ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

大竹伸朗作品制作プロセス(第3部 - 豊島での船型運搬)

宇和島の造船所を出た船型は、愛媛県の三崎港、今治港、香川県の高松港に寄港し、計4日間の航海を経て、12月8日(火)に豊島・家浦港へと陸揚げされました。

11日(金)、島内陸送の日。船型は、島の方々の先導をうけ、見守られ、花嫁行列さながら、いよいよ旧針工場建屋のある家浦岡集落へと入隻していきます。
夜明けまで降り続いた雨は止んだものの、港に強く風が吹きつける朝9時。運搬を前に、家浦港で行われた神事では、小豆島・土庄八幡神社の森宮司によって祝詞が奏上されました。

kouhen_1.jpg

kouhen_2.jpg

この作品は、新しき世の芸術とならしめたまひて、多くの人々が国の内外うちとより訪れ、大竹伸朗作品のおもいは今までに無き喜び、安らぎを与え、一人一人が楽しく生きることを願いて行かむと、夜の守り、日の守り、恵み幸いたまへ――。

祝詞を受け、豊島連合自治会の三宅会長は、来年の芸術祭に向けて協力して豊島を盛り上げていってほしいと挨拶。家浦の角石博さんによる伊勢音頭が港に響き、士気高まる中、運搬の準備が進みます。

寒い中集まってくださった島の方々はじめ、スタッフ含めて総勢約70名。豊島の小中学校、保育所の子供たちも加わります。神事を終え、船型に括られた大綱を手に取り、家浦港から800mほど離れた家浦岡を目指して、練り歩きが始まりました。

kouhen_3.jpg

kouhen_4.jpg

kouhen_5.jpg

行列の先頭には森宮司。船型は、島の方々に導かれて、豊島の細い道を幅いっぱいの人々に取り囲まれながら進んでいきます。

kouhen_6.jpg

途中、休憩場所では、呉汁と豊島のみかんが振る舞われました。呉汁は、大豆をすり潰したものを味噌汁に溶かした汁物で、大豆が収穫される秋から冬にかけて昔から日本各地で親しまれた郷土食です。船型が設置される家浦岡集落の方々が、前日から仕込んでくださいました。

kouhen_7.jpg

休憩を終え、最後の坂をのぼります。
船型を運びながら、何人か「お祭りみたいやなぁ」と仰る島の方々がいらっしゃいました。
一つの物をみんなで大事に運ぶ中で、参加する一人ひとりが感じた何かが地域の記憶として残っていくということがあるとしたら、それは作品にとっても幸せなことかもしれません。

大勢の島の方々に率いられた船型は坂を上り切り、旧針工場建屋に到着。島の方々に見守られる中、船型がゆっくりと建屋の中に入っていきます。

kouhen_8.jpg

kouhen_9.jpg

kouhen_10.jpg

kouhen_11.jpg

kouhen_13.jpg

kouhen_13.jpg

一度も使われないままであった船型だからこそ、分割することも、傷つけることもなく、そのままの状態で運びたい。その思いの中で、無事にこの建屋に入れることができたのは、ひとつの大きな節目です。さらに、それが豊島の方々に迎えられ、先導していただき、見守られてのこととなれば、なおさらのこと。これは、アーティスト・大竹伸朗にとっても同じでしょう。多くの方の協力を得て、船型は無事、旧針工場の建屋に入隻しました。

しかし、同時に今日は通過点でもあります。ここから、船型と旧針工場という2つの存在を、改めて一体となった作品空間として昇華させていくために、もう一仕事残されています。

瀬戸内国際芸術祭2016が開幕する2016年3月20日に向け、さらに大竹伸朗の制作は続きます。

撮影協力:宮脇慎太郎

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの<br>―

2017.03.03

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの
―"分からなさ"を受け入れるということ―

2010年に直島の倉浦に開館した李禹煥美術館。李氏自身の言葉を通して改めて美術館での体験を掘り下げるべく、今年1月、直島にてアーティストトークを開催しました。記事を読む

マイケル・ガヴァン氏(LACMA CEO、ウォリス・アーネンバーグ・ディレクター)による講演会を開催しました。

2017.02.15

マイケル・ガヴァン氏(LACMA CEO、ウォリス・アーネンバーグ・ディレクター)による講演会を開催しました。

ベネッセアートサイト直島で作品を公開している作家、ウォルター・デ・マリアやジェームズ・タレルらの活動に詳しいマイケル・ガヴァン氏を迎え、昨秋、直島にて講演会を開催しました。記事を読む

直島ホールが、Wallpaper* Design Awards 2017にてBest new public building部門最高賞を受賞

2017.02.10

直島ホールが、Wallpaper* Design Awards 2017にてBest new public building部門最高賞を受賞

建築家・三分一博志の設計により、2015年11月に直島・本村地区に竣工した直島ホールが、雑誌・Wallpaper*主催のDesign Awards 2017、Best new public building部門にて最高賞を受賞されました。記事を読む

モネ モーニング・トーク<br>―朝陽で見つめる『睡蓮』と画家の愛したスイーツ―

2016.12.22

モネ モーニング・トーク
―朝陽で見つめる『睡蓮』と画家の愛したスイーツ―

地中美術館に作品を展示している作家の一人、クロード・モネは、ガーデニングに興味を持ち、畑で野菜を育てたり様々な料理に関心を寄せるなど、食に対しての意識も高かったと言われています。印象派を中心にアートを食という切り口から紹介されているキュレーターの林綾野氏をお迎えし、年明け2017年2月12日(日)に、地中美術館のクロード・モネ室にて実際に鑑賞しながらモネの生涯や制作活動についてのお話を伺うアートと食の鑑賞ツアーを開催します。記事を読む

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

2016.12.20

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号の特集は、2016年10月8日に豊島・硯地区に開館した「豊島シーウォールハウス」で展示されているアンリ・サラ作品について取り上げます。記事を読む

犬島「家プロジェクト」I邸 「Self-loop」<br>オラファー・エリアソン インタビュー

2016.12.14

犬島「家プロジェクト」I邸 「Self-loop」
オラファー・エリアソン インタビュー

瀬戸内国際芸術祭2016秋会期を機に、2016年9月から犬島「家プロジェクト」I邸にて公開されている、オラファー・エリアソンよる「Self-loop」。 作品の設置に合わせて犬島を訪れたオラファー・エリアソンに、犬島を訪れる鑑賞者への思い、自身の作品を通して触れた犬島についてお話を伺いました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス