ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

直島小学校6年生を対象に、李禹煥美術館ワークショップを実施しました

先日、直島小学校の6年生16名を李禹煥美術館に迎え、美術館スタッフがツアー形式で子供たちと一緒に作品や建築を鑑賞しながら美術館を体験する、ワークショップを実施しました。

海と山に囲まれた谷間に、ひっそりと佇む李禹煥美術館。半地下構造となる安藤忠雄設計の建物のなかには、アーティスト・李禹煥の70年代から現在に至るまでの絵画・彫刻が展示されています。自然石と鉄板を組み合わせ、極力つくることを抑制した彫刻作品などが配され、空間と融合した余白の広がりを感じさせます。

lee_kids_1.jpg

近年の李禹煥作品は「対話」がひとつのテーマになっているとも言われますが、李禹煥美術館は、来館される方がこの場所と出合い、作品との対話を重ねることで、体験が広がる開かれた場であることを目指しています。毎週土曜・日曜には、美術館スタッフの問いかけや参加者同士の交流を通して、感じたことを自由にお話いただく対話型ツアーを開催しています。

今回の李禹煥美術館でのワークショップは、地域の人・もの・ことに触れながら、自ら学び考え、地域を見つめ直す、直島小学校の企画「ふるさと学習」の一環として行われたものです。この企画は、子供たちが直島で働く人との出会いを通して、それぞれの仕事の魅力を発見し、身近な人が生きるうえで大切にしていることを学ぶという狙いも込められています。作品を鑑賞しながら美術館スタッフが問いかけていく中で、子供たちが美術館を体験し、新たな疑問を見つけ、自らが暮らす地域に改めて出合う機会となりました。

まずは、屋外の作品から。作品鑑賞というよりは、自由に散らばって動き回りながら、心地いい場所を見つけてそこから作品を見てみます。

lee_kids_2.jpg

lee_kids_3.jpg

lee_kids_4.jpg

lee_kids_5.jpg

走りまわりながら、李禹煥美術館の敷地特有の地形を体で感じている様子の子供たち。寝転がったり、しゃがんでみたり、立って見上げてみたり。作品に近づいたり離れたりを繰り返しながら、さまざまな角度から鑑賞していました。

「自由に動き回ってみて、どんなことに気が付いた?」
「どこまでが作品だと思う?」

美術館スタッフが問いかけます。

lee_kids_6.jpg

「周りが木に囲まれていて、落ち着く」
「全部、坂の角度が違う」
「海が見えて気持ちいい」
「高いところでは塔が小さく見えて、低いところでは塔が大きく見える」
「行く場所によって棒の見え方が違う」
「この鉄板は、なんで少しだけずれているの?」

lee_kids_7.jpg

lee_kids_8.jpg

敷地内を動き回りながら、子供たちはさまざまな気づきや疑問を持ったようで、それぞれ思ったことを互いに共有します。

その後、館内へ入り、自由鑑賞(館内探検)へ。
美術館スタッフが配布したワークシートに、気になった作品や好きな部分を色鉛筆で描き、どのポイントが気になったか、あるいは自分はどのような視点で見て目の前のものが好きだと思ったのかなど、美術館で気づいたこと、感じたことを言葉にして書いてみます。

lee_kids_9.jpg

lee_kids_10.jpg

lee_kids_11.jpg

「暗いところにあるアートと、明るいところにあるアートは、両方とも見るところによっていろんな形に見える。」
「天上が丸くなっていて気持ちいい。上を向くと穴が開いていて、紫色のような窓があって夜のように見える。」
「石のくぼんでいるところが人の形に見えた。」
「壁が大きくてびっくりした。絵に文字が彫られていた。壁が多く、自分が小さくなったようで、この作品が好き。」

自分の見たもの、感じたことを、それぞれ絵に描いてくれた子供たち。

lee_kids_12.jpg
子供たちがワークシートに描いた、それぞれの気になった作品

最後のワークシート発表・質問の時間では、子供たちから、さまざまな感想のほか、ここで働く美術館スタッフに聞いてみたいこと、率直に感じた疑問も出てきました。

lee_kids_13.jpg

「なぜ石と鉄板を使っているんですか?」
「なぜシンプルな作品が多いんですか?」
「なぜ濃い色から薄い色になる作品が多いんですか?」

一言では簡単に答えられない、これらの疑問。
アーティスト・李禹煥は、どのように考え、なぜこのような作品をここ直島でつくっているのか。子供たちが抱いたこれらの疑問は、私たち美術館スタッフも日々考え深め続けている、答えのない問いであり、それは何度もこの場所に出合うことから少しずつ見えてくるものなのかもしれません。自然の中で現代アートに触れ、思考や感覚を問われる機会をもつことで、子供たちが自ら学び、主体的に考え、感じることに繋がれば――。そう願っています。

直島の子供たちにとって、私たち美術館スタッフは、親でもなければ先生でもない、あくまで第三者の立場に過ぎない存在です。しかし、こうした企画を通して、豊かな自然の中で作品に出合い、物事の本質に触れられる環境が身近にあるということは、継続して子供たちに伝えていきたいと思っています。

訪れる人が作品に向き合い、日本の原風景ともいえる瀬戸内の風景や地域の人々との触れ合いを通して、"ベネッセ―よく生きる"について考えるきっかけとしていただくことを願って活動を続けている、ベネッセアートサイト直島。直島で生まれ育つ子供たちには、こうした機会を通じて、日常の地続きとして美術鑑賞に親しみ、折に触れて作品に出合うことで自己の成長を感じ、身近なものをきっかけに視野を広げる機会にしてもらいたいと考えています。

ストーリー一覧

アート施設休館中の清掃活動

2020.05.08

アート施設休館中の清掃活動

ベネッセアートサイト直島では、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年4月10日(金)からベネッセハウスを含めた全アート施設を臨時休館とさせていただいています。施設の再開の際に来島者のみなさまをよりきれいな状態でお迎えできるよう、この休館期間を利用して、美術館やホテルのスタッフが島民の方々と一緒に地域清掃を行っています。記事を読む

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

2020.03.11

豊島八百万ラボ スプツニ子!アーティストトーク――作品が豊島に残したもの

豊島八百万ラボでの最初の作品「運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋」は2016年3月の公開から約4年間に渡り展示されてきましたが、2020年2月11日(火)をもって公開を終了しました。同日、豊島の甲生集会所にて、スプツニ子!さんと作品のキュレーションを務めた長谷川祐子さんを迎えたトークイベントが行われました。今回の記事では、当日のイベントの模様をお伝えします。記事を読む

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

2020.02.07

豊島八百万ラボが結んだ縁――「島の時間」が生んだ島民と来訪者のエピソード

ベネッセアートサイト直島のWebサイトでは、2019年10月から11月の間、豊島八百万ラボを訪れて体験した「縁」に関するエピソードを募集しました。恋愛に限らず豊島での人との出会いなどさまざまなエピソードが国内外のみなさまから寄せられた中、特に印象深い内容だったのが、ニックネームtaaさんから投稿いただいたエピソードです。記事を読む

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

2020.02.04

「ウォールドローイング・アット・ベネッセハウス #404」――作品の与えた影響と穏やかな制作の記憶

ベネッセハウスの客室には美術作品が展示されており、宿泊者は非常に間近で、自分のペースで作品と向き合うことができます。またいくつかの客室には、アーティストがその部屋のために現地で制作した作品があります。記事を読む

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

2019.12.30

福田アジア食堂を運営する地元・小豆島町福田地区のみなさんにお話をうかがいました

瀬戸内国際芸術祭の会期限定で営業する福田アジア食堂を運営しているのは、小豆島町・福田地区のおかあさんたちを中心としたメンバーです。今回の記事では、厨房スタッフの方と、食材の調達を担当する松本実さんに、地元の福田アジア食堂の運営に携わる思いを語っていただきました。記事を読む

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

2019.12.06

小学生対象の「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を豊島八百万ラボで行いました

豊島八百万ラボでは、瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期の間、毎週土曜日に小学生を対象とした夏休み限定のプログラム「カイコのまゆ 草木ぞめワークショップ」を開催しました。今回の記事では、8月24日(土)に行われたワークショップの様子をお伝えいたします。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス
教育プログラム