ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号の特集は、2016年10月8日に豊島・硯地区に開館した「豊島シーウォールハウス」で展示されているアンリ・サラ作品について取り上げます。

nn201612_cover_1440.jpg

アルバニア出身のアーティスト、アンリ・サラは、2013年の第10回ベネッセ賞*受賞作家で、「豊島シーウォールハウス」では、その彼が3年かけて構想した「オール・オブ・ア・トレンブル」を公開しています。本作品は、古い家屋全体を使ったインスタレーションです。家屋の外観や骨組みにはほぼ手を入れず、その家本来の造りを活かしつつ、サラの緻密な構想に基づいた内部空間に楽器や映像、サウンド作品が配され、それらが響き合います。
硯地区は、家浦港から北東に位置する小さな集落で、現在およそ20人の方が暮らしています。豊島の昔の家屋について、ある資料にこのような記載がありました。「海から吹く風が強く、特に冬には、海からとても冷たい風が強く吹く地域です。(中略)このため屋敷内には防風林がある。屋敷内に大木が植えてあった。また防風対策として屋敷林を用いないで、ヘーオイ(石垣)で風を防いでいる場所もあった」。昔から豊島によくある家屋がいったんは空き家と化した後にまたアンリ・サラの作品を通して息を吹き返している姿は、根源的なテーマに「生と死」を掲げ、生きること、そのプロセスについて改めて考えることを目指すベネッセアートサイト直島の活動にとって、新たな投げかけができる場所になると確信しています。

連載「島の人」でお話を伺ったのは、直島の金光貞子さんです。2013 年の夏、ベネッセアートサイト直島が宮之浦地区にオープンした施設「宮浦ギャラリー六区」は、1962 年12 月から2009 年12 月までの47 年間、島の娯楽場として親しまれていたパチンコ店「PACHINKO PARLOR Three Nine」の建物です。建築家・西沢大良の設計により、リノベーションされました。この建物の奥にあるのが、「焼肉屋へんこつ苑」。パチンコ店のオーナーだった故・金光京一さんの妻である貞子さんは、今でも時折お店に立っていらっしゃいます。

誌面は、電子版にて公開中です。

*ベネッセ賞:次代を担うアーティスト支援を目的に、ヴェネチア・ビエンナーレ参加作家を対象に審査、授与。過去の受賞者は蔡國強、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、オラファー・エリアソンなど。第11回ベネッセ賞(2016年)は、シンガポール・ビエンナーレにて選考/授与。

直島コメづくりプロジェクト連載 ―3<br>地域とともに

2017.06.13

直島コメづくりプロジェクト連載 ―3
地域とともに

今年で12年目を迎える、「直島コメづくりプロジェクト」。この直島コメづくりプロジェクトを通じた、地域社会との関わりの様子をお伝えします。記事を読む

アーティストin 六区 2016<br>vol.2 丹羽良徳「歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう」

2017.05.29

アーティストin 六区 2016
vol.2 丹羽良徳「歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう」

昨年の瀬戸内国際芸術祭2016にあわせて展開された「アーティスト in 六区 2016」。この企画を特集したNAOSHIMA NOTE 2017年5月号発行にあわせて、夏会期に公開された丹羽良徳「歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう」企画を振り返るとともに、会期中に行われたトークイベント等を通じて現場でどのようなことが語られてきたか、アーカイブ記事とともにお届けします。記事を読む

直島コメづくりプロジェクト連載 ―2<br>これまでの歩み

2017.05.12

直島コメづくりプロジェクト連載 ―2
これまでの歩み

今年で12年目を迎える、「直島コメづくりプロジェクト」。これまでの経緯を振り返り、今現在もなお活動を続けている意味を改めて考えます。記事を読む

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年5月号を発行しました。

2017.04.28

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年5月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年5月号では、瀬戸内国際芸術祭2016の3つの会期に合わせ、直島の宮浦ギャラリー六区で展開したプログラム「アーティスト in 六区 2016」を特集します。記事を読む

第11回「ベネッセ賞」受賞アーティスト<br>パナパン・ヨドマニー氏が来島

2017.04.21

第11回「ベネッセ賞」受賞アーティスト
パナパン・ヨドマニー氏が来島

第11回「ベネッセ賞」受賞アーティスト、パナパン・ヨドマニー氏が、今年3月初旬にベネッセアートサイト直島を来訪しました。記事を読む

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの<br>―

2017.03.03

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの
―"分からなさ"を受け入れるということ―

2010年に直島の倉浦に開館した李禹煥美術館。李氏自身の言葉を通して改めて美術館での体験を掘り下げるべく、今年1月、直島にてアーティストトークを開催しました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス