ベネッセハウス
対話型鑑賞プログラム付き宿泊プランのご案内

vts.jpg

対話型鑑賞の様子


ベネッセハウスでは、アート作品の対話型鑑賞プログラム付きプランをご用意しております。
対話型鑑賞プログラムは、「こうあるべき」という常識や固定観念から離れ、アート作品を自分なりの視点で鑑賞するプログラムです。本プログラムでは「ベネッセハウス ミュージアム」のアート作品数点を、ファシリテーター役のスタッフとともに対話しながら鑑賞します。
作品に対する素朴な気づきや感想、疑問などを表現しグループで共有するプロセスは、作品への見方や考えが深まるだけでなく、自分自身の新たな一面を発見することにもつながります。
直島で様々なアートに出会い、「あなただけの答え」を見つける時間を過ごしてみませんか。

*対話型鑑賞とは?
1980年代後半にMoMA(ニューヨーク近代美術館) で始まった鑑賞教育プログラム「Visual Thinking Strategies(VTS)」をベースとしています。
まず作品をよく見てから、グループで互いの感想や意見を語り合うことを通して、 時間をかけてものごとをみる「観察力」、根拠に基づき体系的に考える「批判的思考力」、 自分の考えを言葉にする「言語能力」、他者と問題解決を行う「コミュニケーション能力」などを総合的に養います。

<参加されたお客様の声>

「作品に向き合って対話し、自分なりの感想を見つけていく体験が楽しかった。また、それを通して自分の本質に近づくことができた」

「今までアートはとっつきにくく難しいものと思っていたが、参加してみて作品への向き合い方を教えてもらい、意外と楽しいかもしれないと思えるようになった」

「自分なりに考えて、シェアし合うことで、見え方が広がる。また参加したいです」

「一人で鑑賞するのとは全く異なる体験ができた」

「何度も訪れている場所でも、新たな体験や発見が数多くあった」

本プランはこちらからご予約ください。
【みる・かんがえる・はなす・きく】対話型鑑賞プログラム付きプラン ミュージアムまたはオーバル(お部屋のみ)
【みる・かんがえる・はなす・きく】対話型鑑賞プログラム付きプラン パークまたはビーチ(お部屋のみ)

他にも多くのプランをご用意しています。こちらの予約サイトのプラン一覧もご参照ください。

お問い合わせ|ベネッセハウス