ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号の特集は、2016年10月8日に豊島・硯地区に開館した「豊島シーウォールハウス」で展示されているアンリ・サラ作品について取り上げます。

nn201612_cover_1440.jpg

アルバニア出身のアーティスト、アンリ・サラは、2013年の第10回ベネッセ賞*受賞作家で、「豊島シーウォールハウス」では、その彼が3年かけて構想した「オール・オブ・ア・トレンブル」を公開しています。本作品は、古い家屋全体を使ったインスタレーションです。家屋の外観や骨組みにはほぼ手を入れず、その家本来の造りを活かしつつ、サラの緻密な構想に基づいた内部空間に楽器や映像、サウンド作品が配され、それらが響き合います。
硯地区は、家浦港から北東に位置する小さな集落で、現在およそ20人の方が暮らしています。豊島の昔の家屋について、ある資料にこのような記載がありました。「海から吹く風が強く、特に冬には、海からとても冷たい風が強く吹く地域です。(中略)このため屋敷内には防風林がある。屋敷内に大木が植えてあった。また防風対策として屋敷林を用いないで、ヘーオイ(石垣)で風を防いでいる場所もあった」。昔から豊島によくある家屋がいったんは空き家と化した後にまたアンリ・サラの作品を通して息を吹き返している姿は、根源的なテーマに「生と死」を掲げ、生きること、そのプロセスについて改めて考えることを目指すベネッセアートサイト直島の活動にとって、新たな投げかけができる場所になると確信しています。

連載「島の人」でお話を伺ったのは、直島の金光貞子さんです。2013 年の夏、ベネッセアートサイト直島が宮之浦地区にオープンした施設「宮浦ギャラリー六区」は、1962 年12 月から2009 年12 月までの47 年間、島の娯楽場として親しまれていたパチンコ店「PACHINKO PARLOR Three Nine」の建物です。建築家・西沢大良の設計により、リノベーションされました。この建物の奥にあるのが、「焼肉屋へんこつ苑」。パチンコ店のオーナーだった故・金光京一さんの妻である貞子さんは、今でも時折お店に立っていらっしゃいます。

誌面は、電子版にて公開中です。

*ベネッセ賞:次代を担うアーティスト支援を目的に、ヴェネチア・ビエンナーレ参加作家を対象に審査、授与。過去の受賞者は蔡國強、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、オラファー・エリアソンなど。第11回ベネッセ賞(2016年)は、シンガポール・ビエンナーレにて選考/授与。

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの<br>―

2017.03.03

李禹煥アーティストトークからみえてくるもの
―"分からなさ"を受け入れるということ―

2010年に直島の倉浦に開館した李禹煥美術館。李氏自身の言葉を通して改めて美術館での体験を掘り下げるべく、今年1月、直島にてアーティストトークを開催しました。記事を読む

マイケル・ガヴァン氏(LACMA CEO、ウォリス・アーネンバーグ・ディレクター)による講演会を開催しました。

2017.02.15

マイケル・ガヴァン氏(LACMA CEO、ウォリス・アーネンバーグ・ディレクター)による講演会を開催しました。

ベネッセアートサイト直島で作品を公開している作家、ウォルター・デ・マリアやジェームズ・タレルらの活動に詳しいマイケル・ガヴァン氏を迎え、昨秋、直島にて講演会を開催しました。記事を読む

直島ホールが、Wallpaper* Design Awards 2017にてBest new public building部門最高賞を受賞

2017.02.10

直島ホールが、Wallpaper* Design Awards 2017にてBest new public building部門最高賞を受賞

建築家・三分一博志の設計により、2015年11月に直島・本村地区に竣工した直島ホールが、雑誌・Wallpaper*主催のDesign Awards 2017、Best new public building部門にて最高賞を受賞されました。記事を読む

モネ モーニング・トーク<br>―朝陽で見つめる『睡蓮』と画家の愛したスイーツ―

2016.12.22

モネ モーニング・トーク
―朝陽で見つめる『睡蓮』と画家の愛したスイーツ―

地中美術館に作品を展示している作家の一人、クロード・モネは、ガーデニングに興味を持ち、畑で野菜を育てたり様々な料理に関心を寄せるなど、食に対しての意識も高かったと言われています。印象派を中心にアートを食という切り口から紹介されているキュレーターの林綾野氏をお迎えし、年明け2017年2月12日(日)に、地中美術館のクロード・モネ室にて実際に鑑賞しながらモネの生涯や制作活動についてのお話を伺うアートと食の鑑賞ツアーを開催します。記事を読む

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

2016.12.20

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号を発行しました。

広報誌「NAOSHIMA NOTE」2017年1月号の特集は、2016年10月8日に豊島・硯地区に開館した「豊島シーウォールハウス」で展示されているアンリ・サラ作品について取り上げます。記事を読む

犬島「家プロジェクト」I邸 「Self-loop」<br>オラファー・エリアソン インタビュー

2016.12.14

犬島「家プロジェクト」I邸 「Self-loop」
オラファー・エリアソン インタビュー

瀬戸内国際芸術祭2016秋会期を機に、2016年9月から犬島「家プロジェクト」I邸にて公開されている、オラファー・エリアソンよる「Self-loop」。 作品の設置に合わせて犬島を訪れたオラファー・エリアソンに、犬島を訪れる鑑賞者への思い、自身の作品を通して触れた犬島についてお話を伺いました。記事を読む

ベネッセアートサイト直島
アクセス
アート
滞在
お問い合わせ
プレス