「ベネッセハウス ミュージアム」および
「またべえ」における展示のお知らせ

「シンガポール美術館協働企画 ベネッセ賞受賞アーティスト作品展示」
「炎の輪 ヤンの太陽 ウィーラセタクンの月」
2024年6月より一般公開

ベネッセアートサイト直島では、ベネッセハウス ミュージアムにて、シンガポール・ビエンナーレにおけるベネッセ賞受賞アーティスト等の作品展示を2024年6月15日(土)より行います。また、本村地区の家屋「またべえ」を展示空間として、この場所にあわせて新たに構想・制作された作品を6月21日(金)より公開します。


アマンダ・ヘン 《Another Woman 1996,2014,2023》 2024

ベネッセハウス ミュージアムでは、パナパン・ヨドマニー、ズル・マハムード、アマンダ・ヘン、ヤン・ヘギュ等、アジアの現代アーティストが空間にあわせて再構成した作品や、直島の人々の協力により制作された新作などが展示されます。一方、「またべえ」では、ヤン・ヘギュとアピチャッポン・ウィーラセタクンが初めて協働で構想・制作した作品が公開されます。「昼」と「夜」で構成された展示では、前者はヤン、後者はウィーラセタクンが加わり、独自の作品世界が展開される予定です。

また、本展示にあわせて、ベネッセハウス ミュージアムのペインティングルームでは、ミュージアムの主要コレクションであるジャン=ミシェル・バスキアやサイ・トゥオンブリー等の作品を改めて展示します。
こうした多様な展示を通し、屋内外の恒久展示作品鑑賞や「よく生きる」についての考察に対する新たな視点を生み出すことにつながればと考えます。

【全体企画アート・ディレクション】:三木あき子

■「シンガポール美術館協働企画 ベネッセ賞受賞アーティスト作品展示」

シンガポール・ビエンナーレを主催するシンガポール美術館との協働で、ベネッセハウス ミュージアムの空間にあわせてパナパン・ヨドマニーの第11回ベネッセ賞受賞作品(2016年)、ズル・マハムード(2016年福武總一郎特別賞)の近作、第12回受賞(2019年)のアマンダ・ヘンがベネッセアートサイト直島を訪れて直島の人々の協力のもと制作した新作、第13回受賞(2022年)のヤン・ヘギュの代表的な彫刻作品などを紹介します。

【開催概要】
 ●会場:ベネッセハウス ミュージアム (設計:安藤忠雄建築研究所 )
 ●住所:香川県香川郡直島町琴弾地(ベネッセハウス内)
 ●主催:ベネッセハウス ミュージアム(株式会社ベネッセホールディングス)
 ●共催:シンガポール美術館
 ●展示作家:
  アマンダ・ヘン(Amanda Heng、シンガポール)
  ズル・マハムード (Zul Mahmod、シンガポール)
  ヤン・ヘギュ (Haegue Yang、韓国/ドイツ)
  パナパン・ヨドマニー (Pannaphan Yodmanee、タイ)
 

【開館情報】
 ●会期:2024年6月15日(土)―2025年1月5日(日)
 ●開館時間:8:00〜21:00(最終入館20:00)    
 ●休館日:年中無休
 ●鑑賞料金:1,300円(15歳以下の方とベネッセハウスにご宿泊のお客様は無料) 
 ●駐車場:なし

■「炎の輪 ヤンの太陽 ウィーラセタクンの月」

ヤン・ヘギュとアピチャッポン・ウィーラセタクンが初めて協働で取り組む「昼」と「夜」で構成された展示は、太平洋を囲む火山帯(リング・オブ・ファイヤー)に自然界の営みの連続性を見出し、前者はヤンの音の彫刻に切り絵のランタン、後者はウィーラセタクンのサウンドと照明が加わることで、音と動き、光と影の世界が家屋のなかで繰り広げられます。

【開催概要】
 ●会場:またべえ(母屋 改修:三分一博志建築設計事務所)                       
 ●住所:香川県香川郡直島町本村844
 ●主催:株式会社ベネッセホールディングス        
 ●協力:SCAI THE BATHHOUSE
 ●展示作家:
  アピチャッポン・ウィーラセタクン(Apichatpong Weerasethakul、タイ)
  ヤン・ヘギュ (Haegue Yang、韓国/ドイツ)
 

【開館情報】
 ●会期:2024年6月21日(金)-2027年(予定)    
 ●休館日:月―木
  ※開館時間、鑑賞料金など詳細は決まり次第ベネッセアートサイト直島WEBサイトに掲載いたします。

■「シンガポール美術館協働企画 ベネッセ賞受賞アーティスト作品展示」
シンガポール・ビエンナーレを主催するシンガポール美術館との協働で、ベネッセハウス ミュージアムの空間にあわせてパナパン・ヨドマニーの第11回ベネッセ賞受賞作品(2016年)、ズル・マハムード(2016年福武總一郎特別賞)の近作、第12回受賞(2019年)のアマンダ・ヘンがベネッセアートサイト直島を訪れて直島の人々の協力のもと制作した新作、第13回受賞(2022年)のヤン・ヘギュの代表的な彫刻作品などを紹介します。
【開催概要】
 ●会場:ベネッセハウス ミュージアム(設計:安藤忠雄建築研究所)
 ●住所:香川県香川郡直島町琴弾地(ベネッセハウス内)
 ●主催:ベネッセハウス ミュージアム
    (株式会社ベネッセホールディングス)
 ●共催:シンガポール美術館
 ●展示作家:
  アマンダ・ヘン(Amanda Heng、シンガポール)
  ズル・マハムード (Zul Mahmod、シンガポール)
  ヤン・ヘギュ (Haegue Yang、韓国/ドイツ)
  パナパン・ヨドマニー (Pannaphan Yodmanee、タイ)

【開館情報】
 ●会期:2024年6月15日(土)―2025年1月5日(日)
 ●開館時間:8:00〜21:00(最終入館20:00)    
 ●休館日:年中無休
 ●鑑賞料金:1,300円
 (15歳以下の方とベネッセハウスにご宿泊のお客様は無料) 
 ●駐車場:なし

■「炎の輪 ヤンの太陽 ウィーラセタクンの月」
ヤン・ヘギュとアピチャッポン・ウィーラセタクンが初めて協働で取り組む「昼」と「夜」で構成された展示は、太平洋を囲む火山帯(リング・オブ・ファイヤー)に自然界の営みの連続性を見出し、前者はヤンの音の彫刻に切り絵のランタン、後者はウィーラセタクンのサウンドと映像、照明が加わることで、音と動き、光と影の世界が家屋のなかで繰り広げられます。
【開催概要】
 ●会場:またべえ(母屋 改修:三分一博志建築設計事務所)                       
 ●住所:香川県香川郡直島町本村844
 ●主催:株式会社ベネッセホールディングス        
 ●協力:SCAI THE BATHHOUSE
 ●展示作家:
  アピチャッポン・ウィーラセタクン
   (Apichatpong Weerasethakul、タイ)
  ヤン・ヘギュ (Haegue Yang、韓国/ドイツ)

【開館情報】
 ●会期:2024年6月21日(金)-2027年(予定)    
  ※開館時間、鑑賞料金など詳細は決まり次第ベネッセアートサイト直島WEBサイトに掲載いたします。

■プレスリリースはこちらをご覧ください。