ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

犬島「家プロジェクト」C邸 新作の
島内お披露目会が行われました

犬島「家プロジェクト」C邸 島内お披露目会

2019年7月18日(木)、犬島「家プロジェクト」C邸の新作の島内お披露目会が開催され、完成したばかりの作品「無題(C邸の花)」について、アーティスト・半田真規氏が犬島島民に向けて紹介しました。島民の方々は、「どういう花をイメージしたか?」「作品は一本の木から作っているのか?」など半田氏にさまざまな質問をしながら、新しい作品を熱心に鑑賞されている様子でした。半田氏は、木彫の作品を犬島で制作したことについて、以下のように説明しています。

「犬島にあたかも元から存在していたかのような作品を作りたいと考えた。木彫というのは人工的な素材とは違い、生きている素材だ。ここに作品を置いて完成ではなく、木彫が犬島の空気を呼吸したり、割れが入ったりしながら、まわりの環境に馴染んでいく過程そのものが作品にとって大切だと思っている」

また、お披露目会では、作品の展示スペース正面の庭でアーティストと島民の手による植栽式が行われました。この植栽式は、作品を成立させる上で欠かせない作業であると半田氏は語っています。

「初めて犬島に来た時、島のいろいろな場所で育てられている畑や草花に深い感銘を受けた。C邸だけでなく、周りの植栽、その向こうにある犬島の景色や人々を繋ぐことができる、ダイナミックな作品にしたい。今日みなさんにしていただいた植栽の作業は、作品の完成であり、これからのスタートにもなる機会だと考えている」

犬島「家プロジェクト」C邸 島内お披露目会

「無題(C邸の花)」は、瀬戸内国際芸術祭2019 夏会期が開幕した2019年7月19日(金)より一般公開しています。作品はもちろん、島民の手が加えられたC邸の庭の植栽もぜひご鑑賞ください。

ストーリー一覧

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

2019.11.07

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

ベネッセハウス パークの開館に合わせて展示された「バラ」(2006)のメンテナンスのために、作家・須田悦弘さんが直島にご来島されました。作家本人によるメンテナンスの他、その前日にはベネッセアートサイト直島スタッフを対象としたトークイベントなど、須田さんが来訪した2日間をご紹介します。記事を読む

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

2019.10.25

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

瀬戸内国際芸術祭2019開幕直前の2019年4月24日、The Naoshima Plan 2019「水」の直島島民に向けたお披露目会が開かれました。開催記念式典では、瀬戸内国際芸術祭 総合プロデューサーの福武總一郎(ベネッセアートサイト直島代表)が集まった直島島民の方々に対して挨拶を述べました。記事を読む

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

2019.10.07

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

瀬戸内国際芸術祭2019開幕初日の4月26日、インドネシアの現代アート界を代表する、国際的に活躍しているアーティストの一人であるヘリ・ドノ氏を迎えてトーク・イベントを福武ハウスの展示スペースにて行いました。イベントに参加した大学生ら15名は、アーティストの話に熱心に耳を傾けました。記事を読む

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が<br>宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

2019.09.28

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が
宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が幕開けした2019年9月28日(土)、1930年代から2000年初頭まで瀬戸内を撮影し続けた写真家・緑川洋一さんについて調査し、展示した≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が宮浦ギャラリー六区にオープンしました。記事を読む

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

2019.09.28

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日よりスタートしました。芸術祭の会場となっている直島、豊島、犬島もたくさんのお客さまが来島されており、直島の宮浦港では、フェリーの乗船の多い時間帯の到着・発着に合わせて横断幕を持ってお客さまのお出迎え・お見送りを行っています。記事を読む

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

2019.09.02

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、島のお母さんたちのコミュニティ「かめだや」の岩永さんと矢麦さんが、豊島を巡る人に向けて島で採れたフルーツや、島のフルーツを使ったジェラート、ジャムなどの販売を行っています。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス