ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が
宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

ptoto20190928_01.JPG

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が幕開けした2019年9月28日(土)、1930年代から2000年初頭まで瀬戸内を撮影し続けた写真家・緑川洋一さんについて調査し、展示した≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が宮浦ギャラリー六区にオープンしました。当日行われたお披露目会には、プロジェクトを監修したアーティストの下道基行さんをはじめ、直島町の小林眞一町長、緑川洋一さんのご長女の西瑞子さん、宮浦自治会の宮原三郎副会長が出席し、テープカットセレモニーで資料館の開館を祝いました。

お披露目会で小林町長は、「緑川さんは長きにわたり、瀬戸内海のみならず人々の生活にも光を当てて記録された写真家です。本当に貴重な展示であり、瀬戸内の歴史がうかがえる素晴らしい場所になった思います」とあいさつを述べられました。また、西瑞子さんは「父はずっと直島を愛していました。私も子どもの頃よくここへ海水浴に連れてきてもらいました。いろいろ直島の貴重な作品が残っていると思います」と語っています。

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫の館長である下道基行さんは、「郷土資料館のような、図書館のような、公民館のような、ふらっと立ち寄って本を読んだり瀬戸内の歴史を知ることができる場所になれば良いなと思って作りました」と、資料館の構想を語りました。

ptoto20190928_02.JPG

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫は瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期(9月28日~11月4日)の間、開館しています(月曜日休館、詳しくは開館カレンダーをご参照ください)。ぜひこの機会に資料館に足を運び、瀬戸内海の風景の美しさや厳しい環境下で生きる人々の逞しさを写真や作品集などの書籍、撮影機材などから味わってみてはいかがでしょうか。

ストーリー一覧

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

2020.03.11

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

豊島八百万ラボでの最初の作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」は2016年3月の公開から約4年間に渡り展示されてきましたが、2020年2月11日(火)をもって公開を終了しました。同日、豊島の甲生集会所にて、スプツニ子!さんと作品のキュレーションを務めた長谷川祐子さんを迎えたトークイベントが行われました。今回の記事では、当日のイベントの模様をお伝えします。記事を読む

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

2020.02.07

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

ベネッセアートサイト直島のWebサイトでは、2019年10月から11月の間、豊島八百万ラボを訪れて体験した「縁」に関するエピソードを募集しました。恋愛に限らず豊島での人との出会いなどさまざまなエピソードが国内外のみなさまから寄せられた中、特に印象深い内容だったのが、ニックネームtaaさんから投稿いただいたエピソードです。記事を読む

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

2020.02.04

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

ベネッセハウスの客室には美術作品が展示されており、宿泊者は非常に間近で、自分のペースで作品と向き合うことができます。またいくつかの客室には、アーティストがその部屋のために現地で制作した作品があります。記事を読む

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

2019.12.30

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

瀬戸内国際芸術祭の会期限定で営業する福田アジア食堂を運営しているのは、小豆島町・福田地区のおかあさんたちを中心としたメンバーです。今回の記事では、厨房スタッフの方と、食材の調達を担当する松本実さんに、地元の福田アジア食堂の運営に携わる思いを語っていただきました。記事を読む

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

2019.12.06

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

豊島八百万ラボでは、瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期の間、毎週土曜日に小学生を対象とした夏休み限定のプログラム「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を開催しました。今回の記事では、8月24日(土)に行われたワークショップの様子をお伝えいたします。記事を読む

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

2019.11.07

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

ベネッセハウス パークの開館に合わせて展示された「バラ」(2006)のメンテナンスのために、作家・須田悦弘さんが直島にご来島されました。作家本人によるメンテナンスの他、その前日にはベネッセアートサイト直島スタッフを対象としたトークイベントなど、須田さんが来訪した2日間をご紹介します。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス
教育プログラム