、飯山由貴さん(1988年生まれ)、片山真理さん(1987年生まれ)の3名です。
7月22日から31日にかけて滞在したのは丹羽良徳さんです。丹羽さんは、「共産主義」や「貨幣価値」「物や土地の所有権」を巡る人や組織に対して、"ある行為"を試み、その一部始終を記録し、編集し、映像に収める作品を制作しています。
第2弾の飯山由貴さんの滞在は、8月27日から9月3日。飯山さんは、ネットオークションで落札したスクラップブック(新聞や雑誌の切り抜きが張られた冊子)を収集し、そこから見えて来た歴史的事象や個人の思いを、現代社会の状況や作家自身の思いと重ねあわせながら、インスタレーションを制作しています。
9月24日から10月3日にかけて滞在したのは、片山真理さん。片山さんは、先天的な脛骨欠損のため9歳で両足を切断して以来、義足で生活されています。以後、自らが装飾した義足を使用したセルフポートレートなど、自身と自身を取り巻く世界との関わりを作品化しているほか、近年では、音楽、講演、執筆など、活動の幅を広げています。

"新しい何か"が生まれる場所に

関心の対象、表現の手法が全く異なる三人のアーティストによるプロジェクトの本格的実現は、瀬戸内国際芸術祭2016。既に今年7月から9月にかけての滞在でも、アーティストが披露するアイデアの片鱗に、島民や島を訪れる方々、スタッフが応えフラットに関わり合う様子が見受けられました。宮浦ギャラリー六区は、その目指す姿である"人々が交流する中から新しい価値が生まれるたまり場"へと第一歩を踏み出しつつあります。

三者三様のスタイルで展開された彼らの滞在の様子は、今後、詳しくレポートしていきます。

ストーリー一覧

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

2019.12.06

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

豊島八百万ラボでは、瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期の間、毎週土曜日に小学生を対象とした夏休み限定のプログラム「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を開催しました。今回の記事では、8月24日(土)に行われたワークショップの様子をお伝えいたします。記事を読む

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

2019.11.07

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

ベネッセハウス パークの開館に合わせて展示された「バラ」(2006)のメンテナンスのために、作家・須田悦弘さんが直島にご来島されました。作家本人によるメンテナンスの他、その前日にはベネッセアートサイト直島スタッフを対象としたトークイベントなど、須田さんが来訪した2日間をご紹介します。記事を読む

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

2019.10.25

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

瀬戸内国際芸術祭2019開幕直前の2019年4月24日、The Naoshima Plan 2019「水」の直島島民に向けたお披露目会が開かれました。開催記念式典では、瀬戸内国際芸術祭 総合プロデューサーの福武總一郎(ベネッセアートサイト直島代表)が集まった直島島民の方々に対して挨拶を述べました。記事を読む

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

2019.10.07

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

瀬戸内国際芸術祭2019開幕初日の4月26日、インドネシアの現代アート界を代表する、国際的に活躍しているアーティストの一人であるヘリ・ドノ氏を迎えてトーク・イベントを福武ハウスの展示スペースにて行いました。イベントに参加した大学生ら15名は、アーティストの話に熱心に耳を傾けました。記事を読む

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が<br>宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

2019.09.28

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が
宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が幕開けした2019年9月28日(土)、1930年代から2000年初頭まで瀬戸内を撮影し続けた写真家・緑川洋一さんについて調査し、展示した≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が宮浦ギャラリー六区にオープンしました。記事を読む

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

2019.09.28

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日よりスタートしました。芸術祭の会場となっている直島、豊島、犬島もたくさんのお客さまが来島されており、直島の宮浦港では、フェリーの乗船の多い時間帯の到着・発着に合わせて横断幕を持ってお客さまのお出迎え・お見送りを行っています。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス