ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年5月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年5月号では、瀬戸内国際芸術祭2016の3つの会期に合わせ、直島の宮浦ギャラリー六区で展開したプログラム「アーティスト in 六区 2016」を特集します。

nn_201705cover_1440.jpg

宮浦ギャラリー六区は、直島・宮之浦地区にあるギャラリーです。島の娯楽場として親しまれていたパチンコ店「PACHINKO PARLOR Three Nine」の建物をリノベーションし、2013年夏にオープンしました。

昨年の瀬戸内国際芸術祭2016会期にあわせて展開した「アーティスト in 六区 2016」は、春・夏・秋と、芸術祭会期ごとに異なる3人の若手アーティストを招聘した連続企画です。各々の視点で直島に向き合いながら滞在中にリサーチを重ね、直島の人々を巻き込みながら、会期中の様々なイベントやプログラムを通して来場者も交えて関わり合うことで、"人々が交流する中から新しい価値が生まれる場"を目指したこの企画。ベネッセアートサイト直島では、「よく生きる」という普遍的なテーマを内包する恒久作品を通して、変化する「現代」や「自己」を考え続ける体験を提示してきた一方で、どこか固定化されたイメージも否めない中、より直接的に「現代」という時代に向き合おうと、この宮浦ギャラリー六区という実験的な場所において本企画は立ち上がりました。今号では、その詳細をお伝えします。

連載「島の人」でお話を伺ったのは、犬島の池田栄さんです。池田さんは、2008年の犬島精錬所美術館開館から、犬島チケットセンターカフェの厨房を担当されています。犬島に生まれ、岡山や小豆島などに移り住みながらも犬島に通い続け、昨年からは「犬島新聞」の編集メンバー、犬島振興協議会のメンバーとしても活躍されています。

誌面は、電子版にて公開中です。

ストーリー一覧

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

2019.11.07

須田悦弘 ベネッセハウス展示作品「バラ」公開メンテナンスの記録

ベネッセハウス パークの開館に合わせて展示された「バラ」(2006)のメンテナンスのために、作家・須田悦弘さんが直島にご来島されました。作家本人によるメンテナンスの他、その前日にはベネッセアートサイト直島スタッフを対象としたトークイベントなど、須田さんが来訪した2日間をご紹介します。記事を読む

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

2019.10.25

人々の暮らしこそが直島の魅力――The Naoshima Plan 2019「水」島民向けお披露目会

瀬戸内国際芸術祭2019開幕直前の2019年4月24日、The Naoshima Plan 2019「水」の直島島民に向けたお披露目会が開かれました。開催記念式典では、瀬戸内国際芸術祭 総合プロデューサーの福武總一郎(ベネッセアートサイト直島代表)が集まった直島島民の方々に対して挨拶を述べました。記事を読む

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

2019.10.07

福武ハウス「MEETING アジア・MEETINGアーティスト:ヘリ・ドノ」

瀬戸内国際芸術祭2019開幕初日の4月26日、インドネシアの現代アート界を代表する、国際的に活躍しているアーティストの一人であるヘリ・ドノ氏を迎えてトーク・イベントを福武ハウスの展示スペースにて行いました。イベントに参加した大学生ら15名は、アーティストの話に熱心に耳を傾けました。記事を読む

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が<br>宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

2019.09.28

≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が
宮浦ギャラリー六区に秋会期オープン

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が幕開けした2019年9月28日(土)、1930年代から2000年初頭まで瀬戸内を撮影し続けた写真家・緑川洋一さんについて調査し、展示した≪瀬戸内「緑川洋一」資料館≫が宮浦ギャラリー六区にオープンしました。記事を読む

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

2019.09.28

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日スタートしました

瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が本日よりスタートしました。芸術祭の会場となっている直島、豊島、犬島もたくさんのお客さまが来島されており、直島の宮浦港では、フェリーの乗船の多い時間帯の到着・発着に合わせて横断幕を持ってお客さまのお出迎え・お見送りを行っています。記事を読む

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

2019.09.02

針工場の広場で豊島のフルーツを販売する「かめだや」のお二人にお話を伺いました

瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、島のお母さんたちのコミュニティ「かめだや」の岩永さんと矢麦さんが、豊島を巡る人に向けて島で採れたフルーツや、島のフルーツを使ったジェラート、ジャムなどの販売を行っています。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス